めぐりあう時間たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
めぐりあう時間たち
The Hours
監督 スティーブン・ダルドリー
脚本 デヴィッド・ヘア
原作 マイケル・カニンガム
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 マーク・ハッファム
出演者 ニコール・キッドマン
ジュリアン・ムーア
メリル・ストリープ
音楽 フィリップ・グラス
撮影 シェイマス・マクガーヴェイ
編集 ピーター・ボイル
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年10月27日
日本の旗 2003年5月17日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 2500万ドル[1]
興行収入 $108,846,072[1]
テンプレートを表示

めぐりあう時間たち』(: The Hours)は、2002年アメリカ合衆国の映画スティーブン・ダルドリー監督。マイケル・カニンガム原作。

概要[編集]

ダロウェイ夫人』をモチーフに、作者であるヴァージニア・ウルフをはじめ、それにかかわる3人の女性を描くドラマ。第75回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、特殊メイクを施しヴァージニア・ウルフを演じたニコール・キッドマンがアカデミー主演女優賞を受賞。第53回ベルリン国際映画祭ではジュリアン・ムーア、メリル・ストリープを含む3人が銀熊賞を共同受賞した。

キャッチコピーは「たくさんの愛と驚きと時間たち、そして感動。人生はいつもミステリーに満ちている。」

ストーリー[編集]

「花は私が買ってくるわ、とダロウェイ夫人が言った」(“Mrs. Dalloway said she would buy the flowers herself.”)。この書き出しから始まる小説『ダロウェイ夫人』を1925年に書いた女性作家ヴァージニア・ウルフは、1941年に夫レナードへ感謝の書き置きをして川へ入水自殺する。

2001年ニューヨークマンハッタン。編集者のクラリッサ・ヴォーンは詩人小説家である友人のリチャードのために花を買いに行く。花束はリチャードの受賞パーティのためのものだった。昔からリチャードに「ミセス・ダロウェイ」とニックネームで呼ばれることが心に引っかかりながら、感情を抑えて彼の世話を続けてきた。彼はエイズに侵され、死が迫っているから受賞したのだから無意味だという。リチャードの昔の「恋人」ルイス・ウォルターズがサンフランシスコから突然訪れ、彼からリチャードを奪ったことを思い出し、動揺する。「君はよくしてくれたよ」と言って、リチャードはクラリッサの目の前で、窓から飛び降り自殺。パーティーは中止になるが、リチャードの母親で小説の中で「怪物」と呼ばれて「殺されて」いた、トロントからローラが駆けつける。子ども二人を見捨て、母親として最低だったと話し始め、クラリッサは娘を人工授精で生んでいたことを告白。ローラは二人目が生まれたら出ていこう、とホテルで決心したという。「後悔してどんな意味があるのでしょう、ああするしかなかった。できることをした。誰も私を許さないでしょうね。私は死ぬより生きることを選んだ」と述懐。

1951年ロサンゼルス。妊娠しているローラ・ブラウンのことを夫は気遣う。ローラは『ダロウェイ夫人』を読んでいた。夫のダンの誕生の祝いを息子リッチーとしないといけないと思う。第二次世界大戦後に結婚した夫は優しく「アメリカン・ドリーム」のような生活を送っていたが、ローラは彼が望む理想の妻でいることに疲れていた。パーティーを準備中、親友のキティがやってきて、子宮の腫瘍のために入院するが、不妊の原因が分かったと泣く。ローラはリッチーを隣人に預け、大量の薬瓶を持って一人ホテルへと向かう。部屋で『ダロウェイ夫人』を開きながら、大きな腹をさする。数時間後、息子を迎えにきて「もっと遠くに行こうと思ったけど」という。パーティが終わり、「今日はいい日だった、君のおかげだよ」といわれる。

1923年イギリスロンドン郊外のリッチモンド。ヴァージニアは自殺未遂をしたことがあり、心の病の療養のために夫レナードとこの田舎町に住み、『ダロウェイ夫人』を書き出す。クラリッサ・ダロウェイ夫人の1日を書こうと思いついたのだ。彼女のもとに姉のヴァネッサたちがロンドンから訪ねてくるが、小説のことで頭がいっぱいだ。「ヒロインを死なせようと思ったが、止めて別の誰かを死なせなければならない」という。姉一家が帰ると、ヴァージニアは突然、駅に向かう。慌てて追ってきた夫に、隔離されていると、不満を爆発させる。この悲痛な叫びで夫は一緒にロンドンに戻ることを決意。家に戻り、夫が小説で誰か死ぬのだろうと問うと「他の人間の命の価値を際立たせるためよ、コントラストよ…詩人が死ぬのよ」と答える。真夜中「ダロウェイ夫人をどうしたらいいのか分からない」と夫につぶやく。そして「あるがままを理解し、受け入れる。あるがままを愛し、そして立ち去る」「私たちの間には常に長い年月と愛があります。そして、時間が…」といって入水。

  • 1923年のイギリス・リッチモンドでのヴァージニアの1日
  • 2001年のニューヨーク・マンハッタンでのクラリッサの1日
  • 1951年のロサンゼルスでのローラの1日

時間・場所の違う3人の女性の1日がはじまり、めぐりあっていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
1923年
ヴァージニア・ウルフ ニコール・キッドマン 平淑恵
レナード・ウルフ スティーヴン・ディレイン
ヴァネッサ・ベル ミランダ・リチャードソン
クエンティン・ベル ジョージ・ロフタス
1951年
ローラ・ブラウン ジュリアン・ムーア 田中敦子
ダン・ブラウン ジョン・C・ライリー 巻島康一
キティ・バーロウ トニ・コレット
2001年
クラリッサ・ヴォーン メリル・ストリープ 鈴木弘子
リチャード・ブラウン エド・ハリス 村田則男
サリー・レスター アリソン・ジャネイ
ジュリア・ヴォーン クレア・デインズ 浅井晴美
ルイス・ウォーターズ ジェフ・ダニエルズ
バーバラ アイリーン・アトキンス

スタッフ[編集]

受賞[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Hours”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]