めぐりあう時間たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
めぐりあう時間たち
The Hours
監督 スティーブン・ダルドリー
脚本 デヴィッド・ヘア
原作 マイケル・カニンガム
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 マーク・ハッファム
出演者 ニコール・キッドマン
ジュリアン・ムーア
メリル・ストリープ
音楽 フィリップ・グラス
撮影 シェイマス・マクガーヴェイ
編集 ピーター・ボイル
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年10月27日
日本の旗 2003年5月17日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 2500万ドル[1]
興行収入 $108,846,072[1]
テンプレートを表示

めぐりあう時間たち』(: The Hours)は、2002年アメリカ合衆国の映画スティーブン・ダルドリー監督。マイケル・カニンガム原作。

概要[編集]

ダロウェイ夫人』をモチーフに、作者であるヴァージニア・ウルフをはじめ、それにかかわる3人の女性を描くドラマ。第75回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、特殊メイクを施しヴァージニア・ウルフを演じたニコール・キッドマンがアカデミー主演女優賞を受賞。第53回ベルリン国際映画祭ではジュリアン・ムーア、メリル・ストリープを含む3人が銀熊賞を共同受賞した。

キャッチコピーは「たくさんの愛と驚きと時間たち、そして感動。人生はいつもミステリーに満ちている。」

ストーリー[編集]

「私が花を買ってくるわ」とダロウェイ夫人は言った。この書き出しから始まる小説『ダロウェイ夫人』を1925年に書いた女性作家ヴァージニア・ウルフは、1941年に夫レナードへ感謝の書き置きをして川へ入水自殺した。

現代のニューヨークマンハッタンで暮らすクラリッサ・ヴォーンは、詩人小説家である友人のリチャードのために花を買いに行く。花束は賞を受賞したリチャードの受賞祝いのためのもの。彼はHIVウイルスに侵され死が迫っているが、花屋の主も本のことを知っているくらい有名なのだ。クラリッサはダロウェイ夫人とあだ名されていた。

1951年ロサンゼルスで、妊娠しているローラ・ブラウンのことを夫は気遣う。ローラは『ダロウェイ夫人』を読んでいた。誕生日の夫のお祝いを息子リッチーとしないといけないと思う。が、なにかがうまく行っていないと感じていた。

1923年イギリスロンドンリッチモンドで、ヴァージニアはあの『ダロウェイ夫人』を書き出していた。ダロウェイ夫人の1日を書こうと思いついたのだ。

  • 1923年のイギリス・リッチモンドでのヴァージニアの1日
  • 2001年のニューヨーク・マンハッタンでのクラリッサの1日
  • 1951年のロサンゼルスでのローラの1日

時間・場所の違う3人の女性の1日がはじまり、めぐりあっていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
1923年
ヴァージニア・ウルフ ニコール・キッドマン 平淑恵
レナード・ウルフ スティーヴン・ディレイン
ヴァネッサ・ベル ミランダ・リチャードソン
クエンティン・ベル ジョージ・ロフタス
1951年
ローラ・ブラウン ジュリアン・ムーア 田中敦子
ダン・ブラウン ジョン・C・ライリー 巻島康一
キティ・バーロウ トニ・コレット
2001年
クラリッサ・ヴォーン メリル・ストリープ 鈴木弘子
リチャード・ブラウン エド・ハリス 村田則男
サリー・レスター アリソン・ジャネイ
ジュリア・ヴォーン クレア・デインズ 浅井晴美
ルイス・ウォーターズ ジェフ・ダニエルズ
バーバラ アイリーン・アトキンス

スタッフ[編集]

受賞[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Hours”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]