美術監督組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Art Directors Guild
(ADG)
設立年月日 1937年5月6日
組合員数 1910
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
公式サイト www.adg.org

美術監督組合Art Directors Guild, 略称: ADG)は、アメリカ合衆国の労働組合で、国際演劇雇用者同盟英語版(IATSE)の一部である。

ADGのスポンサー活動には、毎年行っている美術監督組合賞、ギャラリー800Gallery 800)と呼ばれるアートギャラリー、年会ディレクトリ、技術研修プログラム、パースペクティブPerspective)と呼ばれる専門の季刊のニュース誌などがある。

歴史[編集]

1937年5月6日、ハリウッドのメジャースタジオの59名の美術監督がハリウッド・ルーズベルト・ホテルに集い、映画美術監督協会(Society of Motion Picture Art Directors, SMPAD)を設立した[1]。1967年よりテレビの美術監督も会員資格を得られるようになった[2]

ホール・オブ・フェイム[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]