ある愛の詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ある愛の詩
Love Story
監督 アーサー・ヒラー
脚本 エリック・シーガル
原作 エリック・シーガル
製作 ハワード・ミンスキー
音楽 フランシス・レイ
撮影 リチャード・クラディナ
編集 ロバート・C・ジョーンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年12月16日
日本の旗 1971年3月6日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,200,000
興行収入 $106,397,186[1]
テンプレートを表示

ある愛の詩』(あるあいのうた、: Love Story)は、1970年アメリカ映画恋愛映画

エリック・シーガルによる同名の小説を原作とする。ただし、未完の小説を原作として映画の製作が始まり、小説と映画が同時進行で作られた。先に映画が完成し、映画の脚本を基に小説が執筆された部分もある。先に発表されたのは小説であり、その数週間後に映画が公開された。

続編に、『続ある愛の詩』(Oliver's Story, 1978年)がある。

アカデミー作曲賞(フランシス・レイ)を受賞した他、複数の部門でアカデミーにノミネート及びゴールデングローブ賞を受賞している。

ストーリー[編集]

富豪の息子と庶民の娘との悲恋物語。

裕福で代々ハーバード大学出身という家柄であるオリバーは、家柄違いのラドクリフ大学(ハーバード大学関連の女子大学)のジェニファーと恋に落ち、オリバーの父親の反対を押し切り結婚する。

2人が24歳になったある日、ジェニファーの命が白血病で残り少ないことが判明し闘病生活に入る。オリバーは高額の医療費を自分の父親に求めるが、彼女の病状は好転せず亡くなってしまう。

オリバーと和解した父親との短い会話の中で「愛とは決して後悔しないこと」(Love means never having to say you're sorry)という生前ジェニファーがオリバーに残した言葉をオリバーが語り、オリバーは2人の思い出の場所に行き、その場所を眺める。

キャスト[編集]

日本語吹き替え[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ テレビ東京
オリバー・バレット4世 ライアン・オニール 三浦友和 池田秀一
ジェニファー アリ・マッグロー 山口百恵 勝生真沙子
フィル ジョン・マーレー 前沢迪雄
オリバー・バレット3世 レイ・ミランド 北原義郎
バレット夫人 キャサリン・バルフォー 翠準子
シェイプリー シドニー・ウォーカー 宮川洋一
アディソン ロバート・モディカ 阪脩 藤本譲
トンプソン ラッセル・ナイプ 嶋俊介 大木民夫
役不明又はその他 村越伊知郎
野島昭生
東富士郎
沼波輝枝
藤本譲
大見川高行
鵜飼るみ子
松田辰也
熊谷誠二
難波克弘
岡村悦明
村越伊知郎
羽村京子
大塚芳忠
篠原あけみ
小室正幸
大谷育江
沼波輝枝
こおろぎさとみ
亀井芳子
翻訳 小川裕子
演出 佐藤敏夫 小山悟
調整 前田仁信 荒井孝
効果 TFCグループ リレーション
制作 東北新社

スタッフ[編集]

邦訳[編集]

  • 『ラブ・ストーリィ』板倉章訳 角川書店、1970 のち文庫 のち「ある愛の詩」が副題としてつく。「板倉章」は、一般に筒井正明の筆名とされるが、これについては、角川春樹が自分で訳して筆名で出したと語っている== 邦訳 ==
  • 『ラブ・ストーリィ』板倉章訳 角川書店、1970 のち文庫 のち「ある愛の詩」が副題としてつく。「板倉章」は、一般に筒井正明の筆名とされるが、これについては、角川春樹が自分で訳して筆名で出したと語っている<[2]

影響[編集]

本作は原作と映画の「メディアミックス」の成功例として先駆的な作品であるが[3]、角川春樹は原作小説の日本語版の版権を安く手に入れ、日本でも映画が大ヒットした時、プロモーションを展開して成功した[3]大林宣彦はアメリカで『ある愛の詩』の封切り時に現地で観ていて、なぜこんな時代錯誤の純愛ものがヒットしているのだろうと不思議に思いつつも、ベトナム戦争で疲弊したアメリカが、本音ではこのような純愛ドラマを求めている時代感覚を肌で感じていた[3]。大林は角川のジャーナリスティックな感覚に感心していた[3]。既存の映画界とは別のところで仕事をしていた角川と大林は、本作の「メディアミックス」をヒントに1970年代後半の、ほぼ同時期にそれぞれの方法で「メディアミックス」を仕掛けていき[3][4]1980年代にはタッグを組んでいる。

その他[編集]

日本では、高校の英語の授業の教材としてストーリーの一部が使用されたことがある[5]

脚注[編集]

  1. ^ Love Story (1970)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月15日閲覧。
  2. ^ #中川P13
  3. ^ a b c d e #中川P12-17、52-53
  4. ^ 「特別対談 大林宣彦×大森一樹」キネマ旬報、1979年2月下旬号、P245-253、佐藤忠男山根貞男編集『シネアルバム 日本映画1978 1977年公開映画全集』芳賀書店、1978年、p138、大林 宣彦さん 映画作家 | 「介護110番」総合案内
  5. ^ 「ローマの休日」と「E.T.」。英語教材としてどっちが最適?エイガ・ドット・コム

参考文献[編集]

外部リンク[編集]