八十日間世界一周 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
八十日間世界一周
Around the World in 80 Days
監督 マイケル・アンダーソン
脚本 S・J・ペレルマン
ジェームズ・ポー
ジョン・ファロー
製作 マイケル・トッド
出演者 デヴィッド・ニーヴン
カンティンフラス
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 ライオネル・リンドン
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年10月17日
日本の旗 1957年7月20日
上映時間 169分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

八十日間世界一周』(Around the World in 80 Days)は、1956年アメリカ映画ジャンルアドベンチャー

作品概要[編集]

ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne)の同名小説を原作とする。1872年、主人公のフォッグ氏は20,000ポンドの賭けに勝利するため、気球鉄道蒸気船などを利用して80日間での世界一周を目指す。

大プロデューサーとして知られたマイク・トッドMike Todd)がプロデュース、イギリス出身の若手監督マイケル・アンダーソンが監督し、配給はユナイテッド・アーティスツ社であった(現在はワーナー・ブラザーズが版権を保有)。

トッド自身の肝煎りで開発された「トッドAO方式」でワイドスクリーン撮影された大作で、日本を含む世界各国の多彩な風景をカラー撮影で楽しめる観光映画に仕上がった。

主演のフォッグ氏役には品の良い紳士的風貌の持ち主である名優であるデヴィッド・ニーヴン、パスパルトゥー役には「カンティンフラス」のニックネームで知られた世界的コメディアンのマリオ・モレノ、アウダ役は新進女優であったシャーリー・マクレーンがそれぞれ充てられた。

数十人の有名な俳優が部分部分に入れ替わり立ち替わり登場したので、俳優と観客にとっては「スターを探せ」ごっこを楽しむことができ作品の魅力を高めた(たとえば、端役に過ぎない酒場のピアノ弾きがフランク・シナトラであったというようなお遊びである)。大俳優等がちょい役で出演することをこの作品以来「カメオ出演」というようになった。

キャスト[編集]

受賞[編集]

  • アカデミー賞受賞
    • 最優秀作品賞 - マイケル・トッド(プロデューサー)
    • 最優秀撮影賞 - ライオネル・リンドン
    • 最優秀映画編集賞 - ジーン・ラギエローとポール・ウェザーワックス
    • 最優秀音楽賞 - ビクター・ヤング(ヤングは本作公開の直後に死去したため、死後受賞となった。)
    • 最優秀脚本賞 - ジョン・ファロウ、S. J. パレルマン、ジェームズ・ポー

その他[編集]

ビクター・ヤングのテーマ曲「Around the World」は、映画音楽として知られるだけでなく、格調高く優雅な曲調が「世界旅行」のイメージに合致していることから、テレビラジオなどで旅行を表現するジングルにしばしば使われている。たとえば、「兼高かおる世界の旅」のテーマ曲やフジテレビ系列で1997年~2006年に放送されていたサスペンスドラマシリーズ『スチュワーデス刑事』のメインテーマ曲などがその例である。

関連事項[編集]

  • 80デイズ:2004年に制作されたリメイク版

外部リンク[編集]