スラムドッグ$ミリオネア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スラムドッグ$ミリオネア
Slumdog Millionaire
監督 ダニー・ボイル
脚本 サイモン・ビューフォイ
原作 ヴィカス・スワラップ
ぼくと1ルピーの神様
製作 クリスチャン・コルソン
製作総指揮 テッサ・ロス
ポール・スミス
出演者 デーヴ・パテール
マドゥル・ミッタル
フリーダ・ピントー
アニル・カプール
イルファーン・カーン
音楽 A.R.ラフマーン
撮影 アンソニー・ドッド・マントル
編集 クリス・ディケンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト
フランスの旗 パテ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年11月12日(限定)
アメリカ合衆国の旗 2008年12月26日(拡大)
日本の旗 2009年4月18日
上映時間 120分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
ヒンディー語
製作費 1500万$[1]
興行収入 $376,410,808[1]
テンプレートを表示

スラムドッグ$ミリオネア』(原題: Slumdog Millionaire)は、2008年イギリス映画インド外交官ヴィカス・スワラップ[2]の小説『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社)をダニー・ボイルが映画化。

第33回トロント国際映画祭観客賞、第66回ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)、第62回英国アカデミー賞作品賞受賞。第81回アカデミー賞では作品賞を含む8部門を受賞した。

ストーリー[編集]

インドの大都市ムンバイの中にある世界最大規模のスラム、ダーラーヴィー地区(Dharavi)で生まれ育った少年ジャマールは、テレビの人気クイズ番組『コウン・バネーガー・カロールパティ』("Kaun Banega Crorepati"、原題は『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』、日本版は『クイズ$ミリオネア』)に出演する。

そこでジャマールは数々の問題を正解していき、ついに最後の1問にまで到達した。しかし、無学であるはずの彼がクイズに勝ち進んでいったために、不正の疑いがかけられ、警察に連行されてしまう。そこで彼は生い立ちとその背景を語る。

キャスト[編集]

役名:俳優(ソフト版日本語吹き替え)

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

原作との違い[編集]

映画版は原作と比べると、ストーリーが大幅に変わっている。

  • 主人公の名前は原作ではラム・ムハンマド・トーマスとなっており、キリスト教徒、イスラム教徒、ヒンドゥー教徒の名前が全部入った名前となっている。
  • 彼は孤児で兄は存在せずイギリス人神父に育てられた。
  • 彼が半生を語る相手は警察ではなく、彼を警察から救出した女弁護士である。
  • ラム・ムハンマド・トーマスが英語を流暢に話せるようになった経緯、列車強盗の話、往年の女優の家で働いた話などは映画版ではカットされている。

主な受賞[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

トラブル[編集]

出演料問題[編集]

この映画に出演した2人の子役ルビーナー・アリーとアズハルッディーン・イスマーイールの両親が「十分な出演料を受け取っていない」と発言[3][4]。両親によると2人の出演料はアズハルッディーンは年間1700ポンド(約24万円)、ルビーナーは年間500ポンド(約7万円)だという[3]

これに対し製作側は「彼らの出演料は同地区の大人が受け取る平均年収の3倍[3]」としており、「彼らの教育費、生活費、医療費などをまかなうためのファンドもある[4]」と反論している。それに加え「高校卒業後にファンドとは別に10万ポンド(約1300万円)[5]が支給される[4][6]」としている。

このような方法を取ったのは「ギャラを一括で支払で起こりうる様々なリスクに配慮したため[6]」と説明しており、子役の報酬を周囲の大人に搾取させないためだとみられている[7]

その他[編集]

物語のクイズの一問目の答えであるインドの俳優のアミターブ・バッチャン は、実際のインド版クイズ・ミリオネアの司会者である。

人身売買疑惑[編集]

2009年4月19日、イギリスの大衆紙『ニュース・オブ・ザ・ワールド』は、ルビーナー・アリーの父親がアラブ人富豪に扮する記者に20万ポンド(約2900万円)で彼女の養子縁組を持ちかけたと報じた[8][9]。父親はこの疑惑を否定したが、別居中の母親が警察に訴えたため同日逮捕された[10]。しかし、人身売買を裏付ける証拠がなかったとして、23日、父親を起訴せず捜査は打ち切られた[11][12]

出典[編集]

  1. ^ a b Slumdog Millionaire (2008)”. Box Office Mojo. 2009年8月11日閲覧。
  2. ^ 当作品公開後の2009年8月から、在大阪神戸インド総領事館に総領事として赴任している。大阪ヨーロッパ映画祭公式ホームページ(2012年3月23日時点のアーカイブ
  3. ^ a b c “Slumdog child stars miss out on the movie millions”. The Daily Telegraph. (2009年1月27日). http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/4347472/Poor-parents-of-Slumdog-millionaire-stars-say-children-were-exploited.html 2009年4月26日閲覧。 
  4. ^ a b c “『スラムドッグ』にトップランナーの洗礼?”. Variety Japan. (2009年1月31日). オリジナル2009年2月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090201015755/http://varietyjapan.com/news/showbiz/2k1u7d00000io6kw.html 2009年4月26日閲覧。 
  5. ^ “『スラムドッグ$ミリオネア』、子役2人は授賞式出席を見送り−アカデミー賞”. Web-Tab. (2009年2月17日). http://www.web-tab.jp/article/6198/ 2009年4月26日閲覧。 
  6. ^ a b “『スラムドッグ』製作陣がムンバイの子どもに寄付”. Variety Japan. (2009年4月17日). オリジナル2009年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090418150523/http://www.varietyjapan.com/news/showbiz/2k1u7d00000mnfcg.html 2009年4月26日閲覧。 
  7. ^ “「スラムドッグ」出演子役を父親が“売却”交渉、根深い貧困問題物語る。”. Narinari.com. (2009年4月20日). http://www.narinari.com/Nd/20090411498.html 2009年4月26日閲覧。 
  8. ^ “Slumdog Millionaire star Rubina Ali who played Latika is offered for sale by dad Rafiq Qureshi to the News of the World's Fake Sheikh”. News of the World. (2009年4月19日). オリジナル2009年4月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090420023443/http://www.newsoftheworld.co.uk/news/271325/Slumdog-Millionaire-star-Rubina-Ali-who-played-Latika-is-offered-for-sale-by-dad-Rafiq-Qureshi-to-the-News-of-the-Worlds-Fake-Sheikh.html 2009年4月27日閲覧。 
  9. ^ “スラムドッグ子役を売買? 英大衆紙が印でおとり取材”. 共同通信. (2009年4月20日). http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042001000744.html 2009年4月27日閲覧。 
  10. ^ “『スラムドッグ$ミリオネア』子役の父親逮捕、“人身売買”報道受け”. Web-Tab. (2009年4月21日). http://www.web-tab.jp/article/6780/ 2009年4月27日閲覧。 
  11. ^ “「スラムドッグ」子役の父親、人身売買の証拠は出ず”. ロイター. (2009年4月23日). http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-37652220090423 2009年4月27日閲覧。 
  12. ^ “『スラムドッグ』子役ヒロインの捜査打ち切り”. Variety Japan. (2009年4月24日). オリジナル2009年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090426111539/http://www.varietyjapan.com/news/showbiz/2k1u7d00000muntn.html 2009年4月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]