ダンシング・ヒーロー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダンシング・ヒーロー
Strictly Ballroom
監督 バズ・ラーマン
脚本 バズ・ラーマン
アンドリュー・ボーヴェル
製作 トリストラム・ミアール
製作総指揮 アントワネット・アルバート
出演者 ポール・マーキュリオ
タラ・モーリス
音楽 デヴィッド・ハーシュフェルダー
撮影 スティーヴ・メイソン
編集 ジル・ビルコック
配給 ミラマックス・フィルムズ
公開 オーストラリアの旗 1992年8月20日
日本の旗 1992年12月12日
上映時間 94分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 AUD 3,000,000
テンプレートを表示

ダンシング・ヒーロー』(原題:Strictly Ballroom)は1992年制作のオーストラリア映画。バズ・ラーマンの映画監督デビュー作品だが、1986年にラーマンが制作した舞台の映画化。社交ダンス界を舞台にした青春コメディ。1992年のトロント国際映画祭で、最高賞である観客賞(ピープルズ・チョイス・アウォード)を受賞。

あらすじ[編集]

両親ともにダンサーのスコットは社交ダンス界のホープで、彼が次期チャンピオンだと誰もが疑っていなかった。しかし彼は大会で自分のステップで踊り、負けてしまう。母親に責められ、怒ったパートナーのリズにも去られ、それでも自分のステップは間違っていないと主張するスコットは新しいパートナーを探すことになる。

しかし新しいパートナーは決まらず、次の大会の日付が迫ってきてしまい、回りはやきもきする。そんな時、スコットが一人で踊っていたところを、ダンス教室の生徒の一人フランが物陰から見ていた。フランは勇気を出して、自分をパートナーにとスコットに申し出る。しかし、スコットは冴えない容姿に加えて素人同然のフランを自分のパートナーにするつもりはなく、断りかけるが、フランが披露したフラメンコ風ステップに魅せられ、二人は大会に向けて猛特訓をはじめる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
スコット・ヘイスティングス ポール・マーキュリオ 森川智之
フラン タラ・モーリス 勝生真沙子
ダグ・ヘイスティングス バリー・オットー 石井敏郎
シャーリー・ヘイスティングス パット・トムソン 沢田敏子
バリー・ファイフ ビル・ハンター 村松康雄
リズ・ホルト ジア・カリデス
ケン・レイリングス ジョン・ハナン
ティナ・スパークル ソニア・クルーガー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]