イースタン・プロミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イースタン・プロミス
Eastern Promises
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
脚本 スティーヴ・ナイト
製作 ポール・ウェブスター
ロバート・ラントス
製作総指揮 スティーヴン・ギャレット
デヴィッド・M・トンプソン
ジェフ・アッバリー
ジュリア・ブラックマン
出演者 ヴィゴ・モーテンセン
ナオミ・ワッツ
音楽 ハワード・ショア
撮影 ピーター・サシツキー
編集 ロナルド・サンダース
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年9月8日
日本の旗 2008年6月14日
上映時間 100分
製作国 カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ロシア語
トルコ語
ウクライナ語
興行収入 $56,105,902[1]
テンプレートを表示

イースタン・プロミス』(Eastern Promises)は、2007年イギリス/カナダ/アメリカ合作の映画。ロンドンを舞台に、ロシア・マフィアの係る人身売買をテーマとしている。日本では映倫の規定によりR-18指定となっている。

ストーリー[編集]

ロンドンクリスマスを目前に控えたある夜のこと。助産師として病院で働くアンナ(ナオミ・ワッツ)の元に身元不明の少女が運び込まれた。彼女は子どもを身ごもっており、女の子を産んだ後、息を引き取ってしまう。手術に立ち会ったアンナは、彼女のバッグから日記を取り出す。孤児となった赤ん坊のために、少女の身元を割り出そうと考えたのだ。日記はロシア語で書かれており、そこには“トランスシベリアン”というロシアン・レストランのカードが挟みこまれていた。ロシア人とのハーフでありながらロシア語が解らないアンナは、カードを頼りにレストランを訪ねる。

店の前で、アンナはひとりの謎めいた男と出会う。ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)という名前のその男は、悪名高きロシアン・マフィア<法の泥棒>の運転手で、組織の跡取りであるキリル(ヴァンサン・カッセル)のために働いていた。ニコライはエンジンのかからないバイクを前に困惑するアンナを車で家まで送り届ける。

やがて少女の日記を読んでしまったアンナのロシア人の伯父が、彼女にこの事件から手を引くよう忠告する。日記にはロシアン・マフィアが関わるイースタン・プロミス=人身売買についての恐ろしい事実が記されていたのだ。かつて流産した辛い過去を持つアンナは子どものことだけを考えており、「日記」と引換に少女の身元を教えてもらう、という取引をマフィアと交わすことに。取引の場所に現れたのは、ニコライだった。日記を渡すアンナに彼は少女の身元は伝えず、今回の事件は忘れ、自分たちには近づくな、とアンナに忠告する。アンナは時折やさしさを見せてくれるニコライに図らずも惹かれはじめる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ニコライ ヴィゴ・モーテンセン 木下浩之
アンナ ナオミ・ワッツ 佐々木優子
キリル ヴァンサン・カッセル 咲野俊介
セミオン アーミン・ミューラー=スタール  
ステパン イエジー・スコリモフスキー
ヘレン シニード・キューザック
ラザ・ジャフリー
オレガル・フェドロ

スタッフ[編集]

受賞[編集]

第32回トロント国際映画祭観客賞、第34回サターン賞 インターナショナル映画賞受賞。

主演のヴィゴ・モーテンセン第65回ゴールデングローブ賞 主演男優賞、第80回アカデミー賞主演男優賞他にノミネートされた。

映画館大賞の「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」では第15位である。

出典[編集]

  1. ^ Eastern Promises (2007)”. Box Office Mojo. 2010年9月5日閲覧。
  2. ^ イースタン・プロミス[吹]”. スターチャンネル. 2012年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]