オーストラリア (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストラリア
Australia
監督 バズ・ラーマン
脚本 バズ・ラーマン
ロナルド・ハーウッド
スチュアート・ビーティー
リチャード・フラナガン
原案 バズ・ラーマン
製作 バズ・ラーマン
キャサリン・ナップマン
G・マック・ブラウン
出演者 ニコール・キッドマン
ヒュー・ジャックマン
デビッド・ウェナム
ブライアン・ブラウン
音楽 デイヴィッド・ヒルシュフェルダー
撮影 マンディ・ウォーカー
編集 ドディ・ドーン
マイケル・マカスカー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗オーストラリアの旗 2008年11月26日
日本の旗 2009年2月28日
上映時間 165分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $130,000,000[1]
興行収入 $211,342,221[1]
テンプレートを表示

オーストラリア』(Australia)はバズ・ラーマン監督の映画である。脚本はスチュアート・ビーティーロナルド・ハーウッド、オーストラリアのスターのニコール・キッドマンヒュー・ジャックマンが主役。撮影はシドニーダーウィンカナナラボーウェンで行われた。映画公開日は2008年11月13日にオーストラリア、同年11月16日にアメリカ合衆国、同年12月から他の国で公開され、日本では2009年2月28日に公開された。

あらすじ[編集]

第2次世界大戦勃発前、イングランド貴族のサラ・アシュレイ夫人(ニコール・キッドマン)は夫の最後の所有地である、オーストラリアの「ファラウェイ・ダウンズ」という牧場に向かっていた。1年も夫はロンドンに帰ってこないのだ。

オーストラリア北部の町、ダーウィンに水上機で着いた彼女を待っていたのは、バーで殴り合いの喧嘩をしていたカウボーイだった。ドローヴァー(牛追い)の名前でしか知られていないそのカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)とともに一路ファラウェイ・ダウンズに向かうサラ。

しかし、彼女をファラウェイ・ダウンズで待っていたのは、夫の亡骸と荒れ果てた牧場だった。そこの管理人ニール・フレッチャーと、このあたりを牛耳り、アシュレイ家と敵対する大牧場主キング・カーニーが結託して、牛を盗んでいったのだった。彼女に残された道は、残った1500頭の牛を遠く離れたダーウィンの港へ持って行き、軍との食料用牛肉の契約をすることだけだった。

主な登場人物とキャスト[編集]

レディ・サラ・アシュレイ: ニコール・キッドマン(日本語吹替:岡寛恵
イングランド貴族。オーストラリア北部の牧場「ファラウェイ・タウンズ」を亡き夫から相続した。
ドローヴァー: ヒュー・ジャックマン(日本語吹替:山路和弘
野性味あふれるオーストラリア人のカウボーイ。本名は劇中では不明。レディ・サラ・アシュレイから道案内として雇われた。アボリジニの女性と結婚していたことがあるため、白人社会からは異端視されている。
ニール・フレッチャー: デビッド・ウェナム(日本語吹替:牛山茂
レディ・サラ・アシュレイの牧場の支配人。実はキング・カーニーの手先で卑劣な男。
キング・カーニー: ブライアン・ブラウン(日本語吹替:小川真司
北オーストラリア一帯の大半の土地を所有している大地主。戦争を利用して一儲けを企む。
キプリング・フリン: ジャック・トンプソン(日本語吹替:宝亀克寿
アルコール中毒の老会計士。
ナラ: ブランドン・ウォルターズ(日本語吹替:木村亜希子
「ファラウェイ・タウンズ」の使用人の子で、白人とアボリジニとのハーフの少年。ダーウィンへの旅でサラと同行する。実の父親は不明だったが、後半である人物であることが明かされる。
キング・ジョージ: デイヴィッド・ガルピリル
アボリジニの老人でナラの祖父。どこからともなく現れナラを見守る。「ガラパ」と呼ばれるアボリジニの呪術師。
キャサリン・カーニー: エッシー・デイヴィス
キング・カーニーの娘。物語後半でフレッチャーと結婚。

製作の背景[編集]

2005年5月、ラッセル・クロウニコール・キッドマンが直接20世紀フォックスバズ・ラーマン監督、映画脚本作家‎スチュアート・ビーティーによる映画の出演交渉に赴いた。だが、ラッセル・クロウは出演できず、ヒュー・ジャックマンが出演することになった。

製作に取り掛かったのは2006年9月だが、予算などの問題で2007年2月から始まった。ニコール・キッドマンは当時妊娠中であったが降板せず、撮影を無事終えた。

史実との差異[編集]

日本軍がオーストラリアに上陸し、子供を救いに来たオーストラリア人(アボリジニ)を取り囲み殺すシーンがあるが、これはフィクションである。日本軍は継続的にダーウィンを空爆し、その沖合70キロにある「伝道の島(Bathurst Island)」も攻撃したことがあるが、オーストラリア大陸には上陸していない。

評価[編集]

興行収入[編集]

北米では2642館で公開され、約1400万ドルで初登場5位を記録。

オーストラリアでは国内最大の643館で公開され、約40万オーストラリア・ドルで初登場1位を記録。2009年2月現在で約3679万オーストラリア・ドルの興行となり、オーストラリアでの2番目に高い興行収入となっている[2]

賞歴[編集]

受賞
ノミネート

参考文献[編集]

外部リンク[編集]