スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スコット・ピルグリム VS.
邪悪な元カレ軍団
Scott Pilgrim vs. the World
監督 エドガー・ライト
脚本 マイケル・バコール
エドガー・ライト
原作 ブライアン・リー・オマリー
製作 マーク・プラット
エリック・ギター
ナイラ・パーク
エドガー・ライト
製作総指揮 ロナルド・ヴァスコンセロス
J・マイルズ・デイル
ジャレッド・ルポフ
アダム・シーゲル
ジェフ・カースチェンバウム
スコット・ステューバー
出演者 マイケル・セラ
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
音楽 ナイジェル・ゴッドリッチ
撮影 ビル・ポープ
編集 ジョナサン・エイモス
ポール・マクリス
製作会社 ビッグ・トーク・フィルムズ
レラティビティ・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 アステア/パルコ
公開 カナダの旗 2010年7月27日
(ファンタジア映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2010年8月13日
日本の旗 2011年2月24日
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭
日本の旗 2011年4月29日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 $31,524,275[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$47,664,559[1] 世界の旗
テンプレートを表示

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(原題: Scott Pilgrim vs. the World)は、2010年アメリカ映画。原作はブライアン・リー・オマリーによるカナダのコミック作品『スコット・ピルグリム(英語版)』である。

ストーリー[編集]

舞台はカナダのトロント。売れないバンド”セックス・ボブオム”のベーシスト、22歳のスコット・ピルグリムは中国系の女子高校生ナイブスと付き合いはじめた。だが、ある日ニューヨークから引っ越してきたラモーナという女の子にひと目ぼれし、彼女とも付き合うことに。その後、地元のバンド大会に出場したスコットは、空から降りてきたラモーナの邪悪な元カレ、マシュー・パテルと戦うことになる。パテルを倒したスコットはラモーナから、自分と付き合うためには7人の邪悪な元カレ軍団と戦わなければならないと告げられる。

キャスト[編集]

括弧内はBD・DVDの日本語吹き替えキャスト

製作[編集]

原作者のブライアン・リー・オマリーが原作第1期を完了させた後、出版社のオニ・プレスとプロデューサーのマーク・プラットによる映画化企画が始まった[2]ユニバーサル・スタジオは『ショーン・オブ・ザ・デッド』を完成させた直後のエドガー・ライト監督と契約した[2][3]。2005年5月には、脚本家のマイケル・バコールが雇われた[3]。2009年1月までにはキャスティングを終え、映画のタイトルをScott Pilgrim vs. the Worldに正式決定した[4]

コミックの完結編の発表よりも早く脚本が書き上がり、撮影が始まったため、原作とは異なる結末となる[5]

撮影は2009年3月カナダトロントで始まり[6][7]8月に完了した[8]

音楽[編集]

ベックメトリックブロークン・ソーシャル・シーンブルートーンズコーネリアスらがサウンドトラックとして楽曲を提供し、レディオヘッドのプロデューサーのナイジェル・ゴッドリッチが音楽監督を勤める[9][10]。また、他に『ゼルダの伝説』の音楽がBGMとして使われている。エドガー・ライトは、音楽の使用許可を得るために任天堂に映画のクリップを送り 、「彼の世代の童謡」と評した手紙を書いた[11]

サウンドトラック[編集]

サウンドトラック盤『Scott Pilgrim vs. the World: Original Motion Picture Soundtrack』が、2010年8月10日にアメリカでアブコ・レコードより、CDレコードで発売された[12][13][14]。また、同年9月7日にデラックス版が発売された[12]

Scott Pilgrim vs. the World: Original Motion Picture Soundtrack
複数のアーティスト の サウンドトラック
リリース アメリカ合衆国の旗 2010年8月10日
日本の旗 2011年4月27日
ジャンル サウンドトラック
時間 57分
レーベル アメリカ合衆国の旗 アブコ・レコード
日本の旗 USMジャパン
テンプレートを表示
# タイトル 作詞・作曲 アーティスト 時間
1. 「ウィ・アー・セックス・ボブオム
We Are SEX BOB-OMB」  
ベック Sex Bob-omb 2:00
2. 「スコット・ピルグリム
Scott Pilgrim」  
  Plumtree 3:02
3. 「アイ・ハード・ラモーナ・シング
I Heard Ramona Sing」  
  Frank Black 3:40
4. 「バイ・ユア・サイド
By Your Side」  
  Beachwood Sparks 4:57
5. 「オー・カトリーナ!
O Katrina!」  
  Black Lips 2:51
6. 「アイム・ソー・サッド、ソー・ヴェリー、ヴェリー、サッド
I'm So Sad, So Very, Very Sad」  
ブロークン・ソーシャル・シーン Crash and the Boys 0:13
7. 「ウィ・ヘイト・ユー・プリーズ・ダイ
We Hate You Please Die」  
ブロークン・ソーシャル・シーン Crash and the Boys 0:59
8. 「ガービッジ・トラック
Garbage Truck」  
ベック Sex Bob-omb 1:44
9. 「ティーンエイジ・ドリーム
Teenage Dream」  
マーク・ボラン[15] T・レックス 5:45
10. スリージー・ベッド・トラック
Sleazy Bed Track」  
  ブルートーンズ 4:36
11. 「イッツ・ゲッティング・ボーリング・バイ・ザ・シー
It's Getting Boring by the Sea」  
  ブラッド・レッド・シューズ 2:56
12. 「ブラック・シープ
Black Sheep」  
  Metric 4:56
13. 「スレッショウルド
Threshold」  
ベック Sex Bob-omb 1:47
14. 「アンセムス・フォー・ア・セヴンティーン・イヤー・オールド・ガール
Anthems for a Seventeen-Year-Old Girl」  
  ブロークン・ソーシャル・シーン 4:36
15. アンダー・マイ・サム
Under My Thumb」  
  ローリング・ストーンズ 3:41
16. 「ラモーナ (アコースティック・ヴァージョン)
Ramona (acoustic)」  
  ベック 1:02
17. 「ラモーナ
Ramona」  
  ベック 4:22
18. 「サマータイム
Summertime」  
ベック Sex Bob-omb 2:10
19. 「スレッショウルド (8ビット)
Threshold 8 Bit」  
  Brian LeBarton 1:48

公開・メディア展開[編集]

2010年7月22日のコミコン・インターナショナルでパネルが展示され、エドガー・ライトが選ばれた観客たちを映画のスクリーニングに招待した[16]。また、7月27日のモントリオールのファンタジア映画祭や8月15日のロンドンのムービー・コンIIIでも上映された[17][18]

宣伝[編集]

2010年3月25日にティーザー予告が公開された[19]。5月31日には第2弾が公開され、ザ・ティン・ティンズLCDサウンドシステムビー・ユア・オウン・ペットCORNELIUSブラッド・レッド・シューズプロディジーの音楽が使われた[20]

MTVムービー・アワード2010ではスコット・ピルグリムとルーカス・リーが対峙し、戦い始める場面のクリップが公開された[21]

ゲーム[編集]

映画版に基づいたコンピュータゲーム『スコット・ピルグリムVS.ザ・ワールド: ザ・ゲーム』が発売された。ユービーアイソフト・モントリオールが製作し[22]Anamanaguchiによる音楽とポール・ロバートソンによる2Dが使われている[23]

ホームメディア[編集]

2010年11月9日に北米で[24]、12月27日にイギリスでDVDとブルーレイが発売された[25]

日本での公開状況[編集]

2010年8月15日、日本公開が決定したと報じられた[26]が、その後北米での興行失敗のために危うくなり、同年9月より映画ライターのわたなべりんたろうによる署名活動が開始された[27]。翌2011年、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で先行上映された後、一般劇場で公開されることが発表された[28]。配給・宣伝をするアステアによると、シネマライズが本作を上映したがっていたこと、署名活動が行われていたこと、『キック・アス』の日本興行が成功したことが上映決定の背景にある[29]

評価[編集]

興行成績[編集]

2010年8月13日に北米2818館で公開がスタートした[1][30]。公開初週末3日間で約1050万ドルを稼ぎ、初登場5位の成績となり[1][31]、2週目には10位となった[32]

イギリスでは408館で公開され、公開初週末3日間で約160万ポンドを稼いで初登場2位となった[33]

批評家の反応[編集]

IGNでは本作を「ファニーでオフビート」と評され、「任天堂MTVで育った我々ワイヤードな世代の人間にはベストだ」として10点満点で8点を与えた[34]

Rotten Tomatoesでは、81%(229名中185名)の評論家が本作に肯定的な評価を下し、また平均点は10点満点で7.5点となった[35]

Metacriticでの平均スコアは38のレビューで100点満点中69点となった[36]

オースティン映画批評家協会の年間トップ10では第10位だった。

受賞歴[編集]

映画賞 部門 候補 結果
サテライト賞 ミュージカル・コメディ映画賞 受賞
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ映画) マイケル・セラ 受賞
脚色賞 マイケル・バコール、エドガー・ライト ノミネート
美術賞 ダンテ・フェレッティ、マックス・ビスコー、
ロバート・グエラ、クリスティーナ・ウィルソン
ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞 脚色賞 マイケル・バコール、エドガー・ライト ノミネート
編集 ジョン・エイモス、ポール・マクリス 受賞
オンライン映画批評家協会賞 脚色賞 マイケル・バコール、エドガー・ライト ノミネート
編集 ジョン・エイモス、ポール・マクリス ノミネート
アメリカ映画編集者協会賞 ミュージカル・コメディ映画編集賞 ジョン・エイモス、ポール・マクリス ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Scott Pilgrim vs. the World (2010)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年4月28日閲覧。
  2. ^ a b Q&A: Scott Pilgrim creator Bryan Lee O'Malley”. Total Film (2010年6月2日). 2010年6月3日閲覧。
  3. ^ a b Snyder, Gabriel (2005-05-24). “'Pilgrim's' progresses”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1117923467.html?categoryid=1350&cs=1 2009年4月11日閲覧。. 
  4. ^ Kit, Borys (2009-01-20). “Exes mark spots in 'Pilgrim'”. The Hollywood Reporter. 
  5. ^ Peter Sciretta. “"Scott Pilgrim vs. The World Will End Differently Than The Graphic Novels"”. 2010年1月13日閲覧。
  6. ^ "Edgar Wright's photoblog"”. Bryan Lee O'Malley. 2011年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月21日閲覧。
  7. ^ "Blog One - Introduction - Scott Pilgrim Vs. The World"”. Scott Pilgrim The Movie. 2009年4月13日閲覧。
  8. ^ "August 28th, 2009 21:40 (EDT) Wrap!"”. Edgar Wright There (2009年8月29日). 2009年8月30日閲覧。
  9. ^ Hasty, Katie (2010年3月31日). “Preview new Beck songs in 'Scott Pilgrim' trailer”. HitFix. 2010年3月31日閲覧。
  10. ^ Martens, Todd (2010年3月25日). “Rock 'n' roll: 'Scott Pilgrim' launches with Beck-scored trailer”. Los Angeles Times. 2010年3月31日閲覧。
  11. ^ Miller, Nancy (2010年6月22日). “Director Edgar Wright, Actor Michael Cera Crack Wise About Scott Pilgrim”. Wired. 2010年6月23日閲覧。
  12. ^ a b Carlick, Stephen (2010年7月21日). “Scott Pilgrim vs. The World Soundtrack Adds Beck Bonus Tracks with Deluxe Edition”. Exclaim!. 2010年7月21日閲覧。
  13. ^ Breihan, Tom (2010年6月21日). “Beck, Broken Social Scene Play Fake Bands on Scott Pilgrim Soundtrack”. Pitchfork. 2010年6月21日閲覧。
  14. ^ Scott Pilgrim Vs. The World: Overview: Allmusic”. Allmusic. 2012年7月27日閲覧。
  15. ^ Thompson, Dave. “Teenage Dream”. Allmusic. 2012年7月27日閲覧。
  16. ^ Lee Joyce (2010年7月23日). “Scott Pilgrim vs. the World" Director Treats Comic-Con Attendees to Free Screening of Film”. CBS News. 2010年8月18日閲覧。
  17. ^ Movie-Con III Is Coming! Scott Pilgrim Screening Announced!”. Empire. 2010年7月5日閲覧。
  18. ^ Films & Schedules: Scott Pilgrim Vs. the World”. Fantasia Festival. 2010年7月5日閲覧。
  19. ^ Wright, Edgar (2010年3月25日). “It’s here... The Official Scott Pilgrim Vs. The World Teaser Trailer”. Edgar Wright Here. 2010年6月10日閲覧。
  20. ^ Wright, Edgar. “The New Scott Pilgrim Vs. The World Trailer!”. Edgar Wright Here. 2010年6月1日閲覧。
  21. ^ First 'Scott Pilgrim Vs. The World' Clip Featuring Chris Evans as Lucas Lee”. MTV. 2010年6月10日閲覧。
  22. ^ Ubisoft andD Universal Pictures Partner on Scott Pilgrim VS. The World Video Game”. Ubisoft. 2009年8月23日閲覧。
  23. ^ http://attractmo.de/scott-pilgrim.html?
  24. ^ Scott Pilgrim vs. The World (US - DVD R1”. 2010年9月22日閲覧。
  25. ^ /FILM - ‘Scott Pilgrim vs. The World’ Hits DVD and Blu-Ray November 9”. 2010年9月20日閲覧。
  26. ^ カナダの人気コミックの実写作品が日本で公開決定!あの娘の7人の元カレを退治しろ!”. シネマトゥデイ. 2010年8月15日閲覧。
  27. ^ 2010-09-02 公開署名活動をします・・・!”. わたなべりんたろう日記 (2010年9月2日). 2010年11月3日閲覧。
  28. ^ 超人気コミックの映画化「スコット・ピルグリム」日本公開が決定!”. 映画.com (2011年2月1日). 2010年2月3日閲覧。
  29. ^ 『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』念願の日本公開決定! 奇蹟の公開実現に尽力した配給会社社長に独占取材!”. 映画秘宝 (2011年2月1日). 2010年2月3日閲覧。
  30. ^ Scott Pilgrim vs. the World”. 2010年8月21日閲覧。
  31. ^ “‘The Expendables’ Tops Weekend Box Office”. The Wall Street Journal. (2010年8月15日). http://blogs.wsj.com/speakeasy/2010/08/15/the-expendables-tops-weekend-box-office/ 2010年8月18日閲覧。 
  32. ^ Weekend Box Office Results for August 20–22, 2010”. Box Office Mojo.. 2010年11月3日閲覧。
  33. ^ UK Box Office 27-29 August 2010”. UK Film Council. 2010年11月3日閲覧。
  34. ^ White, Cindy (2010年8月12日). “Scott Pilgrim Vs. the World Review. Edgar Wright's take on the videogame-inspired comic series is full of win.”. IGN. News Corporation. 2010年8月21日閲覧。星5つのうち4つ
  35. ^ Scott Pilgrim vs. the World Movie Reviews, Pictures” (英語). Rotten Tomatoes. Flixster, Inc.. 2010年11月3日閲覧。
  36. ^ Scott Pilgrim vs. the World reviews at Metacritic.com” (英語). Metacritic. CBS Interactive. 2010年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]