フォー・ウェディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォー・ウェディング
Four Weddings and a Funeral
監督 マイク・ニューウェル
脚本 リチャード・カーティス
製作 ダンカン・ケンウォーシー
製作総指揮 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
出演者 ヒュー・グラント
アンディ・マクダウェル
音楽 リチャード・ロドニー・ベネット
主題歌 ウェット・ウェット・ウェット
撮影 マイケル・コルター
編集 ジョン・グレゴリー
配給 日本の旗 東宝東和
公開 イギリスの旗 1994年5月13日
日本の旗 1994年10月8日
上映時間 117分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $4,4000,000[1]
興行収入 $245,700,832[1]
テンプレートを表示

フォー・ウェディング』(Four Weddings and a Funeral「4つの結婚式と1つの葬式」)は1994年イギリスで制作された映画マイク・ニューウェル監督によるロマンティック・コメディ

この後、『ノッティングヒルの恋人』 などでヒットを飛ばす脚本家リチャード・カーティスとヒュー・グラントのコンビの第一作目で、当初の予想に反して世界中でヒットした。

友人の結婚式で偶然出会った女性に一目惚れした男性が、本当の愛を見つけるまでを描く。

ストーリー[編集]

独身のイギリス男性チャールズは、恋愛関係には不自由しないものの結婚に関しては消極的でいた。今日も花婿付き添い人の務めがあるのに寝坊、妹分の同居人スカーレットに叩き起こされ、式場にかけ込む。この結婚式でキャリーというアメリカ女性に出会う。「どんな女性?」とフィオナに聞くと「アバズレ」と言われるが、運命を感じた彼はさっそく彼女にアタックする。彼女の泊まる「ボートマン」に行く。ベッドをともにするが、「婚約発表はいつにする?」と言われ、口ごもっているうちに、彼女はアメリカに帰る。

2つ目の結婚式でも遅刻しそうになる。初めての司祭のちぐはぐな儀式が始まる。キャリーと再会したのを喜んだのも束の間、彼女から「スコットランドの半分を持っている」というフィアンセを紹介される。愕然とする彼に追い打ちをかけるように、結婚を迫られて別れたばかりのヘンリエッタに「U2をドイツの潜水艦だと思うような私はバカよ」と泣きつかれたのをはじめ、パーティは悪夢に。キャリーの誘いでパーティを抜け出した彼は「寝酒を」と誘われ、再びベッドをともに。しばらく後、街でキャリーに偶然再会し、ウェディングドレス選びに付き合わされる。2人はお互いの恋愛歴を語り、チャールズは初めて彼女に愛を告白するが、手遅れだった。

キャリーの結婚式の祝の席で、年長の陽気な友人ガレスが突如倒れた。

葬式の席で、同性愛の恋人マシューの弔辞(W・H・オーデンの詩”en:Funeral Blues”)が響く。それはこの世で結婚を許されなかった彼の、愛の誓いだった。

チャールズは、結婚とは何だろうと思い悩む。彼は迷いを捨てて、ヘンリエッタとの結婚を選んだ。ところが、式の当日5分前に現われたキャリーが離婚したと告げる。チャールズの心は激しく惑わされるが…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHS版
チャールズ ヒュー・グラント 井上倫宏
キャリー アンディ・マクダウェル 山崎美貴
フィオナ クリスティン・スコット・トーマス 宮寺智子
ガレス/ギャレス サイモン・キャロウ 宝亀克寿
マシュー ジョン・ハナー 山路和弘
トム ジェームズ・フリート 斎藤志郎
スカーレット シャーロット・コールマン
デヴィッド デヴィッド・バウアー
ハミッシュ コリン・レッドグレイヴ
ヘンリエッタ アンナ・チャンセラー
司祭 ローワン・アトキンソン

備考[編集]

登場する友人たちの中で、唯一安定した関係を築いていたのがギャレスとマシューのゲイカップルであった。しかし二人には「結婚」することが許されていない。「愛し合っているのに結婚できない」彼らと、「結婚できるのに踏み出せない」チャールズたちとが対照的に描かれ、不条理に対する皮肉を利かせている。なお、イギリスでは2005年にシヴィル・パートナーシップ法が施行され、結婚に準ずる権利が同性同士にも認められるようになった(参考:同性結婚)。

脚注[編集]

  1. ^ a b Four Weddings and a Funeral (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]