ノッティングヒルの恋人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノッティングヒルの恋人
Notting Hill
監督 ロジャー・ミッシェル
脚本 リチャード・カーティス
製作 ダンカン・ケンワーシー
製作総指揮 リチャード・カーティス
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
出演者 後述
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
撮影 マイケル・コールター
編集 ニック・ムーア
製作会社 ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 UP
イギリスの旗 ポリグラム・フィルムド・エンターテインメント
日本の旗 松竹 / ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年5月13日
イギリスの旗 1999年5月21日
日本の旗 1999年9月4日
上映時間 123分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $42,000,000[1]
興行収入 $363,889,678[1]
テンプレートを表示

ノッティングヒルの恋人』(原題: Notting Hill)は、1999年製作のアメリカ映画ロジャー・ミッシェル監督、リチャード・カーティス脚本。

ロンドン西部のノッティング・ヒルを舞台に、冴えない書店主とハリウッド女優の恋愛を描く。人気俳優陣の出演もあり、今なおとても人気の高いラブ・ストーリー。

ストーリー[編集]

バツイチの冴えない男ウィリアムは、ロンドン西部のノッティング・ヒルで旅行書専門の書店を営んでいる。大して儲かっていないその店に、ある日どこかで見たような女性が訪れる。それはハリウッドのスター女優、アナだった。本を買ったアナは微笑んで店を去るが、そのすぐ後に飲み物を買いに出たウィリアムと街角で衝突、アナの服がオレンジジュースで汚れてしまう。うろたえたタッカーは近くの自分のアパートに行って服を乾かすが、アナは不器用ながらも誠実さをタッカーに感じる。

数日後に「連絡をください」というので高級ホテルに向かう。新作映画のキャンペーンで、タッカーは雑誌の記者になりすまして再会に成功。妹ハニーの誕生会に誘う。集まった人々は驚きながらも、自然にふるまう。一つ残ったチョコレート・ブラウニー(chocolate brownie)は不幸自慢をして一番不幸な人が食べるということになり、それぞれが話す。脚の不自由なベラだと思いきや、アナが女優なんてなるまでもなってからも大変とぼやくと、みんなシュンとなってブラウニーはアナのものに。

半年後、貧乏だった頃のヌード写真をスキャンダルされて傷ついたアナはタッカーの家に来て、甘い週末をすごす。ところが友人スパイクの一言でマスコミが押し掛け、アナは去る。

1年後に撮影でロンドンにきたアナは一人の女性として愛を告白。タッカーは身分が違いすぎると別れを告げる。みんな慰める中でスパイクだけが「お前はなんて馬鹿な男なんだ」といい、目が覚め、アメリカに戻るアナを追って街中を駆け回り、再び、奇跡を起こす。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD TV
ウィリアム・タッカー ヒュー・グラント 井上純一 井上和彦
アナ・スコット ジュリア・ロバーツ 戸田恵子
スパイク(ウィリアムの同居人) リス・エヴァンス 山路和弘 清水明彦
マックス(ウィリアムの友人) ティム・マッキナリー 斎藤志郎 大塚芳忠
バーニー(ウィリアムの友人) ヒュー・ボネヴィル 相沢正輝 立木文彦
マーティン(ウィリアムの店で働いている) ジェームズ・ドレイファス 中博史 岩崎ひろし
ベラ(マックスの妻でウィリアムの友人) ジーナ・マッキー 山像かおり 塩田朋子
ハニー(ウィリアムの妹) エマ・チャンバース 小林さやか 雨蘭咲木子
12歳の女優 ミーシャ・バートン
ジェフ・キング アレック・ボールドウィン(カメオ出演) 田中正彦 西凜太朗

主題歌[編集]

メモ[編集]

ウィリアムが住んでいた青いドアの家は、以前リチャード・カーティスが住んでいた所。有名な青いドアは実際にあったが、現在はない。映画の公開後に、家を見に来る人があまりに多く、またペンキを剥がして持っていく不届きな人もいたので、嫌気がさした家主がオークションにかけて売ってしまったという。

出典[編集]

  1. ^ a b Notting Hill (1999)”. Box Office Mojo. 2010年10月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]