キャバレー (1972年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャバレー
Cabaret
監督 ボブ・フォッシー
脚本 ジェイ・プレッソン・アレン
ヒュー・ホイーラー
製作 サイ・フュアー
出演者 ライザ・ミネリ
マイケル・ヨーク
音楽 ジョン・カンダー
ラルフ・バーンズ
撮影 ジェフリー・アンスワース
編集 デヴィッド・ブレサートン
配給 アメリカ合衆国の旗 アライド・アーティスト
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年2月13日
日本の旗 1972年8月5日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
ヘブライ語
製作費 $6,000,000
興行収入 $42,700,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

キャバレー』(Cabaret)は、1972年アメリカで制作されたミュージカル映画

1966年オリジナル舞台版をもとに、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーが映画版を製作、1972年に公開された(舞台版とはエンディングが異なる)。同年度の第45回アカデミー賞では、サリー役のライザ・ミネリ主演女優賞、舞台版と同じエムシー役を演じたジョエル・グレイ助演男優賞ボブ・フォッシー監督賞など、8部門を受賞した。

ストーリー[編集]

1930年代ナチス台頭前夜のベルリン。エムシーが取り仕切っているキャバレー、キットカットクラブからは今日も歌声が聞こえている。スターに憧れる少女サリーも、そこで働く歌手だった。そんなサリーのもとに、ある日、イギリスから来たという学生ブライアンがやってくる。二人は友情で結ばれるが、その後マクシミリアンという男爵の登場が、二人の関係に変化をもたらしていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サリー・ボールズ ライザ・ミネリ 神保共子
ブライアン・ロバーツ マイケル・ヨーク 柴田侊彦
マクシミリアン・フォン・ヒューナ ヘルムート・グリーム 横内正
MC ジョエル・グレイ 槐柳二
ナタリア・ランダウアー マリサ・ベレンソン 鳥居恵子
フリッツ・ヴェンデル フリッツ・ヴェッパー
ボビー ゲルト・ヴェスパーマン

外部リンク[編集]