明日に向って撃て!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明日に向って撃て!
Butch Cassidy and the Sundance Kid
監督 ジョージ・ロイ・ヒル
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
製作 ジョン・フォアマン
製作総指揮 ポール・モナシュ
出演者 ポール・ニューマン
ロバート・レッドフォード
キャサリン・ロス
音楽 バート・バカラック
主題歌 B・J・トーマス
雨にぬれても
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ジョン・C・ハワード
製作会社 ニューマン/フォーマン・カンパニー
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年9月23日
日本の旗 1970年2月7日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,200万ドル(43億円)
次作 続・明日に向って撃て!
テンプレートを表示

明日に向って撃て!』(あすにむかってうて!、原題: Butch Cassidy and the Sundance Kid)は、1969年アメリカ映画アメリカン・ニューシネマの傑作の一つ。実在の銀行強盗ブッチ・キャシディサンダンス・キッドの物語。ラストシーンのストップモーションは映画史に残る屈指の名シーンとして有名である。日本での公開は1970年2月。2003年、この映画はアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

概要[編集]

当初はポール・ニューマンスティーブ・マックイーンが折半してゴールドマンから脚本を買い取り、ポール・ニューマンはサンダンス役で出演する予定だったがスティーブ・マックイーンが都合により降板。その後、ジョージ・ロイ・ヒル監督の薦めでポール・ニューマンはブッチ役となり、サンダンス役にはニューマンの妻の薦め(ニューマンによる述懐で諸説ある)で当時まだ無名であった ロバート・レッドフォードが起用された[1]

ストーリー[編集]

1890年代の西部。西部開拓も一段落して新時代の波が現れ始めた頃、名を馳せた荒くれ者ブッチ・キャシディ (ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド (ロバート・レッドフォード)は家畜を盗み銀行強盗を繰り返す二人組であった。ブッチは頭が良く機転の利く男で、いずれは金銀錫など鉱物資源に恵まれた南米ボリビアへ行く夢を描いていた。サンダンスは美男で名うての早撃ちであった。

別の二人組ニュースとハーヴェイの誘いで、ユニオン・パシフィック鉄道の列車から大金をせしめた。そして近くの町へ向かい、サンダンスは早速学校の先生をしているエッタ・プレイス (キャサリン・ロス)に会いに行き、二人はエッタとのつかの間の平和な日々を過ごす。ブッチはエッタと当時の新しい発明品であった自転車で遊ぶ[2]。やがてブッチとサンダンスが再び列車強盗をすると鉄道会社はついに、最強の刺客ピンカートン社を雇う。何とか逃げ切ることに成功する二人だったが、刺客たちは追撃をやめることはなく、ひたすら彼らを猛追する。

やがてブッチは決意してサンダンスとスペイン語が達者なエッタと一緒にニューヨークを経て南米ボリビアを目指した。しかしボリビアはブッチが考えたほど裕福な国ではなく貧しい国であった。二人は不慣れなスペイン語をエッタに教わりながら銀行強盗を重ねていくうちに、すっかりボリビアでも有名になってしまったのだが、やがて足を洗い錫山のマネージャーのパーシー・ギャリスに雇われて給料袋のガードマンとなった。

ところが給料袋を運んでいる時に山賊に奪われてギャリスは殺されてしまう。二人は山賊を襲い給料袋を取り返した。その後二人はエッタに牧場経営を勧められたがブッチもサンダンスも気乗りはせず、エッタは途中で別の道を歩む決心をし、アメリカに戻ってしまう。

二人は元の強盗を働くお尋ね者になっていた。アルパコ鉱山の給料袋を奪い、騾馬に積んでサン・ビンセンテの村へ行き、宿屋の庭で食事をしていた。宿屋の少年は騾馬にアルパコ鉱山の焼き印がしてあるのを発見し警察に通報し、やがて駆けつけた警察隊の射撃にブッチとサンダンスは宿屋に追い詰められてしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
LD フジテレビ スター・チャンネル 機内上映版
ブッチ・キャシディ ポール・ニューマン 羽佐間道夫 近藤洋介 石川禅 川合伸旺
サンダンス・キッド ロバート・レッドフォード 広川太一郎 久富惟晴 東地宏樹 野沢那智
エッタ・プレイス キャサリン・ロス 鈴木弘子 二宮さよ子 弓場沙織
パーシー・ギャリス ストローザー・マーティン 槐柳二 滝口順平 緒方賢一
ブレッドソー保安官 ジェフ・コーリー 及川ヒロオ 大木民夫
ウッドコック ジョージ・ファース 青野武
アグネス クロリス・リーチマン 弥永和子
ハーヴェイ・ローガン テッド・キャシディ 小林清志 湯浅実
ニュース・カーヴァー ティモシー・スコット 寺島幹夫
鼻ぺちゃカーリー チャールズ・ディアコップ 増岡弘
マーシャル ケネス・マース
メイコン ドネリー・ローズ
その他吹き替え:加藤精三千葉耕一納谷六郎
その他吹き替え:光枝明彦京田尚子仲木隆司
  • スター・チャンネル版:2013年8月2日に初放送。
その他吹き替え:宮内敦士

スタッフ[編集]

アート・クルイックシャンク Art Cruickshank
リチャード・C・マイヤー Richard C. Meyer 
  • 衣装デザイン:エディス・ヘッドEdith Head
  • 音響:デヴィッド・ドッケンドルフ David Dockendorf
ウィリアム・エドモンソン William Edmondson

主題歌[編集]

ビルボード誌では1970年1月3日に、週間ランキング第1位を獲得。同誌1970年の年間ランキングでも第1位。

受賞歴[編集]

アカデミー撮影賞:コンラッド・L・ホール
アカデミー脚本賞:ウィリアム・ゴールドマン
アカデミー作曲賞:バート・バカラック
アカデミー主題歌賞:『雨にぬれても』
作品賞監督賞音響賞にもノミネートされた。)
音楽賞:バート・バカラック
作品賞:『明日に向って撃て!』
主演男優賞:
ポール・ニューマン
ロバート・レッドフォード
主演女優賞:キャサリン・ロス
監督賞:ジョージ・ロイ・ヒル
脚本賞:ウィリアム・ゴールドマン
作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞):バート・バカラック
撮影賞:コンラッド・L・ホール
編集賞:ジョン・C・ ハワード
リチャード・C・マイヤー
音響賞:ドン・ホール
デヴィッド・ドッケンドルフ
ウィリアム・エドモンソン
最優秀映画/テレビ作曲賞:バート・バカラック

ブッチ・キャシディ&サンダンス・キッド[編集]

以下の記述は、1960年代に史実を調査して、この映画の脚本を8年がかりで書き上げたウィリアム・ゴールドマンがまとめたこの映画のヒーローとヒロインの三人の実在の記録として初公開時のパンフレットに掲載されたものである。しかしその後の調査で違う内容も散見されて一部は不正確でもある。今日ではボリビアでの死亡に至る経過も必ずしもこの映画の通りでなく(起こったのは1911年ではなく、1909年である)、また死体が二人のものとは当時確認されておらず生存説もあるが、少なくとも脚本家ウィリアム・ゴールドマンが調べた結果から、この作品を書いたことは確かである。

  • ブッチ・キャシディは、本名ロバート[3]・ルロイ・パーカー。1866年生まれ。祖父の代からの牧童ぐらしであったという。マイク・キャシディという当時有名な無法者を師と仰ぎ[4]、その名をとってCassidyと名乗り、Butcher(屠殺者)からButchとあだ名された。29歳の時にロッキー山脈の隠れ家で無法者を集めて銀行襲撃などを繰り返した。この無法者集団を「ワイルドバンチ」と呼ばれて、西部史上最後の無法集団とも、最大の集団ともいわれている。この集団の中に参加した者には、キッド・カリー、エルザ・レイ、ベン・キルパトリック、ハリー・トレッシー、そしてサンダンス・キッドがいた。ただブッチは最も多くの人に愛された個性の持ち主とされて、実際に人を射ち殺したのは、人生最後のボリビアでの警察隊に包囲された時に生まれて初めてだったとも言われている。
  • サンダンス・キッドは、本名ハリー・ロングボー。ハンサムでお洒落で早射ちの名手で、しかも向こう見ずの男であったと言われている。エッタの恋人でもあったことまでは史実だが、それ以外はブッチ・キャシディほど詳しくは明らかでない。
  • 二人が20世紀に入った頃に南米に行き、映画ではすぐにボリビアに行っているが、史実ではまずアルゼンチンに行き、ここで列車強盗を働いている。人生の幕を閉じたのはボリビアで映画のラストがそれを描いている。時に1911年で第1次大戦がはじまる3年前のことであった。
  • エッタ・プレイスは本名で、生年月日、出生地はともに不明。デンバーで学校教師をしていた。ワイルドバンチの中にはこの他にも女性がいたが、彼女が一番美しく、また残されたポートレートを見ると洗練されたレディだったとも言われている。しかも乗馬がうまく、コルトとウインチェスター銃の扱い方もうまかったということでカラミティ・ジェーンばりの西部のバラであった。二人と別れた後の彼女の消息は誰も分からない。
  • ブッチ、サンダンス、エッタもいた「ワイルドバンチ」は、この映画とほぼ同時期に製作されたサム・ペキンパー監督でウイリアム・ホールデン主演のワイルドバンチで描かれている。しかし映画ワイルドバンチは二人がボリビアで死んだ後の1913年からのお話になっている。

オマージュ[編集]

出典[編集]

  1. ^ DVD特典インタビューより
  2. ^ 雨にぬれても もが映画の中で流れるのはこのシーンである。
  3. ^ ジョージ説もある。
  4. ^ 師匠としてその配下にいたのか、それとも憧れただけで実際会っていない仲なのかは不明である。
  5. ^ 保科幸雄「高鳴る!冒険者たちのメロディ 燃える夢喰い男・千葉真一」 (パンフレット) 、『冒険者 (アドベンチャー) カミカゼ』、東映株式会社映像事業部、1981年11月7日、 4 - 5頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]