コンラッド・L・ホール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンラッド・L・ホール
Conrad L. Hall
本名 Conrad Lafcadio Hall
生年月日 1926年6月21日
没年月日 2003年1月4日(満76歳没)
出生地 フランス領ポリネシアの旗 フランス領ポリネシア タヒチ島パペーテ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンタモニカ
職業 撮影監督
配偶者 キャサリン・ロス(1969年 - 1975年)
著名な家族 ジェームズ・ノーマン・ホール(父親)
コンラッド・W・ホール(息子)

コンラッド・L・ホールConrad L. Hall, 1926年6月21日 - 2003年1月4日)はアメリカ合衆国の撮影監督。父親は作家のジェームズ・ノーマン・ホール。母親がタヒチ人の血を引いていたため、タヒチで生まれている。息子は同じく撮影監督のコンラッド・W・ホール。

略歴[編集]

南カリフォルニア大学でジャーナリズムを学んでいたが進路変更し、映画製作を学ぶ。1949年に卒業と同時に映画製作会社を設立し、産業映画やドキュメンタリー、コマーシャルなどを手がけた。1960年代初めにハリウッドに渡り、オペレーターを経て撮影監督として活動を開始した。

ハリウッド移籍当初は『アウター・リミッツ』などのテレビドラマやドキュメンタリー作品を手がけるが、1965年には劇映画の世界に進出、『モリツリ』ではアカデミー撮影賞にノミネートされた。

ハリウッドで確立されていた絵画的な格式を持つ画面構成に、ドキュメンタリーなどで培ったリアリズム的な照明を巧みに組み合わせた撮影技法に特徴がある。当時発達しつつあった映画フィルムの可能性を追求した映像表現は話題を呼び、リチャード・ブルックスジョージ・ロイ・ヒルといった新世代の若手監督にこぞって起用され、『冷血』、『暴力脱獄』、『プロフェッショナル』などの話題作を担当した。これ以降アカデミー賞ノミネートの常連となり、1969年の『明日に向って撃て!』ではアカデミー撮影賞を受賞した。

その後も第一線で活動を続け、ハリウッド内部で絶賛された『イナゴの日』や、ノーマン・ロックウェルの世界をそのままに表現し話題となった『ボビー・フィッシャーを探して』などの撮影監督を担当した。ベテランから新人監督の作品に参加し、素晴らしい映像美を提供、数度のアカデミー賞ノミネートを初め数々の栄誉に輝いた。

晩年には1999年のサム・メンデス監督による『アメリカン・ビューティー』と、2002年の『ロード・トゥ・パーディション』の2本でそれぞれアカデミー撮影賞を受賞した。後者は史上最高齢受賞となった。2003年の死去後に行われた授賞式では、息子のコンラッド・W・ホールが代わりにオスカーを受け取った。

主な撮影作品[編集]

外部リンク[編集]