アウター・リミッツ (1963年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウター・リミッツ』(The Outer Limits)は、アメリカ合衆国SFテレビドラマ海外ドラマ)。ABCテレビで1963年9月15日から1965年1月16日まで放送された。2シーズン・全49回。モノクロ作品。

エイリアン、UFO、モンスター、超能力者、超常現象を1話完結のストーリーで描き、アメリカでは『トワイライト・ゾーン』と並ぶ、1960年代を代表するSFテレビドラマの名作として、現在でも人気が高く、円谷プロダクションの『ウルトラQ』等に大きな影響を与えた。日本では、1964年に第1シーズンが放映。1966年には『ウルトラゾーン』のタイトルで第2シーズンが放映された。

ジェームズ・キャメロンの出世作『ターミネーター』が公開された際、「38世紀から来た男」「ガラスの手を持つ男」を盗作したものであるとして、脚本を担当したハーラン・エリスンが訴訟を起こし、勝訴。このため、『ターミネーター』のエンドクレジットにエリスンの名前が出ることとなった[1]

1995年には、リメイク版『新・アウター・リミッツ』(en:The Outer Limits (1995 TV series))が制作された。

主なキャスト[編集]


スタッフ[編集]

主な監督[編集]

主な脚本家[編集]

放映リスト[編集]

  • ()括弧内は通算放送回
放送回 題名 原題
第1シーズン(1st Season/1963-1964)
1(1) 宇宙人現わる The Galaxy Being
2(2) もう一人の自分 The Hundred Days of the Dragon
3(3) ゆがめられた世界統一 The Architects of Fear
4(4) 人間電池 The Man with the Power
5(5) 狂った進化 The Sixth Finger
6(6) 生まれて来なかった男 The Man Who Was Never Born
7(7) 地球は狙われている O.B.I.T.
8(8) 脳交換 The Human Factor
9(9) 宇宙ビールスの侵入 Corpus Earthling
10(10) 悪夢 Nightmare
11(11) 人喰い雲 It Crawled Out of the Woodwork
12(12) 二次元の世界へ The Borderland
13(13) 太古の魚 Tourist Attraction
14(14) 蟻人(アントメン)の恐怖 The Zanti Misfits
15(15) クロモ星人 The Mice
16(16) 火星人の実験 Controlled Experiment
17(17) 破滅の箱 Don't Open Till Doomsday
18(18) 昆虫美人 ZZZZZ
19(19) 肉体の侵略 The Invisibles
20(20) 宇宙へのかけ橋 The Bellero Shield
21(21) 宇宙人の落とし子 The Children of Spider County
22(22) 宇宙植物 Specimen: Unknown
23(23) 遊星衝突の危機 Second Chance
24(24) 月への亡命 Moonstone
25(25) 第二の地球を求めて The Mutant
26(26) 二階にいる生物 The Guests
27(27) 宇宙の決闘 Fun and Games
28(28) 宇宙洗脳 The Special One
29(29) ルミノス星人の陰謀 A Feasibility Study
30(30) 大爆発 Production and Decay of Strange Particles
31(31) 人間カメレオン The Chameleon
32(32) 死体蘇生器 The Forms of Things Unknown
第2シーズン(2nd Season/1964-1965)
1(33) 38世紀から来た兵士 Soldier
2(34) 宇宙に散った白血球 Cold Hands, Warm Heart
3(35) 二次元からの訪問者 Behold, Eck!
4(36) ウルトラ人間 Expanding Human
5(37) ガラスの手を持つ男 Demon with a Glass Hand
6(38) 沈黙の叫び Cry of Silence
7(39) 火星!その恐るべき敵 The Invisible Enemy
8(40) 人工惑星ウルフ Wolf 359
9(41) ロボット法廷に立つ I, Robot
10(42) 見知らぬ宇宙の相続人(前編) The Inheritors: Part I
11(43) 見知らぬ宇宙の相続人(後編) The Inheritors: Part II
12(44) 宇宙からの使者 Keeper of the Purple Twilight
13(45) 宇宙怪獣メガソイド The Duplicate Man
14(46) アンテオン遊星への道 Counterweight
15(47) バーム大佐の脳細胞 The Brain of Colonel Barham
16(48) 10秒間の未来 The Premonition
17(49) 宇宙通信SOS The Probe

小説[編集]

アンソロジー『地球の静止する日』(角川文庫版2008年刊)に以下の原作短編が収録された。

尚、ブラウンの『闘技場』は原作としてクレジットされていないが、当時から類似が指摘されており、脚本家が小説の存在を知っていたらしいことから、現在では原作として扱われている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 角川文庫版『地球の静止する日』解説

外部リンク[編集]