グライド・イン・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グライド・イン・ブルー
Electra Glide In Blue
監督 ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ
脚本 ロバート・ボリス
原作 ルパート・ヒッツィグ
ロバート・ボリス
製作 ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ
音楽 ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ジェラルド・B・グリーンバーグ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年8月19日
日本の旗 1974年1月5日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

グライド・イン・ブルー』(原題: Electra Glide In Blue)は、1973年製作のアメリカ映画。監督は、ロックバンド・シカゴのプロデューサーのジェームズ・ウィリアム・ガルシオ。モニュメント・バレーを舞台に、夢破れた男たちの孤独、挫折、哀愁を描く。

原題の”エレクトラ・グライド”とは、ハーレーダビッドソンの最新型(当時)の車名。

粗筋[編集]

荒涼とした砂漠の片田舎で、殺人課の刑事になる事を夢見ながらも、何もないハイウェイを取り締まる白バイ警官。 ついに夢実現の第一歩を踏み出すが、そこには病める大国アメリカの絶望的な現実が待っていた。

スタッフ[編集]

  • 監督・製作・音楽:ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ
  • 音楽指揮:ジミー・ハスケル
  • 原作:ルパート・ヒッツィグ/ロバート・ボリス
  • 脚本:ロバート・ボリス

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・ウィンターグリーン ロバート・ブレイク 樋浦勉
ジッパー ビリー・グリーン・ブッシュ 羽佐間道夫
ハーブ刑事 ミッチェル・ライアン 小林勝彦
ウィリー エライシャ・クック 槐柳二
ジョリーン ジャニーヌ・ライリー 森田育代
ボブ・ゼムコ ピーター・セテラ 西村知道
キラー テリー・キャス 笹岡繁蔵

外部リンク[編集]