ジェームズ・ウォン・ハウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ウォン・ハウ
James Wong Howe
生年月日 1899年8月28日
没年月日 1976年7月12日(満76歳没)
出生地 清の旗 広東省台山市
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ハリウッド

ジェームズ・ウォン・ハウ(James Wong Howe, 黃宗霑, 1899年8月28日 - 1976年7月12日)は中国で生まれ、ハリウッドで活躍した撮影監督。サイレント時代から活躍し、130本以上の映画撮影を手がけた。1955年の『バラの刺青』と1962年の『ハッド』でアカデミー撮影賞を受賞。

台山市に生まれるが、生まれた年に家族でアメリカに移住しワシントンD.C.で育つ。若い頃はボクサー志望であったが、ロサンゼルスに移った後にさまざまな仕事に就き、ある映画スタジオに働き口を見つけ、セシル・B・デミル監督の元で働くようになり、ヘンリー・小谷から撮影の全てを学んだ[1]

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の個人映画作家 2 大林宣彦』映像文化罪保護委員会、1975年、97頁

外部リンク[編集]