第72回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第72回アカデミー賞は、2000年3月26日に発表・授賞式が行われた。司会は7度目となるビリー・クリスタル

受賞結果一覧[編集]

概要[編集]

2000年に開催されたアカデミー賞では、授賞式の18日前に、55体のオスカー像が盗まれるという事態が起こった。授賞式前に52体がロサンゼルス市内の食料品店のゴミ箱で見つかったが、アカデミーはすでに別のオスカーを用意した後であった。

部門に関して、1995年からドラマ部門とコメディ・ミュージカル部門に分かれていた作曲賞が1つになった。

式典[編集]

72回目となったアカデミー賞は、これまでで一番費用のかかった式典となった。また、式典自体が4時間を超え、これまでで一番長いものとなった。結局、8部門にノミネートされていたサム・メンデスの『アメリカン・ビューティー』が、作品賞、監督賞、主演男優賞など5部門を受賞。

司会のピリー・クリスタルは、『サイコ』『スパルタカス』『シックス・センス』『グリーンマイル』『ゴッド・ファーザー』『インサイダー』『アメリカン・ビューティー』『サイダー・ハウス・ルール』といった作品のパロディ映像で観客を楽しませた。

その他、『サウス・パーク』のクリエイターであるトレイ・パーカーマット・ストーンが、それぞれ前回のオスカーでグウィネス・パルトローが着たピンク色のドレスと、前年のグラミー賞ジェニファー・ロペスが着たシースルーの緑色のドレスを着て現れ、話題となった。

In Memoriam[編集]

1999年に亡くなった映画関係者を偲ぶIn Memoriamのプレゼンターはエドワード・ノートンが務め、俳優のシルヴィア・シドニージム・ヴァーニールース・ローマンデスモンド・リュウェリンヘディ・ラマーヴィクター・マチュアオリヴァー・リードダーク・ボガードリラ・ケドロヴァマデリーン・カーンジョージ・C・スコット、監督のロベール・ブレッソンロジェ・ヴァディムエドワード・ドミトリク、脚本家のマリオ・プーゾガーソン・ケニンらの功績を称えた。しかし、この中にデフォレスト・ケリーが入っていなかったため、後にスタートレック・ファンが抗議した。[1]

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞である。また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。

作品賞[編集]

監督賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

脚本賞[編集]

脚色賞[編集]

撮影賞[編集]

編集賞[編集]

美術賞[編集]

衣装デザイン賞[編集]

メイクアップ賞[編集]

作曲賞[編集]

歌曲賞[編集]

録音賞[編集]

音響編集賞[編集]

視覚効果賞[編集]

外国語映画賞[編集]

長編ドキュメンタリー映画賞[編集]

短編ドキュメンタリー映画賞[編集]

  • Eyewitness – バート・ヴァン・ブロック
  • King Gimp – ウィリアム・A・ホワイトフォード
  • The Wildest Show in the South: The Angola Prison Rodeo – ジョナサン・スタック、Simeon Soffer

短編アニメ映画賞[編集]

短編実写映画賞[編集]

  • Bror, min bror - Henrik Ruben Genz、Michael W. Horsten
  • Killing Joe - メヒディ・ノロウジアン、スティーヴ・ワックス
  • Kleingeld - Marc-Andreas Bochert、Gabriele Lins
  • Major and Minor Miracles – モーリス・オルソン
  • My Mother Dreams the Satan's Disciples in New York - Barbara Schock

脚注[編集]

  1. ^ [1]