クロエ・セヴィニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロエ・セヴィニー
Chloë Sevigny
クロエ・セヴィニーChloë Sevigny
(2010年)
本名 Chloë Stevens Sevigny
生年月日 1974年11月18日(40歳)
出生地 マサチューセッツ州スプリングフィールド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優・ファッションデザイナー
活動期間 1995年 -

クロエ・スティーヴンス・セヴィニーChloë Stevens Sevigny1974年11月18日 - )は、アメリカ合衆国女優ファッションデザイナー、元ファッションモデル

来歴[編集]

生い立ち[編集]

マサチューセッツ州スプリングフィールドで生まれ、コネチカット州ダリアンで育つ。父親のH・デヴィッド・セヴィニーはフランス系カナダ人だが1996年に亡くなった[1]。母親のジャニー(旧姓マリノウスキ)はルクセンブルク育ちのポーランド系アメリカ人[2]。兄のポールはDJをしている[3]

170cmの身長を生かしブルックリンモデルをしたり、インターンとしてファッション雑誌の編集をしていた

キャリア[編集]

1995年に当時の恋人ハーモニー・コリン脚本を書いた『KIDS/キッズ』で女優としてデビュー。インディペンデント映画を中心に活動している。

デザイナーとして映画『ガンモ』の衣装デザインに関わった。

1999年公開の『ボーイズ・ドント・クライ』ではアカデミー助演女優賞の候補となり、全米映画批評家協会賞助演女優賞やロサンゼルス映画批評家協会賞助演女優賞を受賞した。

2006年放送開始のテレビシリーズ『ビッグ・ラブ』に出演し、2010年のゴールデングローブ賞助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞した。

プライベート[編集]

イギリスのミュージシャンであるジャーヴィス・コッカーや、ロックバンド「A.R.E.ウェポンズ」のマット・マコーレーと交際していたことがある[4]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 KIDS/キッズ
Kids
ジェニー
1996 トゥリーズ・ラウンジ
Trees Lounge
デビー
1997 ガンモ
Gummo
ドット
1998 ラスト・デイズ・オブ・ディスコ
Last Day of Disco
アリス
1999 ボーイズ・ドント・クライ
Boys Don't Cry
ラナ インデペンデント・スピリット賞 助演女優賞 受賞
全米映画批評家協会賞助演女優賞 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞助演女優賞 受賞
1999 ジュリアン
Julien Donkey-Boy
パール
マップ・オブ・ザ・ワールド
A Map of the World
キャロル・マッカシー
2000 アメリカン・サイコ
American Psycho
ジェーン
ウーマン・ラブ・ウーマン
If These Walls Could Talk 2
エミー
2002 10ミニッツ・オールダー 人生のメビウス
Ten Minutes Older: The Trumpet
DEMONLOVER デーモンラヴァー
Demonlover
エリース
2003 パーティ★モンスター
Party Monster
ギッツィ
ドッグヴィル
Dogville
リズ・ヘンソン
ブラウン・バニー
The Brown Bunny
デイジー
ニュースの天才
Shattered Glass
ケイトリン・アヴィー
2004 メリンダとメリンダ
Melinda and Melinda
ローレル
2005 マンダレイ
Manderlay
フィロメナ
ブロークン・フラワーズ
Broken Flowers
カルメンのアシスタント
ミセス・ハリスの犯罪
Mrs. Harris
リン テレビ映画
ルーシー・リューの「3本の針」
3 Needles
クララ
2006 シスターズ
Sisters
グレース・コリエ
2007 ゾディアック
Zodiac
メラニー
2009 実験室KR-13
The Killing Room
エミリー
狂気の行方
My Son, My Son, What Have Ye Done
イングリッド
2013 ラヴレース
Lovelace
レベッカ

テレビ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2004 ふたりは友達? ウィル&グレイス
Will & Grace
1エピソードに出演
2006-2010 ビッグ・ラブ
Big Love
ニコレット ゴールデングローブ賞助演女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) 受賞

PV[編集]

その他[編集]

  • 日本では2000年森下仁丹より発売された「プチグミ」のテレビCMに出演したことがある。

参照[編集]

  1. ^ Chloe Sevigny Biography (1974–)”. Film Reference. 2009年4月17日閲覧。
  2. ^ Chloë Sevigny (II) Biography”. Yahoo! Movies. 2010年3月2日閲覧。
  3. ^ A&M Entertainment: Paul Sevigny”. A&M Entertainment. 2010年3月15日閲覧。
  4. ^ Brinton, Jessica (2009年5月17日). “Chloë Sevigny, the queen of cool”. London: Times Online (UK). http://women.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/women/fashion/article6280331.ece 2009年10月7日閲覧。 

外部リンク[編集]