マンダレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マンダレイ
Manderlay
監督 ラース・フォン・トリアー
脚本 ラース・フォン・トリアー
製作 ヴィベク・ウィンドレフ
製作総指揮 ペーター・アールベーク・イェンセン
レネ・ボルグルム
出演者 ブライス・ダラス・ハワード
ウィレム・デフォー
音楽 ヨアキム・ホルベック
撮影 アンソニー・ドッド・マントル
配給 ギャガ
公開 デンマークの旗 2005年6月3日
日本の旗 2006年3月11日
上映時間 139分
製作国 デンマークの旗 デンマーク
スウェーデンの旗 スウェーデン
オランダの旗 オランダ
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗 イギリス
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
製作費 $14,200,000
興行収入 $547,479
前作 ドッグヴィル
テンプレートを表示

マンダレイ』(Manderlay)は2005年デンマーク他6カ国の出資で製作された映画。ラース・フォン・トリアー監督・脚本による「アメリカ合衆国 - 機会の土地」三部作の2作目。主演はブライス・ダラス・ハワード

観念的な「多数決主義」や「自由主義」を力づくで押し付けることや、人間を類型に当てはめようとすることの愚かしさを描く。

2005年のカンヌ国際映画祭コンペティションに、トリアーの監督作としては通算7本目のノミネートを果たした。

ストーリー[編集]

舞台は1933年アラバマ州。縄張りを失って旅をしていたグレース(ハワード)たちギャング団は大農場マンダレイの前で黒人の女に呼び止められる。そこでは依然として奴隷制度同様の搾取が横行し、今まさに「使用人」の一人ティモシー(バンコレ)がむち打たれようとしていた。グレースが銃の力で割り込むと農場の女主人(バコール)は息絶えてしまう。命令するものを失って途方にくれる黒人の使用人たちをみてグレースは、マンダレイを民主的で自由な共同体につくりかえる決心をする。

キャスト[編集]

作品解説[編集]

前作『ドッグヴィル』に引き続き、床に枠線や説明の文字を描き建物の一部をセットに配しただけの舞台[1]ジョン・ハートによる詳細なナレーションなどの実験的な手法で作られている。

配役[編集]

主演(グレース役)がニコール・キッドマンからブライス・ダラス・ハワードに変わった。前作で脇役を演じた数人の俳優が別の役で再出演している。

脚注[編集]

  1. ^ セットの作り込みはより大掛かりなものになった。

外部リンク[編集]