KIDS/キッズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KIDS/キッズ』(Kids)は、1995年アメリカ映画

ストリート・ギャングまがいの生活を送るストリート・キッズたちの生態を描く問題作。またクロエ・セヴィニーの出世作でもあり、以後注目される女優になった。

内容[編集]

処女とセックスすることだけが生きがいのテリーと頭のおかしな相棒のキャスパーの少年二人、テリーとのセックスで処女を奪われ、HIVに感染した少女ジェニーを中心として、ストリートキッズの堕落した一日を描いたドキュメンタリー的映画。少年二人を演じるのはどちらもスケボー少年だったレオ・フィッツパトリック(後に映画『BULLY ブリー』やTVドラマの『キル・ポイント』などに出演する)とジャスティン・ピアーズ(現在は故人)、少女を演じたのは当時脚本のハーモニー・コリンの恋人関係にいたクロエ・セヴィニーであった。その他、クロエと同様女優として活躍するロザリオ・ドーソンや『最終絶叫計画』のジョン・アブラハムズ、コカインのオーバードースで命を落としたプロスケートボーダー、ハロルド・ハンターなども出演している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]