ミュージック・オブ・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュージック・オブ・ハート
Music of the Heart
監督 ウェス・クレイヴン
脚本 パメラ・グレイ
製作 スーザン・カプラン
マリアンヌ・マッダレーナ
アラン・ミラー
製作総指揮 エイミー・スロトニック
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 メリル・ストリープ
アンジェラ・バセット
グロリア・エステファン
エイダン・クイン
音楽 メイソン・ダーリング
撮影 ピーター・デミング
編集 パトリック・ラッシャー
グレッグ・フェザーマン
製作会社 クレイヴン・マッダレーナ・フィルムズ
ミラマックス
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年10月29日
日本の旗 2000年9月9日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $27,000,000[1]
興行収入 $14,859,394[1]
テンプレートを表示

ミュージック・オブ・ハート』(Music of the Heart)は1999年公開のアメリカ映画である。実話を元にしており、メリル・ストリープが演じたロベルタ・ガスパーリも実在の人物である。

主人公が荒れた小学校の臨時教師となり、音楽による子供たちとの交流によりお互いに成長していく姿を描いた作品。


ストーリー[編集]

ロベルタはかつてヴァイオリンに情熱を燃やしていた主婦。軍人の夫と結婚して子供を二人設けるが、夫は不倫をして出て行ってしまった。就職口を探していたところ偶然昔の知り合いのブライアンに出会い、彼の紹介によりニューヨークハーレムの荒れた学校にヴァイオリンの臨時教師として就職する。

当初は荒れた子供達に悪戦苦闘するものの徐々に子供達もヴァイオリンを楽しむようになる。

演奏会を開き結果は大成功、校長や親達から絶賛される。教育を通じロベルタも自立した強い女性へと成長する。

それから10年間、ロベルタの授業は続いていたが、市の予算の都合でロベルタは解雇勧告されロベルタのクラスが閉鎖されることになった。ロベルタはクラスを存続させるためチャリティーコンサートを開くことを決意。一流のヴァイオリニストなど様々な賛同者の協力を得てカーネギー・ホールでのコンサートを成功させる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替 備考
ロベルタ・ガスパーリ メリル・ストリープ 塩田朋子
ジャネット・ウィリアムズ校長 アンジェラ・バセット 杉村理加 ロベルタの理解者。
イザベル・ヴァスケス グロリア・エステファン 山像かおり ヴァイオリン・クラスを手伝う女性。
高校生の娘がかつてヴァイオリン・クラスの生徒だった。
ブライアン・ターナー エイダン・クイン 原康義 ロベルタの旧友。ウィリアムズ校長にロベルタを紹介する。
ニック マイケル・アンガラノ(7歳)
チャーリー・ホフハイマー(17歳)
ロベルタの長男。両親の離婚で母親に反抗的な態度を取ったこともあった。
チェロを弾くようになる。
レキシー ヘンリー・ディンホーファー(5歳)
キーラン・カルキン(15歳)
高山みなみ ロベルタの次男。
ピアノを弾くようになる。
ドロテア・フォン・ハフテン ジェイン・リーヴズ カメラマン。有名ヴァイオリニストアーノルド・スタインハートの妻。
アスンタ・ガスパーリ クロリス・リーチマン 麻生美代子 ロベルタの母。
ダン・パクストン ジェイ・O・サンダース ロベルタの見合い相手。マスコミ科教授。
デニス・ラウシュ ジョシュ・ペス 音楽教師。

作品解説[編集]

メリル・ストリープは役作りのためにヴァイオリンの猛特訓を行い、本番もJ.S.バッハヴァイオリン協奏曲などを自分で演奏している。

アイザック・スターンアーノルド・スタインハートイツァーク・パールマンマーク・オコーナージョシュア・ベルなどの著名な演奏家が本人として登場している。

最後の演奏シーンはカーネギー・ホールで収録された。

ロベルタの授業方法は鈴木鎮一が考案したスズキ・メソードに基づいており、劇中使用される練習曲はそれぞれ鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集各巻に依っている。「どんな子供でもきちんと教えれば、必ずヴァイオリンを弾けるようになる」という台詞も、鈴木鎮一の教育理念そのままである。なお、劇中本人役で登場するジョシュア・ベルは、アメリカにおけるスズキ・メソード出身者のひとり。

受賞・ノミネート[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Music of the Heart (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]