ハーレム (ニューヨーク市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Harlem
—  マンハッタンの近隣住区  —
125丁目にあるアポロ・シアター(2006年11月)
愛称:"ブラック・メッカ", "ヘヴン"
標語:"Making It!"
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of New York.svg ニューヨーク
Flag of New York City.svg ニューヨーク
Flag of New York City.svg ニューヨーク
設立 1658年
命名 Flag Haarlem.svg オランダ, ハールレム
面積[1]
 - 計 3.871mi2 (10km2)
人口 (2000)[2][3][4]
 - 計 335,109人
 - 人口密度 86,569.1人/mi² (33,424.5人/km²)
経済
 - 平均家計収入
ZIPコード 10026, 10027, 10029, 10030, 10031, 10035, 10037, 10039
局番 212, 917, 646

ハーレム (Harlem) は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン北部に位置する地区である。ここは、アフリカ系アメリカ人の文化とビジネスの中心地となっている。かつてはオランダ系移民の住居地だった。

名前の由来はトルコ語のハーレムとは関係なく、オランダの都市ハールレムにちなんでオランダ移民によって名付けられたと言われる。

ハーレム地区の観光地。

歴史[編集]

ヨーロッパ人入植者が移住してくる以前は、現在のハーレム・エリアにはManhattans (Manhattos) と呼ばれる部族などのネイティブ・アメリカン部族が住んでいた。おそらく彼らのほとんどはレナペ族[5]、半遊牧民的な生活を営んでいた。ハーレムの平地では何百人もの人々が農作をしていた[6]。1937-1639年には、ヨーロッパ人による最初の入植が確立された。1637年に、最初のヨーロッパ人(オランダ人移民のHendrick (Henry) de Forest, Isaac de Forest、およびRachel de Forest)がこの地区に住み着いた[7]。1639年にはen:Jochem Pietersen KuyterZedendaalまたはBlessed Valleyと呼ばれる農園を、ハーレム川沿いの現在の127丁目から140丁目の間に開拓した[8][9]。初期の入植者は先住民との対立のためマンハッタン島南部のニューアムステルダムの市街地内に避難することを余儀なくされていたが[10]、オランダ人の入植が進むにつれ先住民は徐々にマンハッタン島から姿を消していった[7]。ハーレム・エリアの集落はオランダの町ハールレムにちなんでニュー・ハーレム(蘭:Nieuw Haarlem、英:New Haarlem)と名付けられ、1658年に正式な村として組織された[11][12]。これはピーター・ストイフェサントの下に行われた[13]。ハーレムの豊かな牧草地に通じるインディアンの小径はオランダ西インド会社の黒人労働者により拡張され[14]、後のボストン郵便道路 (en) となる。

1664年に、イギリスがニューネーデルランドの支配権を取得し、ニューヨーク植民地総督リチャード・ニコルズはニュー・ハーレム(後のハーレム村, village of Harlem)の南端の境界線として現在のイースト川と74丁目の位置から西に伸びる"Harlem Line"を定めた[15][16][17][18]。イギリスはこの地区の名前を"ランカスター" (Lancaster) に変更しようと目論んだが定着せず[19]、最終的にはオランダ語のHaarlemが英語化してHarlemという現在の名称に落ち着いた。オランダは1673年に一年だけニューヨークの支配権を取り戻している[20]。ハーレム村はゆっくりと発展し、18世紀半ば頃にはニューヨーク市の裕福な人たちの保養地となった[21]。この当時の建物はモリス=ジュメル・マンション (en) しか現存していない。

アメリカ独立戦争中、イギリス軍はハーレムの村を焼け野原にした[22]。1776年10月16日、ウエスト・ハーレム/モーニングサイド・ハイツではハーレムハイツの戦いが起こった。その後、18世紀中はマンハッタン島南部の開発と比べてハーレム地区の再建はなかなか進まなかった[23]。19世紀に入り、この地区は未だニューヨーク市の田舎であったが、1811年委員会計画によって、グリッド・プランによる都市開発計画が策定された。南北戦争が終わると、1868年からハーレムには好景気の波が訪れた。この時期に、貧しいユダヤ系移民やイタリア系移民の人口が急速に増えた[24]メトロ・ノース鉄道(元々はニューヨーク・アンド・ハーレム鉄道[25]都市間高速鉄道および高架鉄道[26]によって、ハーレムとロウアー・マンハッタンおよびミッドタウンが公共交通網で結ばれたことが、ハーレムの発展を加速した。

その後、20世紀に入り、アフリカ系アメリカ人の大移動の流れが起こり、多くのアフリカ系アメリカ人がハーレムにやってくるようになった。こうして、1920年代のハーレム・ルネサンスに象徴される黒人文化が長く花開いた。しかし、世界恐慌および第二次世界大戦後のニューヨーク市の空洞化によって、ハーレムは不景気に見舞われた。貧困から犯罪放火窃盗など)に走る者も少なからずいた。しかしながら、1990年代には徹底的な治安改善政策により環境が急速に改善され、この地区にも高級化の流れがやってくるようになった。21世紀に入り、街の再開発も進み、文化と経済のネオ・ハーレム・ルネサンス期に入りつつある。

作家E・ファックスは、ハーレムについて、こう紹介している。

ハーレム、それはアメリカ中の黒人の憧れだった。ハーレムに行けばもう何も恐れることはない!途方もない自由が約束されている・・・!私はそう聞かされて育った。初めてハーレムに着いた時のことは今でも鮮明に覚えている。125番通りの7番街の交差点で、見上げるような大男の黒人の警察官が、交通整理をしていた。『この俺の手の指図が見えないとは言わせないぜ!』とでも言わんばかりだった。私は感動した。白人を思い通りに歩かせているのだから![27]

地理[編集]

文化的観点などから、ドミニカ人が住むウェスト・ハーレムやヒスパニックの多く住むイースト・ハーレムを、アフリカ系アメリカ人のセントラル・ハーレムとを区別し、アフリカ系アメリカ人が多く居住する地域のみをハーレムと呼ぶこともある。現在ハーレムの境界線は常に変動し続けている。

ウェスト・ハーレム[編集]

南端はカセドラル・パークウェイ110丁目)、北端は155丁目、西端はハドソン川、東端はマンハッタン/モーニングサイド/セント・ニコラス/Bradhurst/エッジコーム・アベニュー、西端はモーニングサイド・パークハドソン川である。このエリアの中心をブロードウェイが縦断している。138丁目にはニューヨーク市立大学シティカレッジがある。116丁目コロンビア大学はハーレムではなくモーニングサイド・ハイツに含まれる。145丁目からワシントンハイツにかけては全米最大のドミニカ人居住地となっている。

ハミルトン・ハイツシュガーヒルを含む)は、ウェスト・ハーレムの北に隣接するエリアである。

セントラル・ハーレム[編集]

南端はセントラル・パークの北の110丁目(セントラル・パーク・ノース)、北端はハーレム川、西端はモーニングサイド・パークセント・ニコラス・アベニューおよびエッジコーム・アベニュー (Edgecombe Avenue) 、東端は5番街である。東西に走る125丁目はハーレムのメインストリートで、アフリカ系アメリカ人が主に住んでいる。ハーレムの中では、ここが旅行者の主要な目的地となっている。

イースト・ハーレム[編集]

スパニッシュ・ハーレムとも呼ばれる。南端は東96丁目、北端は東142丁目、西端は5番街、東端はハーレム川である。プエルトリコ人などが主に居住している。

なお、ハーレムにはアフリカ系アメリカ人の著名な活動家・公民権運動家の名を冠したストリートや公園がいくつかある。

文化[編集]

125丁目には黒人音楽の殿堂アポロ・シアターがある。有名なMCDJを数多く輩出している地区でもある。また、ソウル・フードが有名で、シルビアズ・レストランなどがある。

観光[編集]

著名人の居住・出身[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Harlem neighborhood in New York”. 2010年12月16日閲覧。
  2. ^ Manhattan CD 10 Profile (PDF)”. 2014年5月28日閲覧。
  3. ^ Manhattan CD 9 Profile (PDF)”. 2014年5月28日閲覧。
  4. ^ Manhattan CD 11 Profile (PDF)”. 2014年5月28日閲覧。
  5. ^ Ellis, Edward Robb (1966). The Epic of New York City. Old Town Books. pp. 52. 
  6. ^ Gill, 2011, p. 6
  7. ^ a b Ellis, Edward Robb (1966). The Epic of New York City. Old Town Books. pp. 52. 
  8. ^ Riker, James (1904), Harlem: Its Origins and Early Annals, Elizabeth, New Jersey: New Harlem Publishing Company, http://books.google.nl/books?id=uAAmEO_WshUC&printsec=frontcover&dq=Harlem:+Its+Origins+and+Early+Annals&hl=nl&sa=X&ei=aTrhUNqmKsK80QXhxoCQCg&ved=0CDYQ6AEwAA#v=onepage&q=Harlem%3A%20Its%20Origins%20and%20Early%20Annalf=false 
  9. ^ “Harlem in the Old Times”. The New York Times. (1880年1月11日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=F40B1FF83A551B7A93C3A8178AD85F448884F9 2012年12月30日閲覧。 
  10. ^ Gill, 2011, p.18
  11. ^ Pierce, Carl Horton, et al. New Harlem Past and Present: the Story of an Amazing Civic Wrong, Now at Last to be Righted. New York: New Harlem Pub. Co., 1903.
  12. ^ Gill, 2011, p.33
  13. ^ "To Live In Harlem," Frank Hercules, National Geographic, February 1977, p. 178+
  14. ^ Introduction to Harlem USA, John Henrik Clarke, 1970.
  15. ^ Elliot Willensky and Fran Leadon (2010). AIA Guide to New York City. Oxford University Press. http://books.google.com/books?id=t0gj61QSgk8C&pg=PA521&dq=%2274th+street%22+harlem+british&hl=en&sa=X&ei=X95pUdv1DePi4APfvYHgCw&ved=0CDYQ6AEwAQ#v=onepage&q=%2274th%20street%22%20harlem%20british&f=false 2013年4月13日閲覧。. 
  16. ^ Eric K. Washington (2012). Manhattanville: Old Heart of West Harlem. Arcadia Publishing. http://books.google.com/books?id=_8Rds6AN-fYC&pg=PA7&dq=%2274th+street%22+harlem+british&hl=en&sa=X&ei=X95pUdv1DePi4APfvYHgCw&ved=0CDEQ6AEwAA#v=onepage&q=%2274th%20street%22%20harlem%20british&f=false 2013年4月13日閲覧。. 
  17. ^ James Renner (2007). Washington Heights, Inwood, and Marble Hill. Arcadia Publishing. http://books.google.com/books?id=OavdyyxSYcQC&pg=PA9&dq=%22East+74th%22&hl=en&sa=X&ei=kNRkUYiFMeOU0QH5wYBo&ved=0CDQQ6AEwATiYAg#v=onepage&q=%22East%2074th%22&f=false 2013年4月10日閲覧。. 
  18. ^ Mount Morris Bank Building”. Landmarks Preservation Committee (1993年1月5日). 2013年4月10日閲覧。
  19. ^ Gill, 2011, p.38
  20. ^ Gill, 2011, p. 46.
  21. ^ Gill, 2011, p. 53.
  22. ^ Gill, 2011, p. 61.
  23. ^ "Harlem, the Village That Became a Ghetto," Martin Duberman, in New York, N.Y.: An American Heritage History of the Nation's Greatest City, 1968
  24. ^ Gill, 2011, pp. 100, 109.
  25. ^ Gill, 2011, p. 86.
  26. ^ "The Growth and Decline of Harlem's Housing", Thorin Tritter, Afro-Americans in New York Life and History, January 31, 1998
  27. ^ NHKスペシャル映像の世紀・第3集それはマンハッタンから始まった。」の中から作家E・ファックスの手記より(日本放送協会

外部リンク[編集]