ケヴィン・マクドナルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケヴィン・マクドナルド
Kevin Macdonald
生年月日 1967年10月28日(47歳)
出生地 スコットランドの旗 スコットランド グラスゴー
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 Tatiana Lund (1999-)

ケヴィン・マクドナルド(Kevin Macdonald, 1967年10月28日 - )は、スコットランドグラスゴー出身の映画監督・ドキュメンタリー作家。

略歴[編集]

祖父は映画作家のエメリック・プレスバーガー、兄のアンドリューはプロデューサー。

祖父の足跡を辿ったドキュメンタリー番組『The Making of an Englishman』をチャンネル4で制作。その後、ハワード・ホークスやドナルド・キャメルのドキュメンタリーも制作した。1999年、ミュンヘンオリンピック事件を扱ったドキュメンタリー『[ブラック・セプテンバー]ミュンヘン・テロ事件の真実』でアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。2003年制作の『運命を分けたザイル』では、アンデスで遭難した二人の登山家の体験を、本人達の証言と再現映像で蘇らせて英国アカデミー賞を受賞。

2006年、イディ・アミンを描いた『ラストキング・オブ・スコットランド』で、主演のフォレスト・ウィテカーアカデミー主演男優賞をもたらした。

2008年にはラッセル・クロウレイチェル・マクアダムス主演のスリラー『消されたヘッドライン』を監督。

作品[編集]

ドキュメンタリー[編集]

映画[編集]

外部リンク[編集]