ギター弾きの恋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギター弾きの恋
Sweet and Lowdown
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 ジーン・ドゥーマニアン
製作総指揮 J・E・ボーケア
出演者 ショーン・ペン
サマンサ・モートン
音楽 ディック・ハイマン
撮影 フェイ・チャオ
編集 アリサ・レプセルター
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月3日
日本の旗 2001年3月17日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $4,197,015[1]
テンプレートを表示

ギター弾きの恋』(Sweet and Lowdown)は、1999年に製作されたアメリカ映画ウディ・アレン監督。ショーン・ペンが天才ジャズギタリストを演じたドラマ。本作の演技によって、ショーン・ペンアカデミー主演男優賞に、サマンサ・モートンアカデミー助演女優賞にノミネートされた。

ドキュメンタリー風にストーリーが展開していくが、主人公のエメット・レイは架空の人物である。

ストーリー[編集]

1930年代、ジャズ全盛期のシカゴ。ジプシージャズの天才ギタリストのエメット・レイは、崇拝するギタリストジャンゴ・ラインハルトの演奏が世界一で、自分は2番目に天才だと信じている。そんな彼は音楽に生きる反面、裏社会でも顔が通じ、娼婦の元締め、女遊び好きと自堕落な人生を送ってきた。

彼はニュージャージー州の海辺で友人との賭けに負け、仕方なくナンパした小柄で口のきけない女性ハッティと付き合うようになる。エメットの弾くギターに心惹かれたハッティは彼を愛すようになり、はじめは遊びのつもりだったエメットも辛くあたりつつも、素朴で優しい彼女に惹かれていく。

しかし、上流階級の女性ブランチに出会い惹かれた彼はハッティと別れ突然結婚するが、2人の共通点は派手好きなところ位で愛には乏しく、ブランチはいつしかジャズクラブの用心棒と不倫するようになっていった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エメット・レイ ショーン・ペン 岩崎ひろし
ハッティ サマンサ・モートン
ブランチ ユマ・サーマン 折笠愛
アル・トリオ アンソニー・ラパーリア 中田和宏
エリー グレッチェン・モル
ビル ブライアン・マーキンソン 後藤敦
ミスター・ハインズ ジョン・ウォーターズ
ダグラス・マクグラス 本人
ベン・ダンカン 本人 沢木郁也
ナット・ヘントフ 本人
ウディ・アレン 本人 水野龍司

音楽[編集]

本作の音楽はすべてディック・ハイマンによって編曲されている。

本作のギターソロの部分のすべてが、ギタリストのハワード・アルデンによって演奏されている。また、彼はショーン・ペンにギターの演奏法を指導した。

評価[編集]

本作は批評家から高評価を得た。映画批評サイトのRotten Tomatoesには60件のレビューがあり、批評家支持率は78%、平均点は10点満点中6.8点となっている。また、Metacriticには、33件のレビューがあり、平均点は100点満点中70点となっている。

参考文献[編集]

  1. ^ Sweet and Lowdown”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]