ジョン・ウォーターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ウォーターズ
John Waters
ジョン・ウォーターズJohn Waters
2006年のサンダンス映画祭において
本名 John Samuel Waters Jr.
生年月日 1946年4月22日(68歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカメリーランド州
ジャンル 映画監督
脚本家
俳優
活動期間 1964年 -
主な作品
ピンク・フラミンゴ
ヘアスプレー

ジョン・ウォーターズJohn Waters, 1946年4月22日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア出身の映画監督脚本家。過激で下品なコメディで知られており、著作も通して「バッド・テイスト(悪趣味)」文化に大きな影響を与えた。トレードマークのヒゲは付け髭である。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカのメリーランド州ボルチモアに生まれる。カトリックの敬虔な家庭で育つが、ゲイであり、10代のころから問題児として知られ、自宅の車庫をお化け屋敷に改造して小遣いを稼いでいた。

17歳のとき祖母から8ミリカメラをプレゼントされたのがきっかけで映画製作を始める。ニューヨーク大学の映画学科に進むが、マリファナ所持で放校処分となり帰省する。

「ドリームランダース」という奇人仲間たちと一緒に、1964年の『黒の革ジャケットの女』から本格的に映画製作を開始し、1970年ディヴァイン主演の『モンド・トラッショ』がカルト的な人気を呼ぶ。その後、女装の怪優ディヴァインを使って『マルチプル・マニアックス』(1970年)や『ピンク・フラミンゴ』(1972年)を発表。特に後者は大成功を収めてカルトムービーブームの火付け役となった。

劇場用映画への進出[編集]

1981年の『ポリエステル』からは、劇場用映画への進出をとげる。『ヘアスプレー』(1988年)と『クライ・ベイビー』(1990年)はメジャーで製作した、過去を舞台にした比較的穏当でノスタルジックな映画であり、一般の映画ファンの支持も得た[1]

1994年の『シリアル・ママ』以降のウォーターズは過激な作風に戻った。1998年の『I love ペッカー』は自伝的な要素を持つ作品である。また、2000年の『セシル・B/ザ・シネマ・ウォーズ』は、個人的にはアート映画愛好家であるウォーターズが当時の映画界のシステムへの怒りを表したものである。

人物[編集]

著書では「裁判傍聴が趣味」「殺人犯が書いた絵を集めている」などと個人的な趣味について書いており、こういった嗜好は多くの追随者を呼んだ。メリーランド州の刑務所では囚人たちに講義をし、自作を上映したこともある。

自身の恥ずかしい趣味としてアート映画好きを挙げ、次のような作品や人物を好きな映画(映画監督)として挙げている。

ファンレターはボルチモアにあるAtomic Booksという書店を介して送ることができる。ただし、ウォーターズが定期的に本屋に寄って、集まったファンレターを受け取るという形であるため、ウォーターズが絶対に受け取るという保証はできないという[2]

監督作品[編集]

出演作品[編集]

翻訳著書[編集]

  • 『クラックポット ジョン・ウォーターズの偏愛エッセイ』(1991年、徳間書店、訳:伊藤典夫
  • 『悪趣味映画作法』(1997年、青土社、訳:柳下毅一郎、2014年『ジョン・ウォーターズの悪趣味映画作法』として同社から新版)

脚注[編集]

  1. ^ この2作でファンになった夫婦が、『ピンク・フラミンゴ』をレンタル・ショップで借りて観たところ、あまりに俗悪な内容だったためにウォーターズ作品の追放運動を始めたこともある(伊藤典夫 『クラックポット』訳者あとがき 267頁)。
  2. ^ http://www.atomicbooks.com/john-waters-mail.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]