テオレマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テオレマ
Teorema
監督 ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本 ピエル・パオロ・パゾリーニ
製作 マウロ・ボロニーニ
フランコ・ロッセリーニ
出演者 テレンス・スタンプ
シルヴァーナ・マンガーノ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ジュゼッペ・ルッツォリーニ
編集 ニーノ・バラーリ
配給 日本の旗 東和
公開 イタリアの旗 1968年9月7日
日本の旗 1970年4月11日
上映時間 105分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
英語
テンプレートを表示

テオレマ』(イタリア語: Teorema, 「定理・定式」の意)は、1968年(昭和43年)製作・公開のピエル・パオロ・パゾリーニ監督によるイタリアの映画である。

ストーリー[編集]

ミラノ郊外に住む、工場経営者であるブルジョワ家庭(主人、妻、娘、息子、家政婦)に一人の男が姿を現わし、なぜか男と一家との共同生活が始まる。そのうち家族全員は男の謎めいた魅力の虜となってゆくが、男が家族の前から立ち去ると、残された家族は奇妙な行動を取り始め、家庭は崩壊してゆく。

キャスト[編集]

備考[編集]

外部リンク[編集]