ビジターQ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビジターQ
監督 三池崇史
脚本 江良至
製作 斎藤晃
遠藤久典
出演者 遠藤憲一
内田春菊
渡辺一志
中原翔子
不二子
武藤洵
鈴木一功
音楽 遠藤浩二
撮影 山本英夫
編集 島村泰司
配給 シネロケット
公開 2001年3月10日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 約800万円
テンプレートを表示

ビジターQ』(びじたーきゅー)は三池崇史監督による2001年製作の日本映画

概要[編集]

シネマ下北沢で上映されるビデオ撮影の連作ラブストーリー「ラブシネマ」6部作の最後を締めくくる作品として製作・公開された。そのため、本作は低予算のデジタルビデオで撮影され、ドキュメンタリータッチとホームビデオ風というスタイルで作品にリアリティを与えている。三池監督が得意とする壮絶なエログロ描写とナンセンスな笑いで、崩壊した家族の再生する姿を描き、公開後、超問題作と言われ議論を呼んだ。R-18指定。

自分の追悼番組で流したい作品として監督自身が『民間放送では流せないから。』と挙げている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

主題歌[編集]

  • 『水のあぶく』
    • 歌:リアルタイム
    • 作曲:池田龍治
    • 作詞:葛西つぐみ

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]