内田春菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
内田 春菊
本名 内田 滋子
生誕 1959年8月7日(54歳)
長崎県長崎市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家エッセイスト
活動期間 1984年 -
代表作 南くんの恋人
でんこちゃん
ファザーファッカー
『私たちは繁殖している』
テンプレートを表示

内田 春菊(うちだ しゅんぎく、1959年8月7日 - )は、日本漫画家小説家エッセイスト女優。本名は内田 滋子長崎県長崎市出身。ノックアウト所属。落語立川流の門下でもあり、高座名「立川於春の方」を持つ。

経歴[編集]

長崎県立長崎南高等学校1年途中で中退。中学時代に同級生の子を妊娠し堕胎したことが、きっかけに養父から性的虐待を日常的に受けたことから家出する。慶應義塾大学文学部哲学科通信教育課程に入学するも、「スクーリングのカリキュラムが不親切」と通うこともなく中退する。

その後、印刷会社の写植バーホステス、喫茶店のウェイトレスなどを経て、ペンネームの名付け親でもある編集者・プロデューサーの秋山道男に出会い見出される。その後、彼女の個性を認めたいしかわじゅんの紹介もあって、1984年双葉社発行の『小説推理』に掲載された『シーラカンスぶれいん』で漫画家としてデビュー。

性的な事柄をストレートに描き、岡崎京子桜沢エリカらと「女の子エッチ漫画家」として人気を呼ぶ。また、エッセイ、漫画エッセイ等も執筆し、その社会一般の価値観への異議申し立てで人気を博す。

1993年に発表した初めての小説『ファザーファッカー』はベストセラーとなり、第110回直木賞の候補作となった(1995年に映画化)。翌1994年には『私たちは繁殖している』・『ファザーファッカー』両作合わせて第4回ドゥマゴ文学賞を受賞。また『キオミ』で第112回芥川賞候補。同年『南くんの恋人』がテレビドラマ化(2004年にもリメイク)された。

クラブ歌手だった経歴を生かし、1983年にラテンバンド「アベックス」を結成して歌手活動も行なっていた。また、女優として映画、ビデオ、舞台等にも出演している。

春菊(しゅんぎく)という筆名は本名である滋子(しげこ)が聞きようによっては「しゅんぎく」と聞こえることから名づけられたとする説がある。 また、漫画『私たちは繁殖している』では自らを「ジジ」と名乗っている。

3度の結婚歴があり、3人目の夫である俳優の貴山侑哉とは2005年に戸籍上は離婚したが、事実婚の形で同居していた。しかし2012年2月11日放送の『ゴロウ・デラックス』にて、貴山侑哉との同居を解消したと番組内で話している。

子供は4人(未婚中に長男、2人目の夫と結婚中に別の人との間に長女、3人目の夫との間に次女と次男。次女は「紅甘(ぐあま)」の芸名で子役として活動している[1][2]

作品リスト[編集]

連載中[編集]

漫画[編集]

web漫画[編集]

小説[編集]

コミックス[編集]

漫画原作[編集]

エッセイ[編集]

  • 夕刊フジ(火曜日発行・水曜付け)「内田春菊の怒ってもムダなの…」

イラスト[編集]

映画出演リスト[編集]

舞台出演リスト[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]