日本黒社会 LEY LINES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本黒社会 LEY LINES
監督 三池崇史
脚本 龍一朗
製作 土川勉
出演者 北村一輝
李丹
柏谷享助
音楽 遠藤浩二
撮影 今泉尚亮
編集 島村泰司
配給 大映
公開 日本の旗 1999年5月22日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

日本黒社会 LEY LINES』は1999年三池崇史監督、北村一輝主演で制作された日本映画差別にあがき苦しみながら自由を求め暴走する若者たちの姿を通し、表面的には煌びやかで豊かと見える日本の裏側の闇の部分を描いた社会派アクション映画である。R-15指定。

ストーリー[編集]

中国人の父と日本人の母との間に生まれた兄弟、龍一と俊霖の二人と親友・張の三人は、幼い頃からいじめと差別の中で生き抜いてきた。ある日、ベトナム人が経営する工場を襲い金を奪うと、故郷を捨てて新宿へ逃げ歌舞伎町へやってきた。そこで中国人娼婦アニタと出会い、彼女に金を騙し取られてしまうが、ひょんなことから知り合った黒人・バービーにトルエン売買の仕事を紹介して貰う。しかしトラブルが発生し、やがて四人は日本脱出を夢見るようになる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]

張役の田口トモロヲは、三池監督作品「DEAD OR ALIVE 犯罪者」に「龍一の幼なじみ」という役柄で出演している。なお本作との具体的なシリーズ性はない。

シリーズ[編集]

全て監督は三池崇史。ストーリーに継続性はなく主演およびキャストは作品によって異なる。

外部リンク[編集]