インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インプリント
〜ぼっけえ、きょうてえ〜
Imprint
監督 三池崇史
脚本 天願大介
原作 岩井志麻子
ぼっけえ、きょうてえ
製作 井上文雄
ジェニー・ルー・トゥジェンド
ローレン・ワイスマン
出演者 工藤夕貴
ビリー・ドラゴ
音楽 コージー・エンドウ・Jr.
撮影 栗田豊通
編集 島村泰司
配給 角川ヘラルド・ピクチャーズ
公開 日本の旗 2006年5月27日
上映時間 63分
製作国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』(Imprint)は、世界のホラー映画監督13人の集めて作られた『マスターズ・オブ・ホラー』シリーズの中のひとつで、米ケーブルテレビ(SHOWTIME)用に製作された映画。2006年。三池のアメリカ資本での映画制作デビュー作でもある。

概要[編集]

原作は岩井志麻子の『ぼっけえ、きょうてえ[1]

悪魔のいけにえ』のトビー・フーパー、『サスペリア』や『インフェルノ』のダリオ・アルジェント、『ハロウィン』や『ザ・フォッグ』のジョン・カーペンターなど、豪華なメンバーの中で唯一の日本人監督となった[2]。ところが、放送コードが緩いケーブルテレビにもかかわらず、本作品だけはその内容、特に奇形シーンや拷問シーンがあまりにも残虐なため、アメリカでは放送中止になった[2]。イギリスでは放映された[2]

また、日本でも映画倫理委員会から、審査規格外(審査適応区分外)扱いとなり、ほとんどの映画館から一般上映を拒否されたので、劇場版としては「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」以外は、シアターイメージフォーラム(渋谷)のみでレイトショーという形を取って上映された。自主規制によりR-18指定となっている。テレビ放映としては、WOWOWで「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズの第1シーズン放映の中で放送された[3]

アメリカ資本の映画なので、全編セリフが英語となっている。そのため原作の醍醐味である岡山弁独特の雰囲気に近づけるため“日本人訛りの英語”が使われたらしい。

ストーリー[編集]

明治時代の日本。アメリカ人文筆家のクリスは小桃という女を探している途中、川中の遊郭で、とある女郎と出会う。その女郎は小桃との思い出をクリスに語り出す。醜い顔をしたその女郎は 生まれたときから奇形で顔の左半分がつり上がり、その為か他の女郎達の間に馴染めなかった。

いくつもの遊郭を渡り歩くなか、とある遊郭で彼女は女郎の小桃と出会う。どの女郎からも貶され虐げられてきたが小桃だけは彼女に優しくしてくれた。そんな小桃に翡翠の指輪の盗難の疑惑がかかり、小桃は拷問をされてしまう。そしてその女郎の手によって小桃は殺されてしまう。クリスは優しくしてくれた小桃を何故殺したと問い詰める。するとその女郎は生い立ちからの不幸な運命とその呪われた体の秘密を語り出す。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 作者の岩井は本作に出演している。
  2. ^ a b c 「2006総括 邦画」『宇宙船YEAR BOOK 2007』 朝日ソノラマ〈ソノラマMOOK〉、2007年4月20日、52頁。ISBN 978-4-257-13096-3
  3. ^ WOWOW独自のレイティングで「R-15指定相当」として放送。

外部リンク[編集]