龍が如く 劇場版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

龍が如く 劇場版』(りゅうがごとく げきじょうばん、英題:Like a Dragon)は、PlayStation 2用ゲームソフト『龍が如く』を、『着信アリ』『妖怪大戦争』などを手掛けた映画監督の三池崇史実写映像化した作品。2007年3月3日から東映系で上映していた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

原作との相違点[編集]

  • 真島吾朗の眼帯が岸谷の利目の関係で左ではなく右になっている。
  • 風間新太郎は原作版では爆死するが、劇場版では生還している。
  • 桐生が真島に対して敬語を使っている。
  • 時系列が原作版では2005年の12月だが、劇場版では2005年夏になっているなど。

備考[編集]

「他メディアを映画化する場合、原作の内容を読み違えることなく深く知る必要がある」と考える三池は、映画化の話が決まると即PS2本体を購入。難易度イージーではあるが、不慣れなゲームを3日3晩かけて寝ずにクリアし、内容を咀嚼したという[1]

龍が如く 〜序章〜[編集]

龍が如く 〜序章〜』(りゅうがごとく じょしょう、英題:Like a Dragon: Prologue)は、『龍が如く』のプロモーションの一環として、同じく三池崇史を総合監督に据え実写映像化した作品。2006年3月24日DVDで発売された。

『龍が如く』の本筋を描いた劇場版とは異なり、桐生一馬の青春時代に焦点を当てて描かれている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 総合監督 - 三池崇史
  • 監督 - 宮坂武志
  • 脚本 - NAKA雅MURA
  • 音楽 - 野島健太郎
  • 製作 - セガ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]