龍が如く3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
龍が如く3
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 3
開発元 セガ
発売元 セガ
人数 1人(ミニゲームでの対戦(アップデート後)1人 - 2人)
メディア BD-ROM
発売日 2009年2月26日
2009年12月3日(廉価版)
2011年12月1日(再廉価版)
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
コンテンツ
アイコン
セクシャル
暴力
ギャンブル
その他 対応映像出力
  NTSC - 480p720p
対応音声出力
  ドルビーデジタル - 5.1ch
  リニアPCM - 2ch・5.1ch
テンプレートを表示

龍が如く3』(りゅうがごとくスリー、Yakuza 3)は、セガより2009年2月26日に発売されたPlayStation 3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた。」。

概要[編集]

龍が如く2』の続編に当たる[1]。舞台として東京の神室町のほかに沖縄の琉球街も登場する。

ゲスト声優陣には、シンガーソングライター泉谷しげる俳優中村獅童藤原竜也お笑いタレント宮迫博之宮川大輔THE 虎舞竜高橋ジョージ等が出演。高橋は、続編の『4』にも同役で出演している。その他のゲストとしては、セラピスト役としてファッションモデル椿姫彩菜が出演。

初週で約37.2万本を販売し、発売当時のPS3歴代初週販売本数2位を記録した[2]。発売3週間で国内出荷本数が50万本を突破した[3]。ちなみに売り上げ本数も50万本を突破した。

当初は1人プレイのみであったが、エクストラコンテンツの配信によるアップデートAnswer×Answerビリヤードダーツなどのミニゲームの対戦プレイができるようになった。

前述のエクストラコンテンツがほぼ全て収録された廉価版が2009年12月3日に発売されている。ただしオリジナル版のデータ引継ぎは不可能で、トロフィーも別扱いになっている。本作以降の作品も廉価版は同じ形を取られている。

事実上の前作『龍が如く 見参!』のクリアデータがあると特典を得られるシステムあり。

ストーリー[編集]

近江連合と東城会の抗争事件から数日後。桐生一馬は狭山薫と別れ、沖縄で養護施設を営むため遥とともに東京を発つ。そして養護施設アサガオで孤児の子供たち9人と平穏な日々を送っていた。しかし1年後、沖縄にある問題が押し寄せる。

米軍基地増加計画とリゾート開発計画。それに関わる東城会と二人の政治家の存在。市民の反対が増加する中、アサガオにも土地買収の問題が発生する。土地の所有者である地元極道組織琉道一家とのいざこざ。それが徐々に国家規模の計画と繋がっていく。しかし、大吾の力もあって事態はひとまず落ち着き、桐生たちにもまた平和が戻ってくる。

さらに1年後の2009年3月、琉道一家組長・名嘉原茂と、東城会六代目会長・堂島大吾が謎の男に銃撃され倒れる。これにより止まっていた計画が再び動き出す。そしてその犯人が風間新太郎にそっくりだったことに衝撃を覚える桐生。そして頭を失った東城会では跡目と桐生復帰をめぐって幹部たちが抗争を繰り広げ始めていた。桐生は謎の男と事件の真相を確かめるため、そして沖縄やアサガオのため、一人で巨大な陰謀に立ち向かって行く。

登場人物[編集]

本作に追加された新要素[編集]

これ等の新要素は本作以降の作品にも引き継がれている。

シームレスバトル
従来ではシナリオ進行中(アドベンチャーモード)から戦闘シーンに入る場合、一度ロードして画面を切り替えていた。しかし、本作ではバトル開始の合図が発生すると、ロードなしで即座にバトルが開始され、よりスムーズにゲームを楽しめるようになった。
チェイスバトル
通常のバトルと異なり、敵を追いかける(もしくは敵から逃走する)イベント的なバトル。発生する場所のMAPを如何に熟知しているかが、成功の鍵となる。追い掛ける場合は攻撃を当てて相手のスタミナをゼロにすれば勝利。逃げる場合は特定の地点まで逃げ切る、或いは一定時間逃げると成功。チェイスバトルによっては敵を追いかける側ではあるがタックルができないなどの制約もある。
天啓
所持している携帯電話のカメラ機能で、街で発生した珍妙な現象を撮影し、それをヒントに新しい奥義(ヒートアクション)を編み出す機能。画面に表示されるコマンドをタイミング良く入力し、最後に正しい選択肢を選べば成功。入力に失敗したり選択肢を間違えると天啓は得られないが、しばらくすると再挑戦可能。元々は『龍が如く 見参!』に登場した要素で、内容を現代風にしたものである。
カラオケ
プレイスポットの一つで、自分で歌ったり他の人の歌に合いの手を入れて遊ぶ。内容は歌に合わせてボタンを入力するリズムアクションゲームである。遥やキャバ嬢と一緒に行く事も可能。人物によって歌える歌が異なり、主人公が歌える歌の場合は直接歌い、歌えない歌の場合は合いの手を入れる。選択した楽曲を歌える人が同行していない場合、合いの手だけを入れる事が可能。ある程度入力に成功すると、歌のサビに入る所でプロモーションビデオ宛らのムービーが背景に流れるようになる(合いの手のみの場合は無し)。合いの手は非常にユーモラスなものであり、次回作以降もその傾向が強まっている。

劇中の主な用語[編集]

アサガオ
桐生と遥が沖縄で営む養護施設。8人の子供達が共に過ごしている。目の前には広大なビーチが広がっている。
琉球街
沖縄の舞台となる繁華街。
かりゆしアーケード
琉球街に存在する商店街。「かりゆし」とは沖縄の方言で「めでたい」という意味。

楽曲[編集]

実在企業[編集]

その他

脚注[編集]

  1. ^ なお、『龍が如く 見参!』はタイトルに「見参」と、数字の3を表す大字「参」が入っているがスピンオフ作品のため、『1』、『2』の直接的な繋がりについては言及されていない。
  2. ^ 参照1
  3. ^ ポータル公式サイトより。

外部リンク[編集]