スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
SUKIYAKI WESTERN DJANGO
監督 三池崇史
脚本 NAKA雅MURA
製作総指揮 遠谷信幸
出演者 伊藤英明
佐藤浩市
伊勢谷友介
安藤政信
石橋貴明
木村佳乃
香川照之
桃井かおり
音楽 遠藤浩二
主題歌 北島三郎
『ジャンゴ~さすらい~』
撮影 栗田豊通
編集 島村泰司
製作会社 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」製作委員会
配給 ソニー・ピクチャーズ
公開 イタリアの旗 2007年9月5日VIFF
日本の旗 2007年9月15日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』は、2007年日本映画

セディックインターナショナルが製作し、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの配給により、2007年9月15日に公開された異色の西部劇。PG12指定。第64回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。

本作は、黒澤明の『用心棒』をベースに、『用心棒』を『荒野の用心棒』として翻案したセルジオ・レオーネクリント・イーストウッド、そして『マカロニ・ウエスタン』を支えたセルジオ・コルブッチへのオマージュにあふれた作品である。他にも『クイック&デッド』などへのオマージュも見られる。

2008年2月20日ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントからBlu-ray Discが発売。なお、日本映画でBlu-ray Discを発売した最初の作品である。

ストーリー[編集]

源氏平家が雌雄を決した、壇ノ浦の戦いから数百年後。源氏と平家はすっかり落ちぶれてしまい、今は双方共にギャングに成り果ててしまっていた。白の源氏ギャングのリーダー源義経と、赤の平家ギャングのリーダー平清盛は、とある寒村に眠るといわれる宝をめぐって激しい対立を続けていた。そんなさなか、ひとりの凄腕ガンマンが現れる。彼をめぐっての対立が、やがて複雑な事態に進展する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

使用言語[編集]

壇ノ浦の戦いから数百年後の日本という舞台設定であり、山形県鶴岡市などで撮影が行われたが、登場人物は一部のシーンを除いて全編英語で話しており、上映時にはこの事が話題となった。これは、『マカロニ・ウエスタン』の日本公開時に、イタリア語から英語に吹き替えられていたことへのオマージュでもある。

同時に日本語による吹替版が本編出演者の下制作され(但し、クエンティン・タランティーノの声は監督である三池崇史が担当している)、東京・神保町シアターで限定公開された他[1]、ソフト化の際にも同時収録された。

参考[編集]

外部リンク[編集]