セルジオ・コルブッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルジョ・コルブッチ
Sergio Corbucci
生年月日 1927年12月6日
没年月日 1990年12月1日(満62歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリアローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督
ジャンル マカロニ・ウェスタン
アクションコメディ

セルジョ・コルブッチSergio Corbucci, 1927年12月6日 - 1990年12月1日)は、イタリア映画監督マカロニ・ウェスタンがよく知られている。

最初にイタリア製西部劇、いわゆるマカロニウェスタン(日本以外の国では「スパゲティウェスタン」)を作ったのはセルジオ・レオーネ、という認識が一般には蔓延しているが、最初にイタリア製西部劇を撮ったのは実はコルブッチのほうで、1963年にMassacro al Grande Canyon(『グランド・キャニオンの虐殺』)(ドイツ語タイトル Keinen Cent für Ringos Kopf『リンゴーの首には1セントも出せない』)という西部劇を撮っている。レオーネの『荒野の用心棒』Per un pugno di dollariより一年も早い。主役はロバート・ミッチャムの息子ジェームズ・ミッチャムだった。いわゆるマカロニウェスタンの先駆となったのはそれ以前に西ドイツで盛んにつくられていたカール・マイ西部劇という一連の西部劇だが、Massacro al Grande Canyonではコルブッチもこのスタイルを踏襲し、ロケも西ドイツ製西部劇同様ユーゴスラビアで行なっている。アメリカ製西部劇のコピーと言える作品である。ここではコルブッチは事実上アルフレード・アントニーニ(本名アルバート・ブランドというアメリカ人)の助監督で、スタンリー・コーベットという名前を使っていたが、次の『ミネソタ無頼』Minnesota Clay(1964年)は完全にコルブッチの作品である。これもレオーネの『荒野の用心棒』より早かった。この2作目ではすでに後のマカロニウェスタンの特徴の萌芽が見られる。

コルブッチの作品は、ほとんどが暴力的で、なおかつ知的なアクション映画で、その多くは左翼的な社会批評を背景に持っている。実際、コルブッチは共産主義者であった。また作品の中の美術は多くがシュルレアリスティックかつ黙示録的で、ブラック・ユーモアのセンスもコルブッチの特徴の1つである。

弟は映画監督・脚本家ブルーノ・コルブッチ

経歴[編集]

コルブッチは、低予算の「剣とサンダル」映画の監督からそのキャリアをスタートさせた。コルブッチの最初のヒット作は、フランコ・ネロ主演のカルト・マカロニ・ウェスタン『続・荒野の用心棒』(1966年)で、ネロはその後もコルブッチ映画で主演を勤めた。以降、コルブッチはセルジョ・レオーネに次ぐマカロニ・ウェスタンの人気監督となり、多くの映画を量産した。その中でも特筆すべきは、唖のヒーローと精神病質の敵が登場するダークでぞっとする『殺しが静かにやって来る』(1969年)で、その過度の暴力描写のために数カ国で上映禁止処分を受けた。1970年代に入ってからはそのマカロニウェスタン作品はコメディ色が濃くなった。 トマス・ミリアン、ジュリアーノ・ジェンマ、イーライ・ウォラックで撮った『ザ・サムライ 荒野の珍道中』などはその最たるものである。ここではミリアンに日本人(日米混血という設定)をやらせており、ジュリアーノ・ジェンマばかりか、イーライ・ウォラックにまで女装させている。マカロニウェスタン以降、1970年代と1980年代のコルブッチ映画のほとんどはコメディで、その多くはアドリアーノ・チェレンターノ主演作だったが、マカロニウェスタンのスター、テレンス・ヒル、バッド・スペンサーなども使っている。

当時の批評家たちがコルブッチの作品を取り上げることは滅多になく、コルブッチをエクスプロイテーション映画の監督と決めつけていた。しかし、現在では、コルブッチはカルト的な評価を得ている。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]