アンヌ・ヴィアゼムスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Anne Wiazemsky
アンヌ・ヴィアゼムスキー
アンヌ・ヴィアゼムスキー
「人間の種」出演時のヴィアゼムスキー
本名 Anne Wiazemsky
生年月日 1947年5月14日(67歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツ ベルリン
国籍 フランスの旗 フランス
民族 ロシア人
職業 女優小説家
ジャンル 映画小説
活動期間 1964年 -
活動内容 1964年 映画界にデビュー
1967年 ゴダールと結婚
1972年 ゴダールと別離
1991年 小説家に転向
2004年 映画監督デビュー
配偶者 ジャン=リュック・ゴダール 1967年 - 1979年(1972年事実上)
著名な家族 ジャン・ヴィアゼムスキー (ルヴァショフ伯イワン・ヴィアゼムスキー公)父
クレール・モーリアック
ピエール・ヴィアゼムスキー
フランソワ・モーリアック 母方祖父
クロード・モーリアック 母方伯父
主な作品
バルタザールどこへ行く
中国女
秘密の子供

アンヌ・ヴィアゼムスキーAnne Wiazemsky1947年5月14日 - )は、フランス女優小説家映画監督である。

来歴・人物[編集]

1947年5月14日ドイツベルリンで生まれる。母はクレール・モーリアック、弟はピエール・ヴィアゼムスキー。父はロシア革命直前にサンクトペテルブルクに生まれたルヴァショフ伯イワン・ヴィアゼムスキー公だったが、フランスに亡命しジャン・ヴィアゼムスキーを名乗る。アンヌとピエールの幼少期は、ローマモンテネグロジュネーヴカラカスを転々としていた。

母方の祖父は作家のフランソワ・モーリアック。「ヌーヴェルヴァーグのゆりかご」と呼ばれる伝説的シネクラブオブジェクティフ49」設立メンバーの作家クロード・モーリアックは母方の伯父。

1964年、16歳のとき、ロベール・ブレッソンの映画『バルタザールどこへ行く』で女優としてデビュー。1967年ジャン=リュック・ゴダールの『中国女』に主演、同年7月22日ゴダールと結婚したが、1979年に離婚。実際には1972年ジガ・ヴェルトフ集団解消後のゴダールはアンヌ=マリー・ミエヴィルと公私ともにパートナー化していた。

小説家や脚本家として数本の作品がある。日本では『愛の讃歌』(日之出出版)『少女』(白水社)が邦訳されている。フランスでは著書を原作にしばしば映画化される人気作家である。テレビ映画では2004年以降に4本の監督作がある。

おもなフィルモグラフィ[編集]

おもなビブリオグラフィ[編集]

Hymnes à l'amour, Gallimard 1996年3月5日 ISBN 2070743012 - Toutes ces belles promesses の題で映画化

外部リンク[編集]