ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
Rainer Werner Fassbinder
Rainer Werner Fassbinder
生年月日 1945年5月31日
没年月日 1982年6月10日(満37歳没)
出生地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 バート・ヴェリスホーフェン
死没地 西ドイツの旗 西ドイツ ミュンヘン
職業 映画監督脚本家俳優作家演出家
ジャンル 映画テレビ演劇
活動期間 1966年 - 1982年
配偶者 イングリット・カーフェン (1970年 - 1972年
ユリアーネ・ローレンツ (1978年 - 1982年
主な作品
ペトラ・フォン・カントの苦い涙
不安と魂
マリア・ブラウンの結婚

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーRainer Werner Fassbinder, 1945年5月31日 - 1982年6月10日) は、ドイツ映画監督脚本家俳優ニュー・ジャーマン・シネマの担い手の一人として知られる。16年間で44本の作品を発表した。

生涯[編集]

生地 Bad Wörishofen の映画館 "Filmhaus" に飾られた記念銘板
「映画を作り続けることで、人生は映画そのものと化す。」

生い立ち[編集]

1945年5月31日、バート・ヴェリスホーフェンで医者翻訳家の家庭に生まれた。両親の離婚後は母親の手で一人息子として育てられた。16歳で高校を退学した後はケルンの父親の元に身を寄せた。

ファスビンダーはジャン=リュック・ゴダールの他、ジョン・ヒューストンラオール・ウォルシュハワード・ホークスといったアメリカクライムフィルムに加え、ダグラス・サークメロドラマに強い影響を受け、早くから映画への関心を募らせていた。しかし、映画学校で製作を学ぶという志望は叶わず、私立の俳優学校に二年間通いながら、ミュンヘンの国立劇場や当時設立されたばかりのベルリンドイツ映画テレビアカデミー(DFFB)を受験したが、いずれも不合格となった。

アクションテアターとアンチテアター[編集]

1966年にクリストフ・ローザーとともに短編映画の製作を始め、同年に『小カオス』など3本の作品を製作した。翌1967年からは演出家俳優として行動劇場(アクションテアター)に参加した。この頃から多くの劇団グループとの交流を始めた。ここから反劇場(アンチテアター)が結成された。1968年から1971年の間、ファスビンダーはこれらのグループのほぼ全ての戯曲を執筆した。これらは舞台演劇として上演された後、短期間で映画としても再製作された。ファスビンダーは舞台演劇の演出と映画製作を混交させるスタイルを用いた。

1969年からはグループのメンバーとともに長編映画の製作を始め、ギャング映画『愛は死より冷たい』と『出稼ぎ野郎』を発表した。翌1970年から1971年の間には『悪の神々』(1970年)や『聖なるパン助に注意』(1971年)など、テレビ映画も含めて10本の作品を発表した。

ファスビンダーはグループのメンバーを自身の周囲に結束させ、影響力を発揮し始めた。ある種の擬似家族になったグループは彼の創作への情熱を引きつける避雷針でもあったという。このグループにはファスビンダーの公私に渡るパートナーたちも参加していた。1970年から1972年までファスビンダーは女優のイングリット・カーフェンと結婚していた。ファスビンダーは歌手でもあったカーフェンのためにシャンソンの歌詞も数曲製作した。その間、男優のエル・ハディ・ベン・サレムとも関係を持っていた。

国際的名声[編集]

1972年以降、ファスビンダーは自身の映画言語を発展させ、より長大でプロフェッショナルな作品を製作した。『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』(1972年)、ダグラス・サークの『天はすべて許し給う』にオマージュを捧げた『不安と魂』(1974年)、テレビ映画『マルタ』(1974年)、ゲイを題材に取り上げた 『自由の代償』(1975年)などを発表。ベルリン国際映画祭へ出品を重ね、無冠のまま批評家から最高の賛辞を受けた。『不安と魂』は第28回カンヌ国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を、『マルタ』は英国映画協会サザーランド杯を受賞した。これらの作品によって、ヴィム・ヴェンダースヴェルナー・ヘルツォークとともにニュー・ジャーマン・シネマの担い手として、国内外でその名が知られるようになった。

1974年から1977年の間、映画作家集団Filmverlag der Autorenに参加していた。

『塵(ゴミ)、都会、そして死』を巡る論争[編集]

1972年と1973年ボーフムの劇場で演出を担当。その後、フランクフルトTAT劇場の総監督に就任。1974年に戯曲『塵(ゴミ)、都会、そして死』の演出を手がけ、演出家としての最高潮を迎えた。しかし、登場人物の一人が不動産で成り上がったユダヤ人であり、明らかに批評家のイグナツ・ブービスを連想させるものだったため、ファスビンダーはブービスら批評家から反ユダヤ的という謗りを受けた。これにより、同作は70年代から80年代にかけて議論を呼ぶことになった。1976年ダニエル・シュミットによって『天使の影』として映画化され、ファスビンダーは俳優として出演した。1980年代にはフランクフルト劇場での初回上演の際、ステレオタイプのユダヤ人像に対する抗議デモが発生。デモ隊によって劇場内の舞台が占拠されたため、上演が中止された。この抗議デモ後、ドイツ国内での再上演計画が白紙に戻された。ただし、イスラエルでは特に抗議もなく上演された。

オーバーワーク[編集]

1974年からファスビンダーの愛人だったアルミン・マイアーオムニバス映画『秋のドイツ』(1978年)のファスビンダーのパートに出演したが、同年に自殺した。ファスビンダーはマイアーの死を受け、同年に『13回の新月のある年に』を製作。シカゴ国際映画祭でブロンズ・ヒューゴ賞を受賞した。

その後、ハンナ・シグラを主演に起用した『マリア・ブラウンの結婚』(1979年)はベルリン国際映画祭で絶賛され、今日ではファスビンダーの代表作として知られる。『ベロニカ・フォスのあこがれ』(1982年)は第32回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。これらの作品は『ローラ』(1981年)と合わせて「西ドイツ三部作」として知られる。

また、1980年にはアルフレート・デーブリーン小説を原作にした連続テレビシリーズベルリン・アレキサンダー広場』を製作。各地の映画祭やレトロスペクティブを中心に、マラソン上映で劇場公開もされた15時間半に及ぶ作品である。

ファスビンダーは1970年代までのドイツ映画史に特筆すべき女性キャラクターを生み出したことでも知られる。ハンナ・シグラが演じたマリア・ブラウンやリリー・マルレーンバルバラ・スコヴァが演じたローラは映画史に残るキャラクターとしてだけでなく、女優自身の魅力を引き出し、彼女たちの国際的評価への足がかりとなった。

突然の死去[編集]

1978年からは編集を担当していたユリアーネ・ローレンツと暮らしていた。しかし、ファスビンダーはジャン・ジュネの『ブレストの乱暴者』を映画化した『ケレル』(1982年)の編集に取り掛かったまま、同年6月10日ミュンヘンコカイン過剰摂取により37歳で死去した。自殺だったという説もあるが、確たる証拠はないとされる。ファスビンダーの棺はミュンヘンのボーゲンハウゼン墓地に埋葬されている。ファスビンダーの死後、『ケレル』は第39回ヴェネツィア国際映画祭に出品され、マルセル・カルネに激賞された。

1978年のフロリダ州フォートローダーデールでのファスビンダーとローレンツの結婚はドイツでは法的に有効とは認められないため、遺産はファスビンダーの両親が相続することになった。母リーゼロッテは1986年にライナー・ヴェルナー・ファスビンダー財団 (RWFF) を設立し、遺産を移管した。1992年にはローレンツがRWFFを引き継いだ。財団はファスビンダーの遺産と将来発生する可能性のある全ての権利を保有管理している。

監督作品[編集]

参考文献[編集]

  • 渋谷哲也+平沢剛編『ファスビンダー』現代思潮新社、2005年

DVD・Blu-ray(日本語字幕付)[編集]

外部リンク[編集]