不安と魂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不安と魂
Angst essen Seele auf
監督 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
脚本 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
製作 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
音楽 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
撮影 ユルゲン・ユルゲス
編集 テア・アイメス
公開 西ドイツの旗 1974年3月5日
上映時間 93分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

不安と魂』(ふあんとたましい、Angst essen Seele auf)は、1974年に、ニュー・ジャーマン・シネマを代表する監督ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーによって制作されたドイツの映画である。掃除婦として働く孤独なドイツ人老女と、外国人労働者である若いモロッコ人との愛と苦悩を描いた作品で、カンヌ国際映画祭で二冠に輝き[1]、ファスビンダーの名前を一躍国際的にした代表作のひとつ。主演のブリジット・ミラはドイツ映画賞で主演女優賞を獲得した。

あらすじ[編集]

掃除婦として働きながら一人暮らしをしている60代のドイツ人女性エミは、雨宿りに入ったアラブ系のバーで20歳以上も年下のモロッコ人の自動車工アリと出会う。ダンスをし、話をして意気投合した二人は一緒に暮らし始め、結婚する。外国人に対する偏見が強いその町で、アラブ人の外国人労働者と一緒にいることで、隣人、同僚、家族をはじめ、行く先々の人々から差別と偏見に満ちた扱いを受ける。エミはアリを守り、アリはそうした人種差別者に対して寛容にふるまい、二人は幸せに暮らしていたが、ある日エミがアリの自尊心を傷つけるようなことをしたため、アリは家を出る。アリを求めてエミは二人が出会ったバーに行き、最初に踊ったダンスの曲をかける。二人はまたダンスを踊り始めるが、突然アリが腹痛で倒れ、病院に運ばれる。医師から、日常的な差別によるストレスからくる胃潰瘍であることを告げられたエミは横たわるアリに静かに寄り添う。

スタッフ[編集]

  • 監督・製作・脚本・音楽 ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

キャスト[編集]

  • ブリジット・ミラ :エミ・クロウスキー
  • エル・エディ・ベン・サラム:アリ
  • バーバラ・バレンティン:バーの女主人
  • ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー:エミの娘の夫

製作[編集]

  • 原題は、劇中で主人公のサラムがたどたどしいドイツ語で言う「恐れは魂を喰い尽くす」から。ドイツ語の文法上から言うと間違いがあるが、そのまま使われている。
  • 低予算で15日間で撮影された。主な出演者はみなファスビンダー映画の常連である。
  • アリを演じたサラムは、モロッコに妻子がいたが、当時ファスビンダーの恋人だった。酔っぱらって人を刺し、フランスに強制送還され、1982年に獄中で首吊り自殺した。ファスビンダーは「ケレル」をサラムに捧げている。
  • バーの女主人を演じたバーバラは、1980年代にフレディ・マーキュリーと一時恋人関係だった。
  • 本作は、ダグラス・サークの『天はすべて許し給う』と『悲しみは空の彼方に』へのオマージュと言われており、トッド・ヘインズは本作と『天はすべて許し給う』へのオマージュとして『エデンより彼方に』を製作したと発言している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]