天はすべて許し給う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天はすべて許し給う
All That Heaven Allows
監督 ダグラス・サーク
脚本 ペグ・フェンウィック
製作 ロス・ハンター
出演者 ジェーン・ワイマン
ロック・ハドソン
音楽 フランク・スキナー
ジョセフ・ガーシェンソン
撮影 ラッセル・メティ
編集 フランク・グロス
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 1955年8月25日ロンドン
アメリカ合衆国の旗 1955年12月25日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 3,100,000ドル(北米配収)
テンプレートを表示

天はすべて許し給う』(てんはすべてゆるしたまう、All That Heaven Allows)は1955年制作のアメリカ映画。日本では劇場未公開。ビデオ発売されたときのタイトルは『天の許し給うものすべて』『天が許し給うすべて』。

ストーリー[編集]

郊外の瀟洒な一軒家に暮らす未亡人のケリー(ジェーン・ワイマン)は、大学生の息子と娘も家を出ているため、1人で時間を持て余していた。 そんなある日、夫の存命中から庭の手入れをしてもらっている若い庭師の青年ロン(ロック・ハドソン)と言葉を交わしたことをきっかけに2人は急速に親しくなる。 最初はただの友人として、ロンが語る樹木の話やロンの仲間たちとの付き合いを楽しんでいただけのケリーだったが、2人はごく自然に愛し合い、結婚を考えるようになる。 しかし、保守的な町で2人の関係はスキャンダラスな形で噂されるようになり、それを知った息子や娘に激しく反対されたケリーはロンと別れることにする。

元の生活に戻ったケリーだったが、心に空いた隙間が埋まることはない。息子や娘もいずれは自立し、家を出て行く。そのことに改めて気付いたケリーはロンのもとへと向かう。

キャスト[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ All That Heaven Allows (1955) IMDb

外部リンク[編集]