ジャン・ジュネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ジュネ
JeanGenet-HansKoechler1983-cropped.jpg
晩年のジュネ(1983年)
誕生 1910年12月19日
フランスの旗 フランスパリ
死没 1986年4月15日
フランスの旗 フランスパリ
職業 作家
ジャンル 小説戯曲ノンフィクション
代表作 泥棒日記
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジャン・ジュネ(Jean Genet, 1910年12月19日 - 1986年4月15日)は、フランス作家詩人エッセイスト劇作家であり、政治活動家である。少年期から30代までは、犯罪放浪を繰り返していた。

経歴[編集]

1910年12月19日、売春婦であった母、カミーユ・ガブリエル・ジュネのもとにパリに生まれた。父の名前はフレデリック・ブラン。生後7ヶ月で母に捨てられ、田舎(アリニィ・アン・モルヴァン村)に住む木こりの夫婦(シャルル&ウージェニー・レニエ夫妻)の養子となった。ジュネは学校の成績はよかったものの、犯罪を繰り返すようになった。養母が死亡した後、新たな夫妻(ウージェニーの娘ベルトとその夫アントナン)の養子となったが、繰り返して起こした犯罪のため、15歳のときに感化院に送られた。18歳のときに外国人部隊に志願し入隊するが、後に脱走してフランスを離れ、ヨーロッパを放浪した。この際にも、窃盗乞食男娼わいせつ麻薬密売といった犯罪を繰り返していた。

1942年に中央刑務所に投獄される。このとき、初めての詩集『死刑囚』を自費出版した。また、ジュネはパリで作家・ジャン・コクトーに自分の作品を読ませ、自らの文才を認めさせることに成功し、1944年には文芸誌「ラルバレート」に小説『花のノートルダム』の抜粋が掲載される(これが公に発表されたジュネの最初の作品となる)。

1944年に『薔薇の奇蹟』を執筆。同年、終身禁固刑の求刑を前にジャン・コクトーらが介入し、自由となる。1947年に『ブレストの乱暴者』や『女中たち』、1949年に『泥棒日記』など戯曲小説を執筆。1948年、コクトーやジャン=ポール・サルトルらの請願により、大統領の恩赦を獲得。

1950年には白黒映画 『愛の唄』(Un Chant d'Amour)を制作。映画はこれ1本だが、脚本や戯曲を書いてもいる。この後、サルトルのジュネ論『聖ジュネ』(1952年)もあいまって、執筆活動を数年にわたって止める。その後、1956年に『バルコン』、1961年に『屏風』など戯曲を執筆。

1967年自殺未遂。その後、五月革命に政治参加し、ベトナム戦争反対運動に加わる。徐々に移民問題に関心を寄せるようになる。1970年黒人自治を目指して闘うブラックパンサー党と行動をともにし、アメリカ中で講演を行なう。同年、PLOの提案でヨルダンに留まり、アラファトと会見する。以降、精力的な政治活動を続けた。この後も幾度か中東に赴いている。ブラックパンサー党やPLOなどでの体験は、遺作『恋する虜 パレスチナへの旅』に結実する。

アルベルト・ジャコメッティとの親交はよく知られている。『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』(全集第3巻に宮川淳訳/鵜飼哲編訳 現代企画室 1999年)

著作[編集]

※以下が現在読める、主な日本語訳。 

参考文献[編集]

  • エドマンド・ホワイト 『ジュネ伝(上下)』、鵜飼哲・根岸徹郎・荒木敦訳、河出書房新社、2003年。
  • ジャン=ベルナール・モラリー 『ジャン・ジュネ伝』 柴田芳幸訳、リブロポート、1994年。
  • ユリイカ 詩と特集 特集ジャン・ジュネ 生誕一〇〇年記念特集』、(2011年1月号、青土社)。巻末に主要作品解題
  • 『ユリイカ 詩と特集 特集ジャン・ジュネ 牢獄・同性愛・政治』(1992年6月号、青土社)
  • サルトル 『聖ジュネ 演技者と殉教者』 白井浩司平井啓之訳、(人文書院「サルトル全集 34・35巻」)
  • ジョルジュ・バタイユ 『文学と悪』(山本功訳、新版・ちくま学芸文庫)-ジュネ論所収
  • ジャック・デリダ『弔鐘』、ヘーゲル及びジュネ論