土方巽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土方 巽(ひじかた たつみ、1928年3月9日 - 1986年1月21日)は本の舞踏家振付家演出家俳優暗黒舞踏を確立した人物で、ジャンルを超えて様々な芸術家たちに影響を与えた。

出生名は米山 九日生(よねやま くにお)。1968年元藤燁子との再婚により元藤 九日生(もとふじ くにお)となる。

略歴[編集]

  • 1928年 - 秋田県秋田市に11人兄弟の末っ子として生まれる。
  • 1946年 - 秋田市内で増村克子(江口隆哉門下)に師事し、ノイエタンツを学ぶ。
  • 1947年 - 上京する。
  • 1949年 - 「第1回大野一雄舞踊公演」(神田共立講堂)を観覧する。
  • 1952年 - 安藤三子舞踊研究所に入所。
  • 1957年 - 土方ジュネを名乗る。
  • 1958年 - 土方巽に改名。
  • 1959年 - 「禁色」を発表。
  • 1961年 - 「土方巽DANCE EXPERIENCEの会」(第一生命ホール)。初めて「暗黒舞踏派」を名乗る。
  • 1968年 - 元藤燁子と結婚。
  • 1973年 - 「陽物神譚」に賛助出演したのを最後に、振り付けと演出に専念。以後、ステージに立つことはなかった。
  • 1974年 - 目黒の自宅に「シアター・アスベスト館」を開設し、稽古場兼劇場とした(稽古場としては以前から使用)。
  • 1977年 - 大野一雄舞踏公演「ラ・アルヘンチーナ頌」を演出。
  • 1986年 - 東京女子医科大学病院にて肝臓ガンにより死去。享年57。
  • 1998年 - 慶應義塾大学アート・センターが「土方巽アーカイヴ」を設立。

主な上演作品[編集]

  • 「禁色」(1959年)
  • 「土方巽と日本人—肉体の叛乱」(1968年)
  • 「四季のための二十七晩」(1972年)
  • 「静かな家」(1972年)
  • 「ひとがた」(1976年)
  • 「東北歌舞伎計画一〜四」(1985年)

著書[編集]

映画出演[編集]

主な弟子[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]