山口昌男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山口 昌男
(やまぐち まさお)
人物情報
生誕 1931年8月20日
日本の旗 北海道網走郡美幌町
死没 2013年3月10日(満81歳没)
日本の旗 東京都
居住 日本の旗 日本
出身校 東京大学文学部卒業
東京都立大学大学院
社会科学研究科修士課程修了
学問
研究分野 文化人類学
研究機関 麻布中学校
東京外国語大学
静岡県立大学
札幌大学
主な受賞歴 大佛次郎賞1996年
テンプレートを表示

山口 昌男(やまぐち まさお、1931年8月20日 - 2013年3月10日)は、日本文化人類学者勲等瑞宝中綬章東京外国語大学名誉教授文化功労者

東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所所長、静岡県立大学国際関係学部教授札幌大学学長などを歴任した。

人物[編集]

北海道美幌町出身。東京大学駒場美術研究会で磯崎新と一緒に勉強する。中村雄二郎と共に1970年代初頭から、創刊間もない青土社の月刊誌『現代思想』に寄稿し始め、構造主義記号論を紹介して既存の学問の方向性を転換した上で議論を活性化。1980年代浅田彰中沢新一らによって本格化したいわゆるニューアカ(ニュー・アカデミズム)」ブームの下準備をした。

1984年から1994年まで磯崎新大江健三郎大岡信武満徹、中村雄二郎と共に学術季刊誌『へるめす』(途中から隔月刊、岩波書店)の編集同人として活躍した。

晩年は、『「敗者」の精神史』以来、近代日本史の中で重要視されていなかった「旧幕臣」系または「趣味人」系の人々の、人的ネットワークを洗い出し検証する著作が多かった。

2008年脳梗塞で倒れてから療養生活を送っていたが、2013年3月10日に肺炎のため東京都内の病院で死去[1][2]。歿日付けで正四位に叙された。

エピソード[編集]

研究室には膨大な蔵書が山積みになっていた。しかし海外出張中に電話をかけ「何番目の山の何冊目の何ページを囲繞するから探せ」と指示を出したという(「再現できぬ回路 山口昌男氏を悼む 磯崎新」喪友記・日本経済新聞2013年3月20日40面)。

学説[編集]

アジアアフリカ・南アメリカなど世界各地でフィールドワークを行い、両性具有トリックスターをテーマとした著作で「中心と周縁の理論」を発表し評価が高い[3]

略歴[編集]

受賞歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 「アフリカの神話的世界」(岩波新書、1971年)
  • 「人類学的思考」(せりか書房、1971年、 筑摩書房(新編) 1979年、筑摩叢書 1990年)
  • 「本の神話学」(中央公論社、1971年、中公文庫 1977年、岩波現代文庫 2014年)
  • 「歴史・祝祭・神話」(中央公論社、1974年、中公文庫 1978年、岩波現代文庫 2014年)
  • 「道化の民俗学」(新潮社 1975年、筑摩叢書 1985年、ちくま学芸文庫 1993年、岩波現代文庫 2007年)
  • 「道化的世界」(筑摩書房、1975年、ちくま文庫 1986年)
  • 「文化と両義性」(岩波書店〈哲学叢書〉、1975年、岩波現代文庫 2000年)
  • 「世界の歴史6 黒い大陸の栄光と悲惨」(講談社、1977年)
  • 「知の遠近法」(岩波書店、1977年、岩波同時代ライブラリー 1990年、岩波現代文庫 2004年)
  • 「知の祝祭 文化における中心と周縁」(青土社、1979年、河出文庫 1988年)
  • 「文化とその痛み」(現代研究会〈現代セミナー10〉、1979年)、小冊子
  • 「道化の宇宙」(白水社、1980年、講談社文庫 1985年)
  • 「仕掛けとしての文化」(青土社、1980年、講談社学術文庫 1988年)
  • 「文化人類学への招待」(岩波新書、1982年)
  • 「文化の詩学 1・2」(岩波書店〈岩波現代選書〉、1983年、新装版1998年、岩波現代文庫 2002年)
  • 「文化と仕掛け Scrap book1」(筑摩書房、1984年)
  • 「笑いと逸脱 Scrap book2」(筑摩書房、1984年、ちくま文庫 1990年)
  • 「流行論 週刊本」(朝日出版社、1984年)
  • 「演ずる観客 劇空間万華鏡1」(白水社、1984年)
  • 「祝祭都市 象徴人類学的アプローチ」(岩波書店〈旅とトポスの精神史〉、1984年)
  • 「河童のコスモロジー 石田英一郎の思想と学問」(講談社学術文庫、1986年)
  • 「冥界遊び Scrap book3」(筑摩書房、1986年)
  • 「スクリーンの中の文化英雄たち」(潮出版社、1986年)
  • 「文化人類学の視角」(岩波書店、1986年)
  • 「学校という舞台-いじめ・挫折からの脱出」(講談社現代新書、1988年)/「いじめの記号論」(岩波現代文庫、2007年) 
  • 「モーツァルト好きを怒らせよう 祝祭音楽のすすめ」(第三文明社、1988年)
  • 「「知」の錬金術」(講談社、1989年)
  • 「天皇制の文化人類学」(立風書房、1989年、岩波現代文庫 2000年)
  • 「知の即興空間 パフォーマンスとしての文化」(岩波書店、1989年)
  • 「気配の時代」(筑摩書房、1990年)
  • 「のらくろはわれらの同時代人 漫画論集」(立風書房、1990年)
  • 「宇宙の孤児 演劇論集」(第三文明社、1990年)
  • 「病いの宇宙誌」(人間と歴史社、1990年)
  • トロツキーの神話学」(立風書房、1991年)
  • 「自然と文明の想像力」(宝島社、1993年)
  • 「「敗者」の精神史」(岩波書店、1995年、岩波現代文庫(上下) 2005年)
  • 「「挫折」の昭和史」(岩波書店、1995年、岩波現代文庫(上下) 2005年)
  • 「知の自由人たち」 (日本放送出版協会〈NHKライブラリー〉、1998年)[4]
  • 「踊る大地球 フィールドワーク・スケッチ」(晶文社、1999年)、※精選されたスケッチ約100点を収録。
  • 「敗者学のすすめ」(平凡社、2000年)
  • 「独断的大学論 面白くなければ大学ではない!」(ジーオー企画出版、2000年)
  • 内田魯庵山脈 〈失われた日本人〉発掘」(晶文社、2001年、岩波現代文庫(上下) 2010年)
  • 山口昌男著作集」 (全5巻、筑摩書房、2002-03年)
    • ※テーマ別で、1知、2始原、3道化、4アフリカ、5周縁。
  • 「山口昌男ラビリンス」(国書刊行会、2003年)、※大著-80年代以降に書かれた未収録の論考
  • 「経営者の精神史-近代日本を築いた破天荒な実業家たち」(ダイヤモンド社、2003年)
  • 「本の狩人 読書年代記」(右文書院、2008年)-巻末に著書目録
  • 「学問の春 〈知と遊び〉の10講義」(平凡社新書、2009年) 
  • 「山口昌男コレクション」(ちくま学芸文庫[5]、2013年) 

対話集[編集]

  • 「挑発としての芸術 対話集」(青土社、1980年)
  • 「二十世紀の知的冒険 対談集」(岩波書店、1980年)
  • 「知の狩人 続・二十世紀の知的冒険 対談集」(岩波書店、1982年)
  • 「語りの宇宙 記号論インタヴュー集」 三浦雅士 (冬樹社、1983年)
  • 「身体の想像力 対談集 音楽・演劇・ファンタジー」(岩波書店、1987年)
  • 「ミカドと世紀末 王権の論理」 猪瀬直樹との対論・対談(平凡社、1987年、新潮文庫(増補版) 1990年、小学館文庫(再訂版) 1998年)
  • 「知のルビコンを超えて 山口昌男対談集」(人文書院、1987年)
  • 「古典の詩学 国文学対談集」(人文書院、1989年)
  • 「オペラの世紀 音楽対談集」(第三文明社、1989年)
  • 「はみ出しの文法 敗者学をめぐって」(平凡社、2001年)、12名との対話集。

編著・共著[編集]

  • 「現代人の思想 第15 未開と文明」 平凡社 1969年、新装版2000年
  • 近代日本思想大系 26 林達夫集」 筑摩書房 1974年。※解説「精神史のフォークロア」は「知の祝祭」に収録
  • 「日本民俗文化大系 8 石田英一郎 河童論」 講談社 1979年。※上記「河童のコスモロジー 石田英一郎の思想と学問」は再編本 
  • 「知の旅への誘い」 中村雄二郎共著 岩波新書、1981年
  • 「見世物の人類学」 ヴィクター・ターナー共編 三省堂 1983年
  • 「火まつり」 リブロポート 1985年
  • 「世界は舞台 林達夫座談集」岩波書店 1986年
  • 「越境スポーツ大コラム」 TBSブリタニカ 1987年
  • 「魯庵の明治 内田魯庵坪内祐三共編 講談社文芸文庫 1997年
  • 「記号論の逆襲」 室井尚共編 東海大学出版会 2002年

翻訳[編集]

  • 「青銅時代」 ジャック・ブリアール 白水社(文庫クセジュ) 1961年
  • 「黒いアフリカの歴史」 アンリ・ラブレ  白水社(文庫クセジュ) 1962年
  • 「黒いアフリカの宗教」 ユベール・デシャン 白水社 (文庫クセジュ) 1963年
  • 「仮面の道」 クロード・レヴィ=ストロース 渡辺守章共訳 新潮社「創造の小径」 1977年

関連人物[編集]

美幌町時代[編集]

都市の会[編集]

「へるめす」同人[編集]

麻布中学時代の生徒[編集]

「東京外骨語大学」[編集]

山口昌男が「学長」の交流会。

「例の会」メンバー[編集]

季刊誌として創刊された「へるめす」前身となる会。

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 大塚信一 『山口昌男の手紙 文化人類学者と編集者の四十年』 トランスビュー、2007年8月
  • 『北海道 人物・人材情報リスト2004 な-わ』(日外アソシエーツ編集・発行、2003年)

関連文献[編集]

  • 『ユリイカ 詩と批評 特集山口昌男 道化・王権・敗者』(2013年5月号、青土社)
  • 『山口昌男山脈 第1~5号』 めいけい出版→川村オフィス、2002年から2005年に発行

脚注[編集]

  1. ^ a b “文化人類学者の山口昌男さん死去 「中心と周縁」理論”. 朝日新聞. (2013年3月10日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0310/TKY201303100023.html 2013年3月10日閲覧。 
  2. ^ a b “「道化の民俗学」文化人類学者の山口昌男氏死去”. 読売新聞. (2013年3月10日). http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130310-OYT1T00324.htm 2013年3月10日閲覧。 
  3. ^ この方面での代表作は『文化と両義性』(岩波書店)
  4. ^ NHK人間大学テキスト『「知」の自由人たち』の改訂版、※1997年10月-12月にNHK教育テレビで放映された。
  5. ^ 今福龍太が、コレクションと「著作集」共に編・解説を担当。
先代:
木村真佐幸
学校法人札幌大学学長
第11代: 1999年 - 2003年
次代:
宮腰昭男
先代:
木村真佐幸
学校法人札幌大学女子短期大学部学長
第11代: 1999年 - 2003年
次代:
宮腰昭男