原広司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

原 広司(はら ひろし、1936年9月9日 - )は、日本建築家東京大学名誉教授

作家大江健三郎と親交が深い。

略歴[編集]

現在は世界中の集落調査を基盤に、原広司+アトリエファイ建築研究所での設計活動を展開している

受賞歴[編集]

  • 1983年 ラヴィレット公園(仏)国際設計競技 入選
  • 1986年 LUMEN賞
  • 1986年 日本建築学会賞 作品賞 (田崎美術館)
  • 1988年 村野藤吾賞 (ヤマトインターナショナル)
  • 1988年 サントリー学芸賞 (空間<機能から様相へ>)
  • 1993年 日経BP技術賞 大賞 (梅田スカイビル)
  • 2001年 ブルネル賞建築部門 激励賞 (京都駅ビル)
  • 2003年 日本建築学会作品選奨 (札幌ドーム)
  • 2003年 BCS賞 (札幌ドーム)

親族[編集]

夫人の弟は北川フラム

主な作品[編集]

佐倉市立下志津小学校(第一校舎)
つくば市立竹園西小学校
梅田スカイビル
札幌ドーム
東京大学生産技術研究所(駒場IIキャンパス)

おもな都市構想[編集]

  • 1967年 確立空間としての都市
  • 1992年 未来都市500m×500m×500m
  • 1995年 地球外都市

著作[編集]

  • 『建築に何が可能か 建築と人間と』学芸書林、1967年
  • 『空間<機能から様相へ>』岩波書店、1987年 のち現代文庫 
  • 『集落への旅』岩波新書、1987年
  • 『住居に都市を埋蔵する ことばの発見』住まいの図書館出版局(住まい学大系30)、1990年
  • 『集落の教え100』彰国社、1998年
  • Essay 離散性について-連結可能性と分離可能性をめぐる小論 ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • Interview 「ディスクリート・シティ」と〈実験住宅ラテンアメリカ〉をめぐるディスクール ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • Document 実験住宅モンテビデオ ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • Drawings 実験住宅モンテビデオ ギャラリー・間企画・編集 TOTO出版 2004.12
  • 『Hiroshi Hara』Wiley-Academy、2001年。
  • Yet Hiroshi Hara TOTO出版 2009.12
  • 『(復刻版)住居集合論I、II』鹿島出版会、2006年

共著[編集]

  • 日本現代建築の展望 戦後建築20年史 浜口隆一,小能林宏城共著 新建築社 1966
  • ヒト、空間を構想する 都市/住居論講義 黒井千次対話 朝日出版社 1985.11 Lecture books

翻訳[編集]

  • アルミニウム建築 パウル・ワイドリンガー編著 内田祥哉共訳 彰国社 1961
  • ドイツの超高層建築 テュツセンハウス マルチン・ミッターク 鹿島研究所出版会 1965

アトリエファイ・原研究室出身の建築家・建築理論家[編集]