栗生明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

栗生 明(くりゅう あきら、1947年 - )は、日本の建築家。栗生総合計画事務所・代表。千葉大学工学部建築系教授。

概要[編集]

千葉県市川市生まれ。1971年、早稲田大学理工学部建築学科を卒業。1973年、早稲田大学大学院理工学研究科建築計画専攻修士課程修了[1]

1979年、都市建築設計事務所Kアトリエを設立。同年、東京大学工学部建築学科助手となる[1]

槇文彦アトリエ系建築設計事務所出身であり、平等院鳳翔館など、モダニズムを基調とした作風で知られる。建築本体を地中に埋めた作品など、風景や環境に配慮した建築が多い。

日本建築学会賞作品賞、日本芸術院賞村野藤吾賞など多数受賞。

主な作品[編集]

その他[編集]

  • 土木デザイン設計競技『景観開花』など審査員を歴任。

脚注[編集]

  1. ^ a b 栗生明プロフィール KURYU Akiraウエストヒル建築プロデュース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]