伊東豊雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊東 豊雄
(いとう とよお)
Toyo Ito 2009.jpg
人物情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 1941年6月1日(72歳)
日本の旗日本外地朝鮮京城府(現:韓国の旗 韓国ソウル
母校 東京大学
所属組織 (株)伊東豊雄建築設計事務所
業績
建築物 White U
シルバーハット
せんだいメディアテーク
多摩美術大学図書館
受賞 日本建築学会賞作品賞(1986、03年)
村野藤吾賞(1990年)
日本芸術院賞(1999年)
ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞(2002年)
RIBAゴールドメダル(2006年)
高松宮殿下記念世界文化賞(2010年)
プリツカー賞(2013年)

伊東 豊雄(いとう とよお、1941年(昭和16年)6月1日 - )は日本建築家一級建築士。伊東豊雄建築設計事務所代表。元東京大学東北大学多摩美術大学客員教授高松宮殿下記念世界文化賞RIBAゴールドメダル日本建築学会賞作品賞2度、グッドデザイン大賞、プリツカー賞など多数受賞。

来歴・人物[編集]

1941年昭和16年)、日本統治時代の朝鮮京畿道京城府(現・大韓民国ソウル特別市)に生まれる。2歳頃から中学生までを祖父と父の郷里である長野県諏訪郡下諏訪町で過ごす。

東京都立日比谷高等学校東京大学工学部卒業後、菊竹清訓設計事務所に勤める。

1971年昭和46年)に独立して、アーバンロボット(現:伊東豊雄建築設計事務所)を設立。当初は、『White U』や自邸『シルバーハット』など個人住宅を中心に手がけ、安価かつ禁欲的・ミニマルな作風で注目を浴びた。また消費社会に暮らし、物だけでなく生活空間まで消費する若い女性ら都市の「遊牧民」(ノマド)をテーマに、「東京遊牧少女の包(パオ)」といったプロジェクトを発表するなど、体を柔らかい膜のように包む建築などを構想し、都市を批評する活動を行った[1]。 

1986年昭和61年)、横浜駅西口に作ったシンボルタワー兼地下街換気塔『風の塔』は、無数の穴を開けた金属板(パンチメタル)と照明多数で構成された半透明な簡素な塔であるが、夜間はなどの周囲の気象条件に合わせて表面にカラフルな光が浮かび上がるようプログラミングされており、金属板の斬新な使用方法や環境に対する相互作用性で注目を浴びた。

1990年代に入り、『せんだいメディアテーク』を代表として[2]、次第に構造上でも実験的で、なおかつ官能的な外観・内部空間を有する作風に移りつつある。新建築誌上で槇文彦から「平和な時代の野武士たち」と呼ばれた世代の筆頭。

2006年平成18年)には王立英国建築家協会英語版よりRIBAゴールドメダルを受賞するなど、世界でも重要な建築家の一人とみなされるようになり、2013年(平成25年)にはプリツカー賞を受賞した。また、設計する建築のための家具の設計も行う。後進の建築家を多く輩出する教育者としても高い評価を得ている。現在、多摩美術大学客員教授、神戸芸術工科大学客員教授。2010年平成22年)には愛媛県今治市大三島町今治市伊東豊雄建築ミュージアムを設置。

略歴[編集]

作品[編集]

風の塔、1986年
多摩美術大学図書館(2007年、東京都)
竣工年 名称 所在地 備考
1971 アルミの家 神奈川県藤沢市 日本
1971 千ヶ滝の山荘 長野県軽井沢町 日本
1975 黒の回帰 東京都世田谷区 日本 現存せず
1976 White U 東京都中野区 日本 現存せず
1976 上和田の家 愛知県岡崎市 日本
1977 ホテルD 長野県上田市 日本
1978 PMTビル 名古屋市東区 日本 現存せず
1979 PMTビル2 福岡市博多区 日本
1979 PMT工場 大阪府 日本
1979 小金井の家 東京都小金井市 日本
1979 中央林間の家 神奈川県大和市 日本 現存せず
1979 日本航空チケットカウンター 米・仏他 - 1991
1981 笠間の家 茨城県笠間市 日本
1982 梅が丘の家 東京都世田谷区 日本
1983 花小金井の家 東京都小平市 日本
1983 田園調布の家 東京都大田区 日本
1984 シルバーハット 愛媛県今治市 日本 移築
1984 東京遊牧少女の包 東京都 日本 現存せず
1986 馬込沢の家 千葉県船橋市 日本
1986 風の塔 神奈川県横浜市 日本
1986 レストランバー・ノマド 東京都港区 日本 現存せず
1986 ホンダクリオ世田谷ショールーム 東京都世田谷区 日本
1987 神田Mビル 東京都千代田区 日本
1988 奈良シルクロード博・浮雲エリア 奈良県 日本 現存せず
1989 サッポロビール北海道工場ゲストハウス 北海道恵庭市 日本
1989 レストラン・パスティーナ 東京都世田谷区 日本
1989 名古屋世界デザイン博・メイテック
・中日新聞・CBCパヴィリオン
名古屋市熱田区 日本 現存せず
1989 浅草橋Iビル 東京都台東区 日本
1989 横浜博覧会・海のゲート周辺施設 神奈川県横浜市 日本 現存せず
1990 アントウェルペン市再開発計画 アントウェルペン ベルギー
1990 中目黒Tビル 東京都目黒区 日本
1991 八代市立博物館・未来の森ミュージアム 熊本県八代市 日本
1991 八代ギャラリー8 熊本県八代市 日本
1991 湯河原ギャラリーU 神奈川県湯河原町 日本
1991 風の卵 
大川端リバーシティ21タウンゲートB
東京都中央区 日本
1991 南青山Fビル 東京都港区 日本
1992 上海市再開発計画 中国
1992 ホテルP 北海道 日本
1992 アミューズメント・コンプレックスH 東京都 日本
1993 松山ITM本社ビル 愛媛県松山市 日本
1993 下諏訪町立諏訪湖博物館・赤彦記念館 長野県下諏訪町 日本
1994 養護老人ホーム八代市立保寿寮 熊本県八代市 日本
1994 つくば南駐車場 茨城県つくば市 日本
1995 八代広域消防本部庁舎 熊本県八代市 日本
1995 蓼科S邸 長野県茅野市 日本
1996 長岡リリックホール 新潟県長岡市 日本
1996 小国S邸 熊本県 日本
1997 横浜市立東永谷地区センター
・地域ケアプラザ
神奈川県横浜市 日本
1997 大館樹海ドーム 秋田県大館市 日本
1997 東京大学物性研究所 千葉県柏市 日本
1998 大田区休養村とうぶ 長野県東御市 日本
1998 野津原町役場 大分県 日本
1999 祐天寺T邸 東京都目黒区 日本
1999 大社文化プレイス 島根県 日本
2000 桜上水K邸 東京都世田谷区 日本
2000 ハノーバー万博テーマパーク
ヘルスフューチュア館
ドイツ
2000 せんだいメディアテーク 宮城県仙台市 日本
2001 大分アグリカルチャーパーク 大分県速見郡 日本
2002 ブルージュパビリオン ブルージュ ベルギー
2002 稲城W邸 東京都稲城市 日本
2002 サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン ロンドン イギリス
2003 東雲キャナルコートCODAN2街区 東京都 日本
2003 みなとみらい線 元町・中華街駅 神奈川県横浜市 日本
2004 まつもと市民芸術館 長野県松本市 日本
2004 アルミコテージ 山梨県 日本
2004 トッズ表参道ビル 東京都 日本
2005 アイランドシティ中央公園中核施設
ぐりんぐりん
福岡県福岡市 日本
2005 フローニンゲン・アルミニウム・ハウジング フロニンゲン オランダ
2005 オフィス・マーラ−4・ブロック5 アムステルダム オランダ
2005 「フィガロの結婚」舞台装置 長野県松本市 日本
2005 SUS福島工場社員寮 福島県須賀川市 日本
2005 ミキモト銀座2 東京都中央区 日本
2006 コニャック・ジェイ病院 パリ フランス
2006 Vivo City ハーバーフロント シンガポール
2006 瞑想の森 市営斎場 岐阜県各務ケ原市 日本
2007 多摩美術大学図書館 東京都八王子市 日本
2007 バルセロナ見本市会場 モンジュイック2 バルセロナ スペイン
2008 SUMIKA パビリオン 栃木県宇都宮市 日本
2008 座・高円寺 東京都杉並区 日本
2008 ペスカラの大きなワイングラス イタリア
2009 2009ワールドゲームズスタジアム 高雄 台湾
2009 スイーツアベニュー アパートメント バルセロナ スペイン
2009 White O マルベリャ チリ
2010 トーレス・ポルタ・フィラ バルセロナ スペイン
2010 ベルビュー・レジデンシズ オクスリー・ウォーク シンガポール
2011 台北世貿広場改修計画 台北 台湾
2011 今治市伊東豊雄建築ミュージアム 愛媛県今治市 日本
2011 今治市岩田健母と子のミュージアム 愛媛県今治市 日本
2011 みんなの家 宮城県 日本
2011 東京マザーズクリニック 東京都世田谷区 日本
2012 ヤオコー川越美術館 埼玉県川越市 日本
2013 伊東建築塾 恵比寿スタジオ 東京都渋谷区 日本


受賞歴[編集]

せんだいメディアテーク

著書[編集]

出演[編集]

その他[編集]

伊東事務所出身の建築家[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1981年昭和56年)に、コーリン・ロウの建築論文集『マニエリスムと近代建築』を松永安光と共訳し彰国社で刊行。
  2. ^ 伊東豊雄自身も「せんだいメディアテークは、私にとって転機となった建築である」(引用)と語っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]