コーリン・ロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コーリン・ロウ: Colin Rowe1920年3月27日 - 1999年11月5日)は、20世紀後半に活躍したイギリス建築史家建築家都市計画)。

人物[編集]

イングランドヨークシャー南部のロザラム(Rotherham)に生まれる。1945年リヴァプール大学建築学部卒。1947年まで設計事務所に勤務、同年『理想的ヴィラの数学』を出版。1946年から48年にかけ、ロンドン大学ヴァールブルク研究所に在籍し1948年に美術修士号を取得。

1952年にアメリカに渡り、1953-56年テキサス大学オースティン校で講師として、1957-58年にニューヨーク州イサカコーネル大学で客員教授として教壇に立った。1958年にイギリスに戻りケンブリッジ大学で建築修士の学位を得て1962年まで同大学で講師を務めた。1962年からコーネル大学建築美術計画学部教授として1990年まで教鞭をとった。

1920年代のル・コルビュジエの作品が歴史上の実例、とりわけパッラディオのヴィッラアンドレーア・パッラーディオ設計)から深い影響を受けているのを見抜き論じた最初の人物であり、近代建築観念史精神史文化史)と関連づけた一連の論考で名声を得た。ロウが度々行った16世紀イタリア建築史を中心とする講義の筆記ノートは、建築関係者の間で回覧された程であった。

プリンストン大学ハーヴァード大学など、複数の大学でも客員教授を務めた。晩年はワシントンD.C.に居を定め、過去の論文をまとめ出版(共著を入れると約10冊)、各地で短期間教壇に立った。

1985年に米国建築家協会(American Institute of Architects)よりトパーズ・メダル(Topaz Medallion for Architectural Education)を受賞。1995年にはイギリス王立建築家協会(Royal Institute of British Architects)よりRIBAゴールドメダルRoyal Gold Medal)を受章した。1999年にアメリカバージニア州アーリントンの病院にて没した。

邦訳著作[編集]

  • マニエリスムと近代建築 コーリン・ロウ建築論選集 The mathematics of the ideal villa and other essays
伊東豊雄松永安光共訳、彰国社、1981年
  • 『コーリン・ロウは語る 回顧録と著作選  As I was saying
松永安光監訳、大西伸一郎、漆原弘共訳 鹿島出版会、2001年
渡辺真理訳、初版<SDライブラリー>鹿島出版会、1992年、※原著「Collage city」 MIT・Press, 1978
  • 『イタリア十六世紀の建築 Intalian architecture of the 16th century
レオン・ザトコウスキ(Leon Satkowski)共著 稲川直樹訳、六耀社、2006年
※共著者は1947年生まれ。専攻は建築史、都市史。コーネル大学でコーリン・ロウに学んだのち、ハーヴァード大学で建築修士号と美術史博士号を取得。イタリアフィレンツェのハーヴァード大学付属ヴィッラ・イ・タッティ研究所の研究員として赴任滞在。のちミネソタ大学建築学部教授、同造園学部副学部長。ヴァザーリ画家・彫刻家・建築家列伝』に関する研究をプリンストン大学出版局で刊行
「Giorgio Vasari architect and courtier」 Princeton University Press, 1993