今和次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

今 和次郎(こん わじろう、1888年明治21年)7月10日 - 1973年昭和48年)10月27日)は、民俗学研究者。

民家服装研究などで業績があり、「考現学」を提唱し、建築学住居生活や意匠研究などでも活躍した。

東京美術学校出身の画家でもあった。弟の今純三は銅版画家。早稲田大学理工学部建築学科で長く教壇に立ち、日本生活学会会長、日本建築士会会長も務める。どこへ行くにも背広でなくジャンパーを着ていた。

略歴[編集]

  • 1888年(明治21年) 青森県(現・弘前市)の生まれで。家業は医者。5人兄弟の真ん中。
  • 1906年(明治39年) 東奥義塾中学卒。父母と共に上京し、東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)に入学し、デッサンの勉強に励む。
  • 1912年(明治45年) 東京美術学校図案科卒。岡田信一郎の薦めで早稲田大学建築学科助手に採用される(小間物係だった)
  • 1915年(大正5年) 28歳で、助教授となる。
  • 1917年(大正6年) 早稲田大学の佐藤功一教授の誘いで「白茅会」[1]石黒忠篤らとともに参加。柳田國男の調査に同行し、各地の民家のスケッチするようになる
  • 1918年(大正7年) 「民家図集 第一輯 埼玉県」白茅会(民家調査の最初の報告書)   
  • 1920年(大正9年) 早稲田大学教授、都市計画や造園に関する講義を行った。これに関連して人文地理学に接近する。[2]
  • 1922年(大正11年) 朝鮮半島で民俗調査に従事(朝鮮総督府の委嘱による)
  • 同年「日本の民家 田園生活者の住家」(鈴木書店)を刊行。
  • 1923年(大正12年) 9月、関東大震災。10月、震災後の銀座に「バラック装飾社」を興す
  • 1924年(大正13年) 朝鮮総督府から「朝鮮部落調査特別報告 第一冊民家」を刊行
  • 1925年(大正14年) 初の考現学調査「銀座街風俗」を行ない、『婦人公論』に発表
  • 1927年(昭和2年) 「しらべもの(考現学)展覧会」新宿紀伊国屋。「考現学」を提唱
  • 1930年(昭和5年) 『モデルノロヂオ』出版(吉田謙吉と共著)
今は民家研究で業績を挙げたが、考現学研究などのため、柳田國男に「破門」(本人談)されたと称したが、一方で、柳田の方は、和次郎の弟子・竹内芳太郎に「破門した覚えはない、君からそう伝えておいてくれ」と答えている。

その他[編集]

1918年から1921年の間、はっきりしないが、東京大学学生の渋沢敬三の家に招待され、交流が始まる[3]。渋沢らは、アチックミュージアムと称する小さな屋根裏の博物館を作っていた。[4]渋沢は横浜正金銀行ロンドン支店に駐在したが、(1922年から1925年)、スエーデンの北方民族博物館とスカンセン屋外博物館、ノルウエーの民族博物館を訪れ、今にぜひ訪れる様に勧めた。今は1930年に欧米視察旅行に出かけており、7月にスエーデンとノルウエーの民族博物館を訪れている。[5]1934年、彼らの努力が実り11月2日に郷土資料陳列所の開所式が開かれた[6]今は住居展示に関わった。

「考現学」という発想は後にも大きな影響を与えており、赤つき瀬川原平藤森照信らの「路上観察学会」の先駆者ともいえる。映画「帝都物語」の大震災(カタストロフィ)篇にも登場している(作家いとうせいこうが演じた)。

建築の実作では、雪の里情報館(旧農林省積雪地方農村経済調査所 昭和8年築 山形県新庄市)1938年の秋田県立青年修練農場、旧渡辺甚吉邸(旧スリランカ大使館邸)がある。その他はバラック装飾社時代の神田東条書店、カフェ・キリンなどが知られる。

言葉のほかに、文章でも津軽弁が出没した。美校時代は、おじの医学者・今裕(のち北海道大学総長)の家に寄宿。アルバイトで人体解剖図の制作をしている。 早稲田大学のスケッチ課題添削に、「KONCHECK」の判子を押している。 主務官庁が厚生省である(財)NUC日本ユニフォームセンター初代会長を務めた。

著作文献(新版)[編集]

  • 「今和次郎集」(全9巻、ドメス出版、初版1971-73年)
  1. 考現学
  2. 民家論
  3. 民家採集
  4. 住居論
  5. 生活学
  6. 家政論
  7. 服装史
  8. 服装研究
  9. 造形論
  • 「野暮天先生講義録」(今和次郎コレクション委員会編、ドメス出版、2002年)
    1967年4月から9月まで、日本経済新聞夕刊に連載された一部。
  • 「考現学入門」(ちくま文庫、初版1987年)、ISBN 4480021159
  • 「日本の民家」(岩波文庫、初版1989年)、日本の民家研究の先駆的な業績、ISBN 4003317513

編著[編集]

  • 「新版大東京案内」(上下、ちくま学芸文庫、2001年)
    関東大震災後の復興期の東京を伝える、元版は批評社(1986年)。
  • 「欧州紳士淑女以外 絵葉書通信 今和次郎見聞野帖」
     荻原正三編、柏書房、1990年
  • 「今和次郎・民家見聞野帖」 竹内芳太郎編、柏書房、1986年 
  • 「考現学採集」 吉田謙吉と共編、学陽書房、1986年
  • 「モデルノロヂオ」 同上、学陽書房、1986年

脚注[編集]

  1. ^ (はくぼうかい)、日本の古い民家を保存する会
  2. ^ 岡田俊裕著 『 日本地理学人物事典 [近代編 1 ] 』 原書房 2011年 401ページ
  3. ^ 丸山[2013:21]
  4. ^ 丸山[2013:27]
  5. ^ 丸山[2013:33]
  6. ^ 丸山[2013:153]

参考文献[編集]

  • 今和次郎 『ジャンパーを着て四十年』(文化服装学院出版局、初版1967年)、自伝著作
  • 黒石いずみ 『建築外の思考-今和次郎論』(ドメス出版、2004年)、ISBN 4-8107-0521-8
  • 『近代日本の異色建築家』 近江栄・藤森照信編、朝日新聞社[朝日選書]、1984年
  • 『生まれ出づる空間への模索』 新建築社企画編集部、中谷正人(稲門建築会)監修、新建築社、1999年
  • 『建築人物群像 追悼編.資料編 住まい学大系』 土崎紀子・沢良子編、住まいの図書館出版局、1995年
  • 丸山泰明 『渋沢敬三と今和次郎』、2013年、 青弓社 、ISBN 978-4-7872-2053-0

伝記[編集]

リンク[編集]