河野多惠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
河野 多惠子
(こうの たえこ)
誕生 1926年4月30日(88歳)
日本の旗 日本大阪府
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 得業士
最終学歴 大阪府女子専門学校
(現・大阪府立大学
活動期間 1961年 -
ジャンル 小説
代表作 『蟹』(1963年)
『不意の声』(1968年)
『みいら採り猟奇譚』(1990年)
『秘事』(2000年)
主な受賞歴 新潮同人雑誌賞(1961年)
芥川龍之介賞(1963年)
女流文学賞(1966年)
読売文学賞(1969年・1977年)
谷崎潤一郎賞(1980年)
日本芸術院賞(1984年)
野間文芸賞(1991年)
伊藤整文学賞(1999年)
毎日芸術賞(2000年)
川端康成文学賞(2002年)
処女作 『幼児狩り』 (1961年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

河野 多惠子(こうの たえこ、1926年大正15年)4月30日 - )は、日本小説家

来歴・人物[編集]

大阪府生まれ。西道頓堀の椎茸問屋の娘[1]。旧制大阪府女子専門学校(新制大阪女子大学の前身、現大阪府立大学)卒業。1950年、丹羽文雄主宰の『文学者』同人となる。1961年『幼児狩り』で注目され、1963年『蟹』で芥川賞を受賞する。1989年日本芸術院会員。大庭みな子と共に女性初の芥川賞選考委員となり、2007年まで務めた。

谷崎潤一郎の衣鉢を継ぎ、マゾヒズム、異常性愛などを主題とする。また『谷崎文学と肯定の欲望』(1976)で読売文学賞を受賞するなど谷崎の読み手としても知られ、『谷崎文学の愉しみ』などの評論を書き継ぐほか谷崎潤一郎賞選考委員を務めた経験もある。夫は洋画家の市川泰(1925-2012)。

最晩年の谷崎が文京区関口台アパートという高級マンションに住んでいた時、瀬戸内晴美が同じ階にいたので河野が来て、これが谷崎先生の部屋だと教えられてドアに口づけしたら、部屋を間違えていたなどということもあった。

『男友達』を出した時、「ベッドシーンだらけだ」と批判され、計算したら20%だったので反論文を書こうとして瀬戸内に相談すると、竹西寛子にも相談したらいいと言われ、竹西は、作家としてそういうことをしていいのは三回だけ、と言ったのでやめにした。[2]

1990年、永山則夫日本文芸家協会に入会しようとした際反対し、「そんな人が入ってきたら、あたし、怖いわよ」と言ったとされる。[3]

また平林たい子を高く評価し、平林たい子記念会理事長を務めた。

略年譜[編集]

4月30日、大阪府大阪市西区にある椎茸問屋の父為治、母よねの二女として生まれる。
4月、大阪市日吉幼稚園に入園するが一学期で退園
4月、大阪市日吉小学校に入学
4月、大阪府立市岡高等女学校(現 港高等学校)に入学。在学中に太平洋戦争が勃発し、軍需工場へ動員されることもあった。
4月、大阪府女子専門学校(現 大阪女子大学)経済科に入学
3月、大阪大空襲で罹災。阿倍野区昭和町へ仮寓。
3月、肺結核発病
丹羽文雄主宰の同人誌『文学者』の同人となる
小説が『文学者』に発掲載される。
5月、上京
10月、肺結核再発
2月、父為治死去。9月、新宿区戸塚町の下宿に転居。11月、『幼児狩り』を発表
1月、『幼児狩り』で第8回新潮同人雑誌賞受賞。戸塚町の知人の離れに移る。8月、『雪』が芥川賞候補
2月、『美少女』が芥川賞候補。8月、『蟹』で第49回芥川龍之介賞受賞。12月、新宿区早稲田町に転居
4月、洋画家の市川泰と結婚。
4月、『最後の時』が第6回女流文学賞受賞。6月、中野区本町に転居。
2月、『骨の肉』を発表。3月、『不意の声』で第20回読売文学賞受賞
4月、千代田区三番町へ転居。
10月 - 『血と貝殻』を発表
2月、『谷崎文学と肯定の欲望』で第28回読売文学賞受賞。この年『骨の肉』が英訳される
1月、『一年の牧歌』を発表。4月、母よね死去
10月、『一年の牧歌』で第十六回谷崎潤一郎賞受賞
日本芸術院賞受賞
芥川賞選考委員を務める
日本藝術院会員
11月、『みいら採り猟奇譚』で野間文芸賞を受賞
『河野多恵子全集』の第一巻が刊行される
1月、『後日の話』で毎日芸術賞受賞
4月、『半所有者』で川端康成文学賞受賞。11月、文化功労者
芥川賞の選考委員を辞任

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『幼児狩り』新潮社 1962 「幼児狩り・蟹」新潮文庫
  • 『美少女・蟹』新潮社 1963
  • 『夢の城』文芸春秋新社 1964 のち角川文庫
  • 『男友達』河出書房新社 1965 のち角川文庫
  • 『最後の時』河出書房新社 1966 のち角川文庫、「最後の時・骨の肉・砂の檻」講談社文芸文庫
  • 『不意の声』講談社 1968 のち文庫、文芸文庫
  • 『背誓』新潮社 1969
  • 『草いきれ』文藝春秋 1969 のち文庫
  • 『回転扉』新潮社 1970
  • 『戯曲 嵐が丘』(原作エミリ・ブロンテ)河出書房新社 1970
  • 『骨の肉』講談社 1971 のち文庫
  • 『双夢』講談社 1973
  • 『文学の奇蹟』河出書房新社 1974
  • 『無関係』中央公論社 1974 のち文庫
  • 『私の泣きどころ』講談社 1974
  • 『択ばれて在る日々』河出書房新社 1974
  • 『思いがけない旅』(短編集)角川文庫 1975
  • 『血と貝殻』新潮社 1975
  • 『谷崎文学と肯定の欲望』文藝春秋 1976 のち中公文庫
  • 『いすとりえっと』角川書店 1977
  • 『砂の檻』新潮社 1977
  • 『遠い夏』構想社 1977
  • 『もうひとつの時間』講談社 1978
  • 『妖術記』角川書店 1978 のち角川ホラー文庫
  • 『一年の牧歌』新潮社 1980
  • 『気分について』福武書店 1982
  • 『いくつもの時間』海竜社 1983
  • 『鳥にされた女』学芸書林 1989
  • 『みいら採り猟奇譚』新潮社 1990 のち文庫
  • 『炎々の記』講談社 1992
  • 『谷崎文学の愉しみ』中央公論社 1993 のち文庫
  • 『蛙と算術』新潮社 1993
  • 河野多恵子全集』全10巻 新潮社 1994-96
  • 『図説『ジェイン・エア』と『嵐が丘』』河出書房新社 1996
  • 『ニューヨークめぐり会い』中央公論社 1997 のち文庫
  • 『赤い脣黒い髪』新潮社 1997 のち文庫
  • 『後日の話』文藝春秋 1999 のち文庫
  • 『秘事』新潮社 2000 「秘事・半所有者」新潮文庫
  • 『半所有者』新潮社 2001
  • 『思いがけないこと』新潮社 2002
  • 『小説の秘密をめぐる十二章』文藝春秋 2002 のち文庫
  • 『臍の緒は妙薬』新潮社 2007
  • 『逆事』新潮社、2011 

共著[編集]

  • 『嵐ケ丘ふたり旅』富岡多恵子共著 文藝春秋 1986
  • 『いかにして谷崎潤一郎を読むか』(編著)中央公論新社 1999
  • 『文学問答』山田詠美対談 文藝春秋 2007

外国語訳[編集]

  • Toddler-Hunting & Other Stories 「幼児狩り」 Lucy Lower
  • Riskante Begierden 「みいら採り猟奇譚」イルメラ・日地谷=キルシュネライト(ドイツ語) 
  • Knabenjagd.::幼児狩り イルメラ・日地谷・キルシュネライト(ドイツ語)1995 
  • Une Voix Soudaine :roman.「不意の声」Ryôji Nakamura et René de Ceccatty Paris : Seuil , c2003
  • Sang et Coquillage :roman 「血と貝殻」Rose-Marie Makino-Fayolle Paris : Seuil , c2001
  • Conte Cruel d'un Chasseur Devenu Proie : roman 「みいら採り猟奇譚」Rose-Marie Makino-Fayolle Paris : Seuil , c1997
  • La Chasse à l'enfant :nouvelles「幼児狩り」セシル坂井Paris : Éditions du Seuil , c1990

[編集]

  1. ^ 『新・人国記』7、134p、朝日新聞社、1964
  2. ^ 『群像』2010年6月「寂聴まんだら対談」
  3. ^ 小谷野敦『現代文学論争』筑摩選書、2010