又吉栄喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

又吉 栄喜(またよし えいき、1947年7月15日 - )は日本小説家

沖縄県浦添村(現・浦添市)出身。琉球大学法文学部史学科卒。浦添市立図書館在職中の1980年、すばる文学賞を受賞、1996年に『豚の報い』で第114回芥川賞を受賞。

受賞歴[編集]

  • 1978年 「ジョージが射殺した猪」で第8回九州芸術祭文学賞受賞。
  • 1980年 「ギンネム屋敷」で第4回すばる文学賞受賞。
  • 1996年 「豚の報い」で第114回芥川龍之介賞受賞

作品[編集]

  • 『ギンネム屋敷』(集英社 1981年)
  • 『パラシュ-ト兵のプレゼント 短篇小説集』(海風社 1988年)
  • 『豚の報い』(文藝春秋 1996年)のち文庫
  • 『木登り豚』(カルチュア出版 1996年)
  • 『果報は海から』(文藝春秋 1998年)
  • 『波の上のマリア』(角川書店 1998年)
  • 『海の微睡み』(光文社 2000年)のち文庫
  • 『陸蟹たちの行進』(新潮社 2000年)
  • 『人骨展示館』(文藝春秋 2002年)
  • 『鯨岩』(光文社 2002年)のち文庫
  • 『巡査の首』(講談社 2003年)
  • 『夏休みの狩り』(光文社 2007年)
  • 『呼び寄せる島』(光文社 2008年)
  • 『漁師と歌姫』(潮出版社 2009年)


外国語への翻訳[編集]

  • 2000年 - 英語: "Fortunes by the sea" (『果報は海から』), in Molasky Michael and Rabson Steve, eds. Southern Exposure: Modern Japanese Literature from Okinawa. Honolulu: University of Hawai'i Press (翻訳者: David Fahy)
  • 2006年 - フランス語: Histoire d'un squelette (『人骨展示間』), Arles: Philippe Picquier (翻訳者:Patrick Honnoré)
  • 2008年 - イタリア語:La punizione del maiale (『豚の報い』), Nuoro: Il Maestrale (翻訳者:Luca Capponcelli と Costantino Pes)
  • 2009年 - 英語: "The Carnival Bullfight" (『カーニバル闘牛大会』), posted on 14.10.2009 on the "Behold my Swarthy Face" blog [1] (翻訳者:Tom Kain)