辺見庸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

辺見 庸(へんみ よう、1944年(昭和19年)9月27日 - 、本名:辺見 秀逸)は、日本小説家左翼運動家、ジャーナリスト詩人

略歴[編集]

宮城県石巻市南浜町出身。宮城県石巻高等学校を経て、早稲田大学第二文学部社会専修卒業。共同通信社に入社し、外信部のエース記者として知られた。北京モスクワハノイ特派員などを務め、北京特派員時代の1979年(昭和54年)には『近代化を進める中国に関する報道』により新聞協会賞を受賞。1987年(昭和62年)、2度目となる北京特派員を務めた際、胡耀邦総書記辞任に関連した中国共産党の機密文書をスクープし、中国当局から国外退去処分を受けた。

外信部次長を務めていた1991年(平成3年)、職場での経験に着想を得た小説『自動起床装置』を発表、第105回芥川賞を受賞した。また1994年(平成6年)には、社会の最底辺の貧困にあえぐ人たちや、原発事故で放射能汚染された村に留まる人たちなど、極限の「生」における「食」を扱った『もの食う人びと』で、第16回講談社ノンフィクション賞を受賞。この作品は、小中学生向けに教育マンガ化され、学校図書館にも配架されている。1995年(平成7年)、地下鉄サリン事件に遭遇。1996年(平成8年)に共同通信社を退社、本格的な執筆活動に入った。

近年は「右傾化に対する抵抗」などをテーマに活発な論陣を張っている。2004年(平成16年)には講演中に脳出血で倒れ、2005年(平成17年)には大腸癌にも冒されたことを公表したが、2006年(平成18年)に『自分自身への審問』を復帰作として上梓するなど、精力的な執筆活動を続けている。2011年(平成23年)、詩集『生首』で第16回中原中也賞受賞。2012年(平成24年)、詩集『眼の海』で第42回高見順賞受賞。

大震災で大きな被害を受けた石巻市出身(両親も)ではあるが、あふれた「耳障りのいいことばだけがもてはやされ、不謹慎と非難されそうな言葉は排除される」言説に強い違和感を覚え、口を閉ざした。それを破ったのは「語ってはいけないものを語ること」を意識した『フィズィマリウラ』の詩(「眼の海」所収)だった。彼は次のように言う「悲劇にあって人を救うのはうわべの優しさではない。悲劇の本質にみあう、深みを持つ言葉だけだ。それを今も探している」と[1]

受賞歴[編集]

  • 1979年(昭和54年) - 新聞協会賞(『近代化を進める中国に関する報道』)
  • 1991年(平成3年) - 第105回芥川賞(『自動起床装置』)
  • 1994年(平成6年) - 第16回講談社ノンフィクション賞(『もの食う人びと』)
  • 2011年(平成23年) - 第16回中原中也賞(詩集『生首』)
  • 2012年(平成24年) - 第42回高見順賞(詩集『眼の海』)

著書[編集]

  • 『自動起床装置』文藝春秋 1991 のち文庫、新風舎文庫(芥川賞) 
  • 『ナイト・トレイン異境行』文藝春秋 1991  『ハノイ挽歌』文庫 
  • 『傷んだハートにこんなスチュウを』世界文化社 1992
  • 赤い橋の下のぬるい水』文藝春秋 1992 のち文庫 :今村昌平監督で映画化
  • 『もの食う人びと』(共同通信社1994年、のち角川文庫1997年)(講談社ノンフィクション賞)
  • 『反逆する風景』(講談社1995年)のち文庫 
  • 『ゆで卵』角川書店 1995 のち文庫  
  • 『不安の世紀から』角川書店 1997 のち文庫  
  • 『屈せざる者たち』朝日新聞社 1996 のち角川文庫  
  • 『眼の探索』朝日新聞社 1998 のち角川文庫  
  • 『新屈せざる者たち』朝日新聞社 1998 のち角川文庫 
  • 『独航記』角川書店 1999 のち文庫  
  • 『単独発言 99年の反動からアフガン報復戦争まで』(角川書店2001年)のち文庫 
  • 『永遠の不服従のために』毎日新聞社2002 のち講談社文庫  
  • 『いま、抗暴のときに』毎日新聞社 2003 のち講談社文庫 
  • 『抵抗論 国家からの自由へ』(毎日新聞社2004年)のち講談社文庫(2005) 
  • 『闇に学ぶ 辺見庸掌編小説集 黒版』角川書店 2004
  • 『銀糸の記憶 辺見庸掌編小説集 白版』角川書店 2004
  • 『自分自身への審問』毎日新聞社、2006 のち角川文庫(2009) 
  • 『いまここに在ることの恥』毎日新聞社 2006 のち角川文庫(2010) 
  • 『記憶と沈黙 辺見庸コレクション1』毎日新聞社、2007 
  • 『たんば色の覚書 私たちの日常』毎日新聞社 2007年 のち角川文庫(2011)
  • 『言葉と死 辺見庸コレクション2』毎日新聞社、2007
  • 『愛と痛み―死刑をめぐって』毎日新聞社 2008年
  • 『しのびよる破局 生体の悲鳴が聞こえるか』(大月書店2009年)のち角川文庫(2010) 
  • 『私とマリオ・ジャコメッリ〈生〉と〈死〉のあわいを見つめて』日本放送出版協会 2009
  • 『美と破局 辺見庸コレクション3』毎日新聞社、2009
  • 『水の透視画法』共同通信社 2011
  • 『瓦礫の中から言葉を-わたしの〈死者〉へ』NHK出版新書 2012

詩集[編集]

  • 『生首 詩文集』毎日新聞社 2010 処女詩集(中原中也賞
  • 『眼の海』毎日新聞社 2011 (高見順賞

共著[編集]

  • 『夜と女と毛沢東』(吉本隆明対談)文藝春秋 1997 のち文庫、光文社文庫  
  • 私たちはどのような時代に生きているのか 高橋哲哉共著 角川書店 2000
  • 『反定義 新たな想像力へ』(坂本龍一共著 朝日新聞社、2002年)のち文庫 
  • 新私たちはどのような時代に生きているのか 1999から2003へ 高橋哲哉共著 角川書店 2002

関連項目[編集]

脚注・引用[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 2011年12月24日朝刊32面「文化往来」

外部リンク[編集]